CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHAREDのサンプルコード

2024-04-02

CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHAREDは、CMakeのターゲットプロパティの一つで、ターゲットが依存する共有ライブラリファイルへのリンク依存関係をスキップするかどうかを制御します。

デフォルトではFALSEに設定されています。つまり、ターゲットは依存する共有ライブラリファイルの変更に依存します。

設定方法

CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHAREDは、以下の方法で設定できます。

  • CMakeLists.txtファイルでset()コマンドを使用する
set(CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHARED TRUE)
  • target_properties()コマンドを使用する
target_properties(my_target PROPERTIES LINK_DEPENDS_NO_SHARED TRUE)

効果

CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHAREDTRUEに設定すると、以下の効果があります。

  • ターゲットは、依存する共有ライブラリファイルの変更に依存しなくなります。
  • ターゲットの再リンクは、以下の場合にのみ行われます。
    • ターゲット自体のソースファイルが変更された場合
    • ターゲットが依存する静的ライブラリファイルが変更された場合

利点

CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHAREDTRUEに設定すると、以下の利点があります。

  • 共有ライブラリファイルの変更によるターゲットの再リンクの必要性を減らすことで、ビルド時間を短縮できます。
  • 共有ライブラリファイルのバージョン管理を簡略化できます。

欠点

CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHAREDTRUEに設定すると、以下の欠点があります。

  • ターゲットが依存する共有ライブラリファイルが変更された場合、ターゲットが正しく動作しなくなる可能性があります。
  • デバッグが困難になる可能性があります。

使用例

CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHAREDは、以下の場合に役立ちます。

  • 共有ライブラリファイルが頻繁に変更される場合
  • 共有ライブラリファイルのバージョン管理が複雑な場合
  • ビルド時間を短縮したい場合

補足

  • CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHAREDは、共有ライブラリファイルへの直接的なリンク依存関係のみをスキップします。間接的なリンク依存関係はスキップされません。
  • CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHAREDは、静的ライブラリファイルへのリンク依存関係には影響しません。

CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHAREDの使用には、利点と欠点があります。使用前に、それぞれの状況を考慮して、設定するかどうかを判断してください。



CMake の CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHARED を使用したサンプルコード

set(CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHARED TRUE)

add_executable(my_app main.c)
target_link_libraries(my_app my_lib)

この例では、my_app ターゲットは my_lib 共有ライブラリに依存しますが、my_lib の変更は my_app の再リンクをトリガーしません。

複数の共有ライブラリ

set(CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHARED TRUE)

add_executable(my_app main.c)
target_link_libraries(my_app
  my_lib1
  my_lib2)

この例では、my_app ターゲットは my_lib1my_lib2 共有ライブラリに依存しますが、いずれかのライブラリの変更も my_app の再リンクをトリガーしません。

条件付き設定

if(WIN32)
  set(CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHARED TRUE)
endif()

add_executable(my_app main.c)
target_link_libraries(my_app my_lib)

この例では、Windows 環境でのみ CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHAREDTRUE に設定します。

静的ライブラリとの混在

set(CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHARED TRUE)

add_executable(my_app main.c)
target_link_libraries(my_app
  my_lib1
  my_lib2_static)

# my_lib1 は共有ライブラリ
# my_lib2_static は静的ライブラリ

この例では、my_app ターゲットは my_lib1 共有ライブラリと my_lib2_static 静的ライブラリに依存します。my_lib1 の変更は my_app の再リンクをトリガーしませんが、my_lib2_static の変更はトリガーします。

target_link_libraries() の NO_SHARED オプション

add_executable(my_app main.c)
target_link_libraries(my_app my_lib NO_SHARED)

この例では、my_app ターゲットは my_lib 共有ライブラリに依存しますが、my_lib は静的ライブラリとしてリンクされます。

LINK_PUBLIC と LINK_PRIVATE

add_library(my_lib SHARED my_lib.c)

add_executable(my_app main.c)
target_link_libraries(my_app
  my_lib PUBLIC
  my_other_lib PRIVATE)

# my_app は my_lib に PUBLIC 依存
# my_app は my_other_lib に PRIVATE 依存

この例では、my_app ターゲットは my_lib 共有ライブラリに PUBLIC 依存し、my_other_lib 共有ライブラリに PRIVATE 依存します。PUBLIC 依存は LINK_DEPENDS_NO_SHARED の影響を受けますが、PRIVATE 依存は受けません。



CMAKE_LINK_DEPENDS_NO_SHARED 以外の方法

静的ライブラリへのリンク

共有ライブラリファイルではなく、静的ライブラリファイルにリンクすることで、共有ライブラリファイルの変更によるターゲットの再リンクを回避できます。

add_library(my_lib STATIC my_lib.c)

add_executable(my_app main.c)
target_link_libraries(my_app my_lib)

