Visual StudioでCMakeを使ってMFCプロジェクトをビルドする方法

2024-04-02

CMakeにおけるCMAKE_MFC_FLAGの詳細解説

CMAKE_MFC_FLAG は、CMakeプロジェクトでMFCライブラリを使用するかどうかを設定する変数です。これは、Windows向けのGUIアプリケーション開発でよく使用されます。

設定方法

CMAKE_MFC_FLAG は、CMakeLists.txtファイルで設定できます。以下のコード例のように、set()コマンドを使って設定します。

set(CMAKE_MFC_FLAG 1)

引数

CMAKE_MFC_FLAG は以下の引数を受け取ります。

  • 1: 静的MFCライブラリを使用する
  • 2: 共有MFCライブラリを使用する

デフォルト値

CMAKE_MFC_FLAG のデフォルト値は 0 であり、MFCライブラリを使用しないことを意味します。

影響

CMAKE_MFC_FLAG を設定すると、以下の影響があります。

  • MFCに必要なヘッダーファイルとライブラリファイルがプロジェクトに追加されます。
  • リンカオプションが設定され、MFCライブラリとリンクされます。

使用例

以下の例は、CMAKE_MFC_FLAG を使ってMFCライブラリを使用するプロジェクトを作成する例です。

cmake_minimum_required(VERSION 3.10)

project(MyProject)

set(CMAKE_MFC_FLAG 1)

add_executable(MyProject
  main.cpp
)

target_link_libraries(MyProject
  ${MFC_LIBRARIES}
)

この例では、CMAKE_MFC_FLAG1 に設定して、静的MFCライブラリを使用するようにしています。

補足

  • CMAKE_MFC_FLAG は、Visual Studioプロジェクトファイルで**_AFX_NO_MFC_STATICマクロと_AFXDLL**マクロに対応しています。
  • CMAKE_MFC_FLAG を設定する前に、find_package(MFC)コマンドを実行して、MFCライブラリを見つける必要があります。


CMake の CMAKE_MFC_FLAG を使ったサンプルコード

静的MFCライブラリを使用したサンプルコード

cmake_minimum_required(VERSION 3.10)

project(MyProject)

set(CMAKE_MFC_FLAG 1)

add_executable(MyProject
  main.cpp
)

target_link_libraries(MyProject
  ${MFC_LIBRARIES}
)
  • このコードは、静的MFCライブラリを使用して "MyProject" という名前の単純な実行ファイルを作成します。
  • set(CMAKE_MFC_FLAG 1) は、静的MFCライブラリを使用することを指定します。
  • target_link_libraries(MyProject ${MFC_LIBRARIES}) は、プロジェクトにMFCライブラリをリンクします。

共有MFCライブラリを使用したサンプルコード

cmake_minimum_required(VERSION 3.10)

project(MyProject)

set(CMAKE_MFC_FLAG 2)

add_executable(MyProject
  main.cpp
)

target_link_libraries(MyProject
  ${MFC_SHARED_LIBRARIES}
)

説明

  • このコードは、共