C言語におけるスレッドストレージ期間:詳細リファレンス

2024-04-02

C言語におけるスレッドストレージ期間の詳細解説

スレッドストレージ期間の種類

C言語では、スレッドローカル変数のストレージ期間は、以下の2種類に分類されます。

  • 静的スレッドストレージ期間: 変数はプログラムの開始から終了まで存続します。
  • 自動スレッドストレージ期間: 変数は関数呼び出しの間のみ存続します。

静的スレッドストレージ期間を持つ変数は、以下の特徴を持ちます。

  • 宣言: static キーワードを使用して宣言されます。
  • 生存期間: プログラムの開始から終了まで存続します。
  • 初期化: 初期化されていない場合は、ゼロで初期化されます。
  • スレッド間共有: 同じスレッド内で作成されたすべての関数からアクセスできます。
  • 例:
static int counter = 0;

void increment_counter() {
  counter++;
}

void print_counter() {
  printf("Counter: %d\n", counter);
}

int main() {
  increment_counter();
  print_counter();
  return 0;
}

この例では、counter 変数は static キーワードを使用して宣言されているため、静的スレッドストレージ期間を持ちます。そのため、increment_counter() 関数と print_counter() 関数の両方からアクセスできます。

自動スレッドストレージ期間を持つ変数は、以下の特徴を持ちます。

  • 生存期間: 関数呼び出しの間のみ存続します。
  • 初期化: 呼び出されるたびに自動的に初期化されます。
  • スレッド間共有: 同じスレッド内の同じ関数呼び出しでのみアクセスできます。
void print_message(const char* message) {
  char buffer[100];
  sprintf(buffer, "Message: %s\n", message);
  printf(buffer);
}

int main() {
  print_message("Hello, world!");
  print_message("Goodbye, world!");
  return 0;
}

この例では、buffer 変数は static キーワードを使用せずに宣言されているため、自動スレッドストレージ期間を持ちます。そのため、print_message() 関数の各呼び出しで異なる値を持ちます。

スレッドストレージ期間を選択する際は、以下の点を考慮する必要があります。

  • 変数の生存期間: 変数がどの期間存続する必要があるのか。
  • スレッド間共有: 変数を複数のスレッド間で共有する必要があるのか。
  • メモリ使用量: 静的スレッドストレージ期間を持つ変数は、プログラム全体を通してメモリを占有します。

まとめ

C言語におけるスレッドストレージ期間は、スレッドローカル変数の生存期間を決定する重要な概念です。この解説では、スレッドストレージ期間の種類、それぞれの期間における変数の動作、およびコード例を用いた詳細な説明を提供しました。

この解説を参考に、適切なスレッドストレージ期間を選択し、効率的なC言語プログラムを開発してください。



C言語におけるスレッドストレージ期間のサンプルコード

静的スレッドストレージ期間

static int counter = 0;

void increment_counter() {
  counter++;
}

void print_counter() {
  printf("Counter: %d\n", counter);
}

int main() {
  increment_counter();
  print_counter();
  return 0;
}

自動スレッドストレージ期間

void print_message(const char* message) {
  char buffer[100];
  sprintf(buffer, "Message: %s\n", message);
  printf(buffer);
}

int main() {
  print_message("Hello, world!");
  print_message("Goodbye, world!");
  return 0;
}

この例では、buffer 変数は static キーワードを使用せずに宣言されているため、自動スレッドストレージ期間を持ちます。そのため、print_message() 関数の各呼び出しで異なる値を持ちます。

スレッド間共有

#include <pthread.h>

static pthread_key_t key;

void* thread_routine(void* arg) {
  int* value = (int*)pthread_getspecific(key);
  *value = 10;
  return NULL;
}

int main() {
  pthread_t thread;
  int value = 0;

  pthread_key_create(&key, NULL);
  pthread_setspecific(key, &value);

  pthread_create(&thread, NULL, thread_routine, NULL);
  pthread_join(thread, NULL);

  printf("Value: %d\n", value);

  pthread_key_delete(key);
  return 0;
}

この例では、key というスレッド固有キーを作成し、value 変数をそのキーに関連付けます。thread_routine() 関数は、pthread_getspecific() 関数を使用して value 変数へのポインタを取得し、その値を変更します。

その他

以下のサンプルコードは、スレッドストレージ期間のその他の使用方法を示しています。

  • スレッドローカル構造体:
typedef struct {
  int counter;
  char message[100];
} ThreadData;

static pthread_key_t key;

void* thread_routine(void* arg) {
  ThreadData* data = (ThreadData*)pthread_getspecific(key);
  data->counter++;
  strcpy(data->message, "Hello, world!");
  return NULL;
}

int main() {
  pthread_t thread;
  ThreadData data;

  pthread_key_create(&key, NULL);
  pthread_setspecific(key, &data);

  pthread_create(&thread, NULL, thread_routine, NULL);
  pthread_join(thread, NULL);

  printf("Counter: %d\n", data.counter);
  printf("Message: %s\n", data.message);

  pthread_key_delete(key);
  return 0;
}
  • スレッドローカル関数:
static pthread_once_t once = PTHREAD_ONCE_INIT;
static void init_once() {
  printf("Initializing once\n");
}

void thread_routine() {
  pthread_once(&once, init_once);
  printf("Thread routine running\n");
}

int main() {
  pthread_t thread;

  pthread_create(&thread, NULL, thread_routine, NULL);
  pthread_join(thread, NULL);