インターフェースライブラリを使用することで、共有ライブラリファイルのバージョン管理を簡略化できます。

add_library(my_lib INTERFACE)

add_library(my_lib_shared SHARED my_lib.c)
target_link_libraries(my_lib_shared my_lib)

add_executable(my_app main.c)
target_link_libraries(my_app my_lib)

シンボリックリンクを使用することで、共有ライブラリファイルのバージョン管理を簡略化できます。

# my_lib.so -> my_lib_1.0.so

add_executable(my_app main.c)
target_link_libraries(my_app my_lib)

カスタムビルドルールを使用することで、独自のリンク処理を実装できます。

add_custom_command(
  TARGET my_app
  POST_BUILD
  COMMAND ${CMAKE_COMMAND} -E echo "Linking my_app...")
)

add_executable(my_app main.c)
target_link_libraries(my_app my_lib)

サードパーティ製ツールを使用して、共有ライブラリファイルのバージョン管理を簡略化できます。

注意:

  • 上記の方法の中には、すべてのプラットフォームでサポートされていないものもあります。
  • 上記の方法の中には、CMake のバージョンによって使用方法が異なるものもあります。

使用前に、それぞれの方法の詳細を調査することをお勧めします。




cmake_policy()コマンドを使いこなしてCMakeプロジェクトをマスター

cmake_policy()コマンドの基本的な構文は以下の通りです。<policy-id>: ポリシーの識別子。CMP<NNNN>形式で指定されます。<behavior>: ポリシーの動作。OLDまたはNEWを指定します。OLDとNEWの動作の違い



CMake の if() コマンド: デバッグとトラブルシューティング

構文条件式if() コマンドの引数には、条件式を指定します。条件式は、以下のいずれかの形式で記述できます。変数の比較: <variable> <operator> <value>コマンドの存在チェック: COMMAND <command-name>


CMake find_libraryコマンドとfind_packageモジュールの比較

find_library() コマンドは、CMake で外部ライブラリを見つけるために使用されます。これは、プロジェクトに必要なライブラリを自動的に検出して、ビルドプロセスを簡略化するのに役立ちます。コマンドフォーマット<VAR>: 検索結果を格納する変数名


CMakeにおける"get_target_property()"コマンド: ターゲットの情報を自在に操る

get_target_property()コマンドは、CMakeプロジェクトで定義されたターゲットからプロパティを取得するために使用されます。ターゲットプロパティは、ターゲットのビルド方法や動作を制御するために使用される情報です。構文引数VAR: ターゲットプロパティの値を格納する変数名


CMake try_compile() を使って特定のライブラリがインストールされているかどうかを確認する方法

try_compile() は、CMake の強力なコマンドの一つで、コードを実際にコンパイルすることなく、コンパイルが成功するかどうかを確認することができます。これは、特定のコンパイラやオプションがシステム上で使用可能かどうかをテストしたり、コードの移植性を検証したりする際に非常に便利です。



異なるアーキテクチャ向けにアセンブリソースファイルをコンパイル:ASM_DIALECTFLAGSの活用例

ASM_DIALECTFLAGSは、以下の方法で設定できます。CMakeLists. txtファイル内でset()コマンドを使用するコマンドラインで-Dオプションを使用する以下の例は、ASM_DIALECTFLAGSを使用して、異なるアーキテクチャ向けの異なるアセンブリソースファイルをコンパイルする方法を示しています。


CMake_PROJECT_VERSION_MAJOR を使用してヘッダーファイルのバージョンマクロを定義する方法

CMAKE_PROJECT_VERSION_MAJOR は、CMake プロジェクトのメジャーバージョンを表す変数です。プロジェクトのバージョン情報を設定する project() コマンドによって設定されます。この変数は、ビルドプロセス全体で使用でき、プロジェクトのバージョンを特定するために役立ちます。


CMake find_file() コマンドの代替方法:もっと柔軟なファイル検索

<variable>: 検索結果を格納する CMake 変数<file_names>: 検索するファイル名のリスト (スペース区切り)<path_list>: 検索するパス名のリスト (スペース区切り)<options>: 検索オプション (後述)


FindwxWindowsモジュールでwxWidgetsを簡単に使う

FindwxWindows は、CMake のモジュールの一つで、wxWidgets ライブラリをプロジェクトに簡単に統合するために使用されます。wxWidgets は、クロスプラットフォームの GUI ツールキットであり、Windows、Mac OS X、Linux などの様々なプラットフォームで動作する GUI アプリケーション開発を可能にします。


【初心者向け】CMakeの「CMP0040」エラーを回避する方法:詳細と解決策

CMakeポリシー「CMP0040」は、add_custom_command()コマンドで指定されたターゲットが、現在のディレクトリ内に存在し、かつ定義されていることを確認するものです。このポリシーは、CMake 3.0で導入され、以下の2つの動作モードを持ちます。