CMake ディレクトリラベル: コードの整理整頓は CMAKE_DIRECTORY_LABELS にお任せ

2024-04-02

CMakeのディレクトリラベル:CMAKE_DIRECTORY_LABELS

CMAKE_DIRECTORY_LABELS は CMake 3.10 以降で導入された変数で、現在のディレクトリにラベルを設定するために使用されます。

設定方法

CMAKE_DIRECTORY_LABELS は、以下の形式で設定できます。

set(CMAKE_DIRECTORY_LABELS label1 label2 ...)

ここで、label1label2 は、ディレクトリに関連付けるラベルです。 複数のラベルを設定する場合は、スペースで区切ります。

set(CMAKE_DIRECTORY_LABELS src tests)

この例では、現在のディレクトリに srctests というラベルを設定しています。

使用例

CMAKE_DIRECTORY_LABELS は、以下の目的で使用できます。

  • ターゲットの依存関係を制御する

target_sources コマンドで、ラベルを指定してターゲットのソースファイルを設定できます。

target_sources(my_target PUBLIC
    $<TARGET_OBJECTS:foo>
    $<FILES:src/*.cpp>
)

target_sources(my_test PRIVATE
    $<TARGET_OBJECTS:foo>
    $<FILES:tests/*.cpp>
)

この例では、my_targetsrc ディレクトリにあるソースファイルに依存し、my_testtests ディレクトリにあるソースファイルに依存します。

  • インストールディレクトリを制御する

install コマンドで、ラベルを指定してインストール先のディレクトリを設定できます。

install(FILES src/*.h DESTINATION include)
install(FILES tests/*.h DESTINATION tests)

この例では、src ディレクトリにあるヘッダーファイルは include ディレクトリにインストールされ、tests ディレクトリにあるヘッダーファイルは tests ディレクトリにインストールされます。

  • カスタムコマンドを制御する

add_custom_command コマンドで、ラベルを指定してカスタムコマンドを実行するディレクトリを設定できます。

add_custom_command(
    TARGET my_target
    POST_BUILD
    COMMAND echo "Building target: ${TARGET_NAME}"
    WORKING_DIRECTORY ${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}
)

add_custom_command(
    TARGET my_test
    POST_BUILD
    COMMAND echo "Testing target: ${TARGET_NAME}"
    WORKING_DIRECTORY ${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}
)

この例では、my_target のビルド後と my_test のテスト後に、現在のソースディレクトリでメッセージを出力するカスタムコマンドを実行します。

注意事項

  • CMAKE_DIRECTORY_LABELS は、CMake 3.10 以降でのみ使用できます。
  • ラベル名は、英数字、アンダースコア、ハイフンのみ使用できます。
  • ラベル名は、CMake キャッシュ内で一意である必要があります。


CMakeのディレクトリラベル:CMAKE_DIRECTORY_LABELS のサンプルコード

ターゲットの依存関係を制御する

set(CMAKE_DIRECTORY_LABELS src tests)

target_sources(my_target PUBLIC
    $<TARGET_OBJECTS:foo>
    $<FILES:src/*.cpp>
)

target_sources(my_test PRIVATE
    $<TARGET_OBJECTS:foo>
    $<FILES:tests/*.cpp>
)

インストールディレクトリを制御する

set(CMAKE_DIRECTORY_LABELS src tests)

install(FILES src/*.h DESTINATION include)
install(FILES tests/*.h DESTINATION tests)

この例では、src ディレクトリにあるヘッダーファイルは include ディレクトリにインストールされ、tests ディレクトリにあるヘッダーファイルは tests ディレクトリにインストールされます。

カスタムコマンドを制御する

set(CMAKE_DIRECTORY_LABELS src tests)

add_custom_command(
    TARGET my_target
    POST_BUILD
    COMMAND echo "Building target: ${TARGET_NAME}"
    WORKING_DIRECTORY ${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}
)

add_custom_command(
    TARGET my_test
    POST_BUILD
    COMMAND echo "Testing target: ${TARGET_NAME}"
    WORKING_DIRECTORY ${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}
)

