CMakeにおける「CMAKE_LIBRARY_PATH」変数の詳細解説

2024-04-27

CMakeにおける「CMAKE_LIBRARY_PATH」変数の詳細解説

概要

デフォルト値

CMAKE_LIBRARY_PATH はデフォルトで空の文字列に設定されています。つまり、CMakeはライブラリを検索する際に、現在のディレクトリのみを調べます。

設定方法

CMAKE_LIBRARY_PATH は、CMakeLists.txt ファイル内で以下の方法で設定できます。

set(CMAKE_LIBRARY_PATH "/path/to/library1;/path/to/library2")

上記のように、ライブラリが存在するディレクトリのパスをセミコロンで区切って指定します。

環境変数

CMAKE_LIBRARY_PATH は、環境変数としても定義できます。この場合、CMakeLists.txt ファイルで設定された値に加えて、環境変数で指定されたパスも検索対象となります。

補足

  • CMAKE_SYSTEM_LIBRARY_PATHCMAKE_PREFIX_PATH との関係:

    • CMAKE_SYSTEM_LIBRARY_PATH: システムにインストールされているライブラリを検索するためのパスを指定します。
    • CMAKE_PREFIX_PATH: サードパーティ製のライブラリを検索するためのパスを指定します。

    CMAKE_LIBRARY_PATH は、これらの変数と組み合わせて使用することで、より広範囲にわたってライブラリを検索することができます。

  • find_package() コマンドとの関係:

    find_package() コマンドは、特定のライブラリパッケージを自動的に検索し、必要な変数を設定します。CMAKE_LIBRARY_PATH は、find_package() コマンドがライブラリファイルを検索する際のパスに追加されます。

メリット

CMAKE_LIBRARY_PATH を使用することで、以下のメリットがあります。

  • プロジェクトに必要なライブラリファイルを効率的に見つけることができる
  • 複数のライブラリを扱うプロジェクトで、ライブラリの場所を簡単に管理できる
  • システムにインストールされていないライブラリや、サードパーティ製のライブラリを検索できる

以下の例は、CMAKE_LIBRARY_PATH を使用してライブラリを検索する方法を示しています。

# ライブラリが存在するディレクトリのパスを指定
set(CMAKE_LIBRARY_PATH "/usr/local/lib;/opt/lib")

# ライブラリを検索
find_library(MYLIBRARY MyLibrary)

# ターゲットをライブラリとリンク
target_link_libraries(MyProgram MYLIBRARY)

この例では、CMAKE_LIBRARY_PATH/usr/local/lib/opt/lib というディレクトリが指定されています。find_library() コマンドは、これらのディレクトリ内で MyLibrary という名前のライブラリファイルを検索します。ライブラリファイルが見つかった場合、MyProgram という名前のターゲットが MYLIBRARY ライブラリとリンクされます。

CMAKE_LIBRARY_PATH は、CMakeプロジェクトでライブラリを検索する際の重要な変数です。この変数を適切に設定することで、プロジェクトに必要なライブラリファイルを効率的に見つけることができ、ライブラリの管理を容易にすることができます。



注意: 上記のサイトはほんの一例です。他にも多くのサンプルコードリポジトリが存在します。

検索方法

特定のサンプルコードを探している場合は、以下の方法で検索することができます。

  • Googleで検索する: 例えば、「C言語 でファイルを読み込むサンプルコード」と検索します。
  • サンプルコードリポジトリをブラウズする: 上記に紹介したようなサンプルコードリポジトリをブラウズして、探しているコードを見つけることができます。
  • 書籍やチュートリアルを参照する: プログラミングに関する書籍やチュートリアルには、多くのサンプルコードが含まれています。

その他のリソース

これらのリソースは、プログラミングを学習するためのチュートリアル、課題、およびその他の学習リソースを提供しています。



より具体的な質問をして頂ければ、より適切な回答を提供することができます。

例えば、以下のような質問であれば、より的確な回答ができます。

  • 「CMake_LIBRARY_PATH」以外にも、ライブラリを検索する方法にはどのようなものがあるか?」
  • 「様々なサンプルコードを見つけるための、他の良いリソースは?」
  • 「プログラミングを学習するための、他の効果的な方法は?」

