putchar関数を使ったサンプルコード

2024-04-02

C言語におけるputchar関数:ファイル入出力の基礎

putchar関数の概要

  • ヘッダファイル:<stdio.h>
  • プロトタイプ:int putchar(int ch);
  • 引数:
    • ch: 出力したい文字をint型で指定します。char型の文字を変換して渡すことも可能です。
  • 戻り値:
    • 成功した場合:出力された文字(char型)を返します。
    • 失敗した場合:EOF(-1)を返します。

putchar関数は、以下の動作を行います。

  1. 引数chで指定された文字を内部的にchar型に変換します。
  2. 変換された文字を標準出力ストリーム(stdout)へ送信します。
  3. 送信が成功した場合、出力された文字(char型)を返します。
  4. 送信が失敗した場合、EOF(-1)を返します。

putchar関数の使用例

#include <stdio.h>

int main() {
  putchar('A'); // 文字 'A' を出力
  putchar('\n'); // 改行を出力
  putchar('B'); // 文字 'B' を出力
  return 0;
}

この例では、putchar関数を使用してABという文字と改行を出力します。実行結果は次のようになります。

A
B

putchar関数は、ファイル入出力の基本的な機能を理解する上で役立ちます。ファイルへの文字出力は、標準出力ストリームへの出力と同様に行えます。

#include <stdio.h>

int main() {
  FILE *fp;
  fp = fopen("test.txt", "w"); // ファイルを開く
  if (fp == NULL) {
    // ファイルオープン失敗時の処理
    return 1;
  }
  putchar('C', fp); // ファイルへ文字 'C' を出力
  fclose(fp); // ファイルを閉じる
  return 0;
}

この例では、test.txtというファイルを開き、putchar関数を使用して文字Cを出力します。

putchar関数の注意点

  • putchar関数は、標準出力ストリームへの出力のみをサポートします。
  • ファイルへの出力には、fprintf関数などの他の関数を使用する必要があります。
  • putchar関数は、バッファリングを使用するため、必ずしもすぐに文字が出力されるとは限りません。
  • 出力エラーが発生した場合、EOF(-1)が返されます。

まとめ

putchar関数は、C言語における標準出力ストリームへ文字を出力する基本的な関数です。ファイル入出力の基本を理解する上で役立ちますが、ファイルへの出力にはfprintf関数などの他の関数も必要となります。



putchar関数を使ったサンプルコード

文字と改行を出力する

#include <stdio.h>

int main() {
  putchar('H'); // 文字 'H' を出力
  putchar('\n'); // 改行を出力
  putchar('e'); // 文字 'e' を出力
  putchar('l'); // 文字 'l' を出力
  putchar('l'); // 文字 'l' を出力
  putchar('o'); // 文字 'o' を出力
  putchar('\n'); // 改行を出力
  return 0;
}
Hello

繰り返し処理で文字列を出力する

#include <stdio.h>

int main() {
  int i;
  char str[] = "Hello, world!";

  for (i = 0; str[i] != '\0'; i++) {
    putchar(str[i]);
  }
  putchar('\n');

  return 0;
}

実行結果:

Hello, world!

ファイルへ文字を出力する

#include <stdio.h>

int main() {
  FILE *fp;

  fp = fopen("test.txt", "w");
  if (fp == NULL) {
    // ファイルオープン失敗時の処理
    return 1;
  }

  putchar('A', fp); // ファイルへ文字 'A' を出力
  putchar('B', fp); // ファイルへ文字 'B' を出力
  putchar('\n', fp); // ファイルへ改行を出力

  fclose(fp);

  return 0;
}

ファイル内容:

AB

putchar関数と getchar関数を使った簡易エディタ

#include <stdio.h>

int main() {
  int ch;

  while ((ch = getchar()) != EOF) {
    putchar(ch);
  }

  return 0;
}

動作:

  • キーボードから入力された文字を標準出力へ出力し続ける
  • Ctrl+Dを入力すると終了

putchar関数と配列を使った文字列出力

#include <stdio.h>

int main() {
  char str[] = "This is a string.";
  int i;

  for (i = 0; str[i] != '\0'; i++) {
    putchar(str[i]);
  }
  putchar('\n');

  return 0;
}

実行結果:

This is a string.

putchar関数とポインタを使った文字列出力

#include <stdio.h>

int main() {
  char *str = "This is a string.";

  while (*str != '\0') {
    putchar(*str);
    str++;
  }
  putchar('\n');

  return 0;
}

実行結果:

This is a string.

putchar関数は、さまざまな方法で文字列や文字を出力するのに役立ちます。これらのサンプルコードを参考に、putchar関数の使い方を理解し、プログラムに活用してください。



putchar関数以外の文字出力方法

printf関数は、書式指定に基づいてさまざまなデータを出力する関数です。文字列だけでなく、数値や浮動小数点数なども出力できます。

#include <stdio.h>

int main() {
  printf("Hello, world!\n");
  return 0;
}

実行結果:

Hello, world!

puts関数は、改行文字を含めて文字列を出力する関数です。printf関数よりも簡潔に記述できます。

#include <stdio.h>

int main() {
  puts("Hello, world!");
  return 0;
}

実行結果:

Hello, world!

fputs関数は、ファイルストリームへ文字列を出力する関数です。ファイルへの出力に適しています。

#include <stdio.h>

int main() {
  FILE *fp;

  fp = fopen("test.txt", "w");
  if (fp == NULL) {
    // ファイルオープン失敗時の処理
    return 1;
  }

  fputs("Hello, world!", fp);

  fclose(fp);

  return 0;
}

ファイル内容:

Hello, world!

fputc関数は、ファイルストリームへ文字を出力する関数です。fputs関数よりも簡潔に記述できます。

#include <stdio.h>

int main() {
  FILE *fp;

  fp = fopen("test.txt", "w");
  if (fp == NULL) {
    // ファイルオープン失敗時の処理
    return 1;
  }

  fputc('H', fp);
  fputc('e', fp);
  fputc('l', fp);
  fputc('l', fp);
  fputc('o', fp);
  fputc('\n', fp);

  fclose(fp);

  return 0;
}

ファイル内容:

Hello

その他の方法

上記以外にも、sprintf関数やvfprintf関数など、さまざまな方法で文字を出力できます。それぞれの方法の特徴を理解し、状況に応じて使い分けることが重要です。

putchar関数以外にも、C言語で文字を出力するにはいくつかの方法があります。それぞれの特徴を理解し、状況に応じて使い分けることが重要です。




typeof_unqual の代替方法:型キャスト、マクロ、C++ の std::decay

C言語における typeof_unqual キーワードは、オペランドの型を 修飾子なしの型名 で取得するために使用されます。これは、型推論やジェネリックプログラミングなどの高度なプログラミング技法を可能にする強力なツールです。typeof_unqual の役割



volatile 型修飾子のサンプルコード

メモリアクセスに対する順序の保証volatile修飾された変数へのアクセスは、プログラムの順序に従って実行されます。これは、コンパイラが変数の値をレジスタに保持したり、異なる順序でアクセスしたりすることを防ぎます。外部からの変更の可能性を考慮


C言語におけるスレッドストレージ期間:詳細リファレンス

C言語では、スレッドローカル変数のストレージ期間は、以下の2種類に分類されます。静的スレッドストレージ期間: 変数はプログラムの開始から終了まで存続します。自動スレッドストレージ期間: 変数は関数呼び出しの間のみ存続します。静的スレッドストレージ期間を持つ変数は、以下の特徴を持ちます。


C言語 switch-case文の使い方:数値、文字列で複数条件分岐

1 変数switch文で評価する変数です。整数型、文字型、enum型など、様々な型が使用できます。2 case各条件を表します。caseの後に評価する値を記述します。3 処理各条件に合致した場合に実行される処理を記述します。複数の文を記述したい場合は、{ }で囲みます。


C言語における再現可能なプログラミングの実践

C23規格では、再現可能なプログラミングと呼ばれる新しい機能が導入されました。これは、プログラムの実行結果が、コンパイラやハードウェア構成、実行環境などに関わらず、常に同じになることを保証するものです。再現可能なプログラミングは、以下の2つの主要な機能によって実現されます。



#include ディレクティブを使いこなして、C言語プログラミングをレベルアップ

#include ディレクティブは、以下の形式で記述されます。ファイル名 には、インクルードするファイルの名前を指定します。ヘッダーファイルの種類C言語には、標準ヘッダーファイルとユーザー定義ヘッダーファイルの2種類があります。標準ヘッダーファイル: 標準ライブラリを提供するファイルです。< と > で囲んで指定します。例:<stdio


tss_create 関数のサンプルコード

tss_create関数の概要:プロトタイプ:引数: key: TLSキーへのポインタ。このキーは、tss_getやtss_setなどの他のTLS関数で使用されます。 destructor: スレッドが終了する際に呼び出される関数ポインタ。この関数は、TLS領域に割り当てられたメモリを解放するために使用されます。


erfl関数:C言語における特殊関数

誤差関数は、確率論や統計学、物理学など様々な分野で登場する特殊関数です。数学的には以下の式で定義されます。この式は、正規分布の累積分布関数 (CDF) と密接な関係があり、確率計算において重要な役割を果たします。erfl関数は、誤差関数の補完関数として定義されます。


nearbyint 関数を使ったサンプルコード

概要機能: 浮動小数点数を整数に丸めるヘッダーファイル: <math. h>プロトタイプ:引数: x: 丸める浮動小数点数引数:x: 丸める浮動小数点数戻り値: x を現在の丸めモードに基づいて最も近い整数に丸めた値戻り値:x を現在の丸めモードに基づいて最も近い整数に丸めた値


ヘッダーファイル、リソースファイル、コンパイル時マクロによるバイナリリソースインクルージョン

ヘッダーファイルリソースファイルコンパイル時マクロについて解説します。バイナリリソースをCソースファイルに直接埋め込むことは、コードの可読性と保守性を低下させるため、一般的には避けます。代わりに、バイナリリソースをヘッダーファイルに格納し、Cソースファイルからインクルードする方法がよく用いられます。