この例では、my_target のビルド後と my_test のテスト後に、現在のソースディレクトリでメッセージを出力するカスタムコマンドを実行します。

複雑なディレクトリ構造

set(CMAKE_DIRECTORY_LABELS
    app
    app/gui
    app/backend
    tests
    tests/unit
    tests/integration
)

target_sources(my_app PUBLIC
    $<TARGET_OBJECTS:foo>
    $<FILES:app/gui/*.cpp>
    $<FILES:app/backend/*.cpp>
)

target_sources(my_test PRIVATE
    $<TARGET_OBJECTS:foo>
    $<FILES:tests/unit/*.cpp>
    $<FILES:tests/integration/*.cpp>
)

install(FILES app/gui/*.h DESTINATION include/app/gui)
install(FILES app/backend/*.h DESTINATION include/app/backend)
install(FILES tests/unit/*.h DESTINATION include/tests/unit)
install(FILES tests/integration/*.h DESTINATION include/tests/integration)

この例では、より複雑なディレクトリ構造と、それに基づいたターゲットの依存関係、インストールディレクトリ、カスタムコマンドの設定を示しています。

その他のサンプル

  • ラベルを使用して、特定のディレクトリにあるファイルをビルドから除外する
  • ラベルを使用して、特定のディレクトリにあるファイルにのみテストを実行する
  • ラベルを使用して、特定のディレクトリにあるファイルにのみデバッグ情報を生成する

CMAKE_DIRECTORY_LABELS は、CMake でディレクトリを管理するための強力なツールです。 これを使用して、ターゲットの依存関係、インストールディレクトリ、カスタムコマンドなどを制御できます。



CMakeでディレクトリを管理するその他の方法

サブディレクトリ

最も単純な方法は、サブディレクトリを使用することです。

add_subdirectory(src)
add_subdirectory(tests)

この例では、srctests ディレクトリはそれぞれサブディレクトリとして扱われ、CMake はこれらのディレクトリ内の CMakeLists.txt ファイルを自動的に検索します。

ファイルグループを使用して、特定のディレクトリにあるファイルをまとめて管理することができます。

file(GLOB_RECURSE SRCS src/*.cpp)
file(GLOB_RECURSE TESTS tests/*.cpp)

add_library(my_app ${SRCS})
add_executable(my_test ${TESTS})

この例では、SRCSTESTS はそれぞれファイルグループであり、src ディレクトリと tests ディレクトリにあるすべての .cpp ファイルが含まれます。

ターゲットの属性を使用して、ターゲットのソースファイル、インストールディレクトリなどを制御することができます。

target_sources(my_app PUBLIC
    $<TARGET_OBJECTS:foo>
    $<FILES:src/*.cpp>
)

target_install(my_app
    RUNTIME DESTINATION bin
    LIBRARY DESTINATION lib
    ARCHIVE DESTINATION lib)

この例では、my_app ターゲットは src ディレクトリにあるすべての .cpp ファイルに依存し、bin ディレクトリに実行ファイル、lib ディレクトリに共有ライブラリとスタティックライブラリがインストールされます。

カスタムコマンドを使用して、特定のディレクトリにあるファイルに対して独自の処理を実行することができます。

add_custom_command(
    TARGET my_app
    POST_BUILD
    COMMAND echo "Building target: ${TARGET_NAME}"
    WORKING_DIRECTORY ${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}
)

この例では、my_app ターゲットがビルドされた後に、現在のソースディレクトリでメッセージを出力するカスタムコマンドを実行します。

どの方法を使用するかは、プロジェクトの規模と複雑さに依存します。 サブディレクトリは単純なプロジェクトに適していますが、複雑なプロジェクトにはファイルグループ、ターゲット属性、カスタムコマンドなどのより高度な方法が必要になる場合があります。




