AIで記事作成をワンランクアップ!魅力的なタイトルで読者を惹きつける

2024-06-08

この解説では、CMake の "Variables" に関連する "CMAKE_HIP_ARCHITECTURES" について、プログラミング初心者でも分かりやすく解説します。

"CMAKE_HIP_ARCHITECTURES" は、CMake の "Variables" 機能の一つであり、HIP コンパイラが使用するアーキテクチャを指定するために使用されます。具体的には、以下の役割を果たします。

  • HIP コンパイラがどのアーキテクチャ向けにコードを生成するかを決定します
  • 複数のアーキテクチャを指定することで、マルチプラットフォーム対応のアプリケーションを開発することができます

"CMAKE_HIP_ARCHITECTURES" は、CMake の CMakeLists.txt ファイル内で設定することができます。以下の例をご覧ください。

set(CMAKE_HIP_ARCHITECTURES "gfx800;gfx900")

この例では、"gfx800" と "gfx900" の 2 つのアーキテクチャを指定しています。

以下は、"CMAKE_HIP_ARCHITECTURES" を使用する一般的な設定例です。

  • 単一のアーキテクチャを指定する場合
set(CMAKE_HIP_ARCHITECTURES "gfx800")
    set(CMAKE_HIP_ARCHITECTURES "gfx800;gfx900")
    
    • 環境変数を使用する場合
    set(CMAKE_HIP_ARCHITECTURES $ENV{HIP_ARCHITECTURES})
    

    注意点

    • "CMAKE_HIP_ARCHITECTURES" で指定できるアーキテクチャは、HIP コンパイラがサポートするアーキテクチャに限定されます。
    • 複数のアーキテクチャを指定する場合、それぞれのアーキテクチャ向けに個別にコードを生成する必要があります。

      "CMAKE_HIP_ARCHITECTURES" は、HIP コンパイラが使用するアーキテクチャを指定するために使用される CMake の "Variables" 機能です。この機能を使用することで、マルチプラットフォーム対応の HIP アプリケーションを開発することができます。



      CMake で "CMAKE_HIP_ARCHITECTURES" を使用するサンプルコード

      cmake_minimum_required(VERSION 3.10)
      
      project(hip_example)
      
      set(CMAKE_HIP_ARCHITECTURES "gfx800")
      
      add_executable(hip_example hip_example.cpp)
      

      このサンプルコードでは、"gfx800" というアーキテクチャを指定しています。このアーキテクチャ向けに hip_example.cpp ファイルのコードがコンパイルされます。

      サンプルコード 2: 複数のアーキテクチャを指定する

      cmake_minimum_required(VERSION 3.10)
      
      project(hip_example)
      
      set(CMAKE_HIP_ARCHITECTURES "gfx800;gfx900")
      
      add_executable(hip_example hip_example.cpp)
      

      サンプルコード 3: 環境変数を使用する

      cmake_minimum_required(VERSION 3.10)
      
      project(hip_example)
      
      set(CMAKE_HIP_ARCHITECTURES $ENV{HIP_ARCHITECTURES})
      
      add_executable(hip_example hip_example.cpp)
      

      このサンプルコードでは、HIP_ARCHITECTURES という環境変数の値を使用しています。この環境変数が設定されていない場合は、何もコンパイルされません。

      説明

      • 上記のサンプルコードは、CMake の CMakeLists.txt ファイル内に記述されています。
      • cmake_minimum_required() コマンドは、CMake の最小バージョンを指定します。
      • project() コマンドは、プロジェクトの名前を指定します。
      • set() コマンドは、CMake 変数を設定します。
      • add_executable() コマンドは、実行可能ファイルを作成します。

      補足

      • 上記のサンプルコードは、あくまでも例であり、実際の用途に合わせて変更する必要があります。
      • HIP コンパイラと CMake の詳細については、それぞれのドキュメントを参照してください。


        "CMAKE_HIP_ARCHITECTURES" の代替方法

        • HIP コンパイラの -arch オプションを使用する
        hipcc -arch gfx800 hip_example.cpp -o hip_example
        
        • HIP コンパイラの環境変数 HIP_PLATFORM を使用する
        set HIP_PLATFORM gfx800
        hipcc hip_example.cpp -o hip_example
        
        • CMake の target_compile_features() プロパティを使用する
        target_compile_features(hip_example PRIVATE hip_arch_gfx800)
        
        • シンプルなプロジェクトの場合
        • ビルドシステムが複雑な場合

        複雑なビルドシステムを使用している場合、"CMAKE_HIP_ARCHITECTURES" を使用すると、ビルドシステムが複雑になる可能性があります。

        • クロスコンパイルする場合

        クロスコンパイルする場合、"CMAKE_HIP_ARCHITECTURES" を使用すると、クロスコンパイルツールチェーンが正しく設定されていない可能性があります。

        "CMAKE_HIP_ARCHITECTURES" を使用する際には、以下の点に注意する必要があります。

        • 指定するアーキテクチャは、HIP コンパイラがサポートするアーキテクチャである必要があります

        "CMAKE_HIP_ARCHITECTURES" は、HIP コンパイラが使用するアーキテクチャを指定するために便利な変数ですが、状況によっては使用しない方が良い場合もあります。上記の代替方法を理解し、適切な方法を選択するようにしてください。