質問を明確にして頂ければ、喜んでお答えします。




CMake try_compile() を使って特定のライブラリがインストールされているかどうかを確認する方法

try_compile() は、CMake の強力なコマンドの一つで、コードを実際にコンパイルすることなく、コンパイルが成功するかどうかを確認することができます。これは、特定のコンパイラやオプションがシステム上で使用可能かどうかをテストしたり、コードの移植性を検証したりする際に非常に便利です。



CMakeコマンド「ctest_submit()」でテスト結果をCDashサーバーに送信

ctest_submit()は、CMakeの「Commands」カテゴリに属するコマンドで、テスト結果をCDashなどのダッシュボードサーバーに送信するために使用されます。テスト実行後の結果を可視化、共有したい場合に役立ちます。基本構文オプション解説


C++標準ライブラリ、テンプレートエンジン、シェルスクリプト... string()コマンドの代替方法を徹底比較

CMakeのstring()コマンドは、文字列処理を行うための強力なツールです。C++のstd::stringのような機能に加え、CMake特有の便利な機能も備えています。主な機能文字列の連結、分割、置換、比較大文字・小文字変換部分文字列の抽出


CMake include() で効率的なビルドを実現

include() は CMake の重要なコマンドの一つで、他の CMake ファイルやモジュールを読み込むために使用されます。 これにより、コードを分割し、再利用性と保守性を向上させることができます。機能他の CMake ファイルを読み込んで、その中のコマンドを実行する


CMakeの「Commands」における「cmake_path()」関数

試合形式試合時間は前半40分、後半40分の計80分です。ハーフタイムは15分以内です。試合は2チームで行われ、それぞれ15人の選手がフィールドに出ます。選手は、ボールを持って走る、パスする、キックするなどのプレーができます。相手選手をタックルして倒すこともできます。



CMake の Variables に関連する CMAKE_SCRIPT_MODE_FILE のプログラミング

CMAKE_SCRIPT_MODE_FILE は、CMake の "Variables" における特別な変数です。これは、現在実行中の CMake スクリプトファイルのフルパスを格納します。この変数は、以下の状況でのみ使用できます。cmake -P スクリプトモード


CPackBundle モジュールで macOS 用インストーラーを作成する:詳細ガイド

CPackBundle は、以下の機能を含む包括的なインストーラー作成ツールです。ドラッグ&ドロップ インストール: ユーザーはインストーラーを起動するだけで、アプリケーションを簡単にインストールできます。カスタム化可能な外観: インストーラーの外観をアプリケーションのブランドに合わせてカスタマイズできます。


CMakeにおけるCMAKE_AUTOMOC_RELAXED_MODEの詳細解説

CMAKE_AUTOMOC_RELAXED_MODE は、CMakeにおける特殊な変数です。これは、Qtのメタオブジェクトコンパイラ(moc)の動作を制御するために使用されます。デフォルトでは、mocは厳格なモードで動作し、公式ドキュメントに記載されている規則に厳密に従います。一方、CMAKE_AUTOMOC_RELAXED_MODE を有効にすると、mocはより寛容なモードで動作し、規則から多少逸脱した入力を受け入れられるようになります。


CMakeの「Properties: Targets」と「EchoString」マクロ:ターゲット情報表示の便利ツール

CMake の "Properties: Targets" における "EchoString" は、ターゲットに関連付けられた文字列を出力するために使用されるマクロです。これは、デバッグやビルドプロセスの情報表示に役立ちます。構文このマクロには、以下の引数があります。


CMake の "Properties of Global Scope" における "RULE_LAUNCH_LINK" の詳細解説

CMake の "Properties of Global Scope" における "RULE_LAUNCH_LINK" は、プロジェクト全体のリンクルールを制御するための特殊なプロパティです。これは、特定の条件下で特定のランチャーコマンドを実行するように設定できます。