CMake の if() コマンド: デバッグとトラブルシューティング

構文条件式if() コマンドの引数には、条件式を指定します。条件式は、以下のいずれかの形式で記述できます。変数の比較: <variable> <operator> <value>コマンドの存在チェック: COMMAND <command-name>



CMakeコマンド mark_as_advanced() の詳細解説

mark_as_advanced() は、CMakeプロジェクトで特定のキャッシュ変数を "詳細設定" としてマークするために使用されるコマンドです。このコマンドによって、GUI ツールでこれらの変数はデフォルトでは表示されなくなり、ユーザーは "詳細設定" オプションを有効にするまで編集できなくなります。


CMakeのCommandsにおけるuse_mangled_mesa()

use_mangled_mesa() は CMake の Commands における関数で、Mesa ライブラリの mangled シンボル名を解決するために使用されます。Mesa は OpenGL の実装であり、古いバージョンの Mesa ではシンボル名が mangled されるため、use_mangled_mesa() を使用してこれらのシンボル名を解決する必要があります。


CMakeコマンド「ctest_submit()」でテスト結果をCDashサーバーに送信

ctest_submit()は、CMakeの「Commands」カテゴリに属するコマンドで、テスト結果をCDashなどのダッシュボードサーバーに送信するために使用されます。テスト実行後の結果を可視化、共有したい場合に役立ちます。基本構文オプション解説


CMake try_compile() を使って特定のライブラリがインストールされているかどうかを確認する方法

try_compile() は、CMake の強力なコマンドの一つで、コードを実際にコンパイルすることなく、コンパイルが成功するかどうかを確認することができます。これは、特定のコンパイラやオプションがシステム上で使用可能かどうかをテストしたり、コードの移植性を検証したりする際に非常に便利です。



CMakeでiOSアプリ開発:IOS_INSTALL_COMBINEDとその他の方法を徹底比較

IOS_INSTALL_COMBINED は、CMake のターゲットプロパティであり、iOS デバイスとシミュレータ用のコードを組み合わせて、ユニバーサルバイナリと呼ばれる単一のライブラリを生成するかどうかを制御します。これは、複数のアーキテクチャをサポートする iOS アプリケーションを開発する場合に役立ちます。


サブディレクトリ、custom_command、ExternalProject:USE_FOLDERSプロパティの代替手段

USE_FOLDERS プロパティは、CMakeLists. txt ファイル内で以下の方法で設定できます。上記のように ON に設定すると、CMake はソースファイルとヘッダーファイルをフォルダ階層に基づいてグループ化します。デフォルトでは OFF に設定されており、フォルダ階層は考慮されません。


さよならFindSDL_netモジュール!SDL_netライブラリを手動設定する方法

CMake モジュール「FindSDL_net」は、SDL_net ライブラリの開発に必要なヘッダーファイルとライブラリファイルを自動的に検索して設定する機能を提供します。SDL_net は、ネットワークアプリケーション開発用のクロスプラットフォームライブラリです。


CTestCoverageの達人になる! CTEST_COVERAGE_EXTRA_FLAGSでテストカバレッジ計測を詳細に制御する方法

CTEST_COVERAGE_EXTRA_FLAGS は、CMakeLists. txtファイル内で以下の方法で設定できます。上記例では、テスト対象プログラムに -g と -O0 オプションを付与しています。-g オプションは、デバッグ情報を生成します。これは、テストカバレッジ計測ツールがテスト対象プログラムのコード行とカバレッジ率を正確に関連付けるために必要です。


CMake の Variables に関連する CMAKE_FRAMEWORK_PATH のプログラミング解説

CMake の CMAKE_FRAMEWORK_PATH 変数は、フレームワークライブラリの場所を指定するために使用されます。これは、クロスプラットフォーム開発プロジェクトで特に重要であり、異なるオペレーティングシステムで異なるフレームワークパスが必要になる場合があります。