  return 0;
}

これらのサンプルコードは、C言語におけるスレッドストレージ期間の使用方法を理解するのに役立ちます。



C言語におけるスレッドストレージ期間のその他の方法

スレッドローカル変数

C11規格では、thread_local キーワードを使用してスレッドローカル変数を宣言することができます。スレッドローカル変数は、自動スレッドストレージ期間を持ち、スレッド間で共有されません。

thread_local int counter = 0;

void increment_counter() {
  counter++;
}

void print_counter() {
  printf("Counter: %d\n", counter);
}

int main() {
  increment_counter();
  print_counter();
  return 0;
}

コンパイルオプション

一部のコンパイラでは、スレッドローカルストレージ期間を制御するためのコンパイルオプションを提供しています。例えば、GCC では -fthread-local-vars オプションを使用して、すべてのローカル変数をスレッドローカル変数として宣言することができます。

void increment_counter() {
  int counter = 0; // スレッドローカル変数
  counter++;
}

void print_counter() {
  printf("Counter: %d\n", counter);
}

int main() {
  increment_counter();
  print_counter();
  return 0;
}

// コンパイルコマンド: gcc -fthread-local-vars -o main main.c

マクロを使用して、スレッドローカル変数をシミュレートすることができます。例えば、以下のマクロは、TLS_ プレフィックスが付いたスレッドローカル変数を生成します。

#define TLS_(name) __thread int name

void increment_counter() {
  TLS_(counter)++;
}

void print_counter() {
  printf("Counter: %d\n", TLS_(counter));
}

int main() {
  increment_counter();
  print_counter();
  return 0;
}

これらの方法は、C言語におけるスレッドストレージ期間を管理するための柔軟な方法を提供します。

注意事項

  • スレッドローカルストレージ期間を管理する方法は、コンパイラやプラットフォームによって異なる場合があります。
  • スレッドローカル変数は、デバッグが難しい場合があります。
  • スレッドローカル変数は、メモリリークの原因となる可能性があります。

これらの注意事項を考慮し、適切な方法を選択してください。




Morrow County, Oregon, United States の天気予報: 曇り、華氏50度

用途typeof_unqual は、主に以下の用途で使用されます。型の情報を取得するマクロやテンプレートの定義型のエイリアスの作成型推論の補助構文typeof_unqual の構文は以下の通りです。ここで、expression は、型の情報が必要な式または名前です。



volatile 型修飾子のサンプルコード

メモリアクセスに対する順序の保証volatile修飾された変数へのアクセスは、プログラムの順序に従って実行されます。これは、コンパイラが変数の値をレジスタに保持したり、異なる順序でアクセスしたりすることを防ぎます。外部からの変更の可能性を考慮


tss_create関数のサンプルコード

tss_create関数の概要:プロトタイプ:引数: key: TLSキーへのポインタ。このキーは、tss_getやtss_setなどの他のTLS関数で使用されます。 destructor: スレッドが終了する際に呼び出される関数ポインタ。この関数は、TLS領域に割り当てられたメモリを解放するために使用されます。


「tss_get」関数を超えたC言語マルチスレッドプログラミング:スレッドローカル変数とカスタムデータ構造体

tss_get 関数は、以下の引数を受け取ります。key: スレッド固有ストレージ領域を識別するキー値ptr: スレッド固有ストレージ領域へのポインタtss_get 関数は、成功した場合、スレッド固有ストレージ領域へのポインタを ptr パラメータに格納し、0 を返します。失敗した場合、-1 を返します。


C言語で現在時刻を取得する

引数ts: 現在のカレンダー時間を格納する struct timespec 型のポインターbase: 使用するタイムベース。以下のいずれかの値を指定できます。 TIME_UTC: Coordinated Universal Time (UTC) TIME_LOCAL: システムのローカルタイム



C言語プログラミング:strfromd関数を使って文字列から数値に変換する方法

strfromd 関数は、以下の形式で記述されます。引数str: 変換対象となる文字列へのポインタresult: 変換結果を格納する double 型の変数へのポインタ戻り値変換成功:文字列の先頭からの変換された文字数変換失敗:0strfromd 関数は、以下の手順で使用します。


C言語プログラミング:部分文字列の複製をマスター!「strndup」関数の解説とサンプルコード

機能概要引数として、複製したい文字列 (str) と、複製する最大文字数 (n) を受け取ります。str の先頭から n 文字までの部分文字列を複製し、メモリ上に新しい領域を割り当てます。複製された部分文字列の末尾には必ずNULL文字 (\0) を付加します。


C言語で絶対値を計算する:fabs() 関数とその他の方法

概要:double fabs(double x);double fabs(float x);long double fabsl(long double x);引数:x: 浮動小数点数戻り値:x の絶対値動作:x が正の場合、x をそのまま返します。


CMPLXF 型の宣言、初期化、四則演算をマスター

C言語において、複素数を取り扱うための標準データ型として CMPLXF が提供されています。本ガイドでは、CMPLXF 型の宣言、初期化、四則演算、その他の便利な演算、複素数関数などを詳細に解説していきます。CMPLXF 型は、complex


putchar関数を使ったサンプルコード

putchar関数の概要ヘッダファイル:<stdio. h>プロトタイプ:int putchar(int ch);引数:戻り値: 成功した場合:出力された文字(char型)を返します。 失敗した場合:EOF(-1)を返します。成功した場合:出力された文字(char型)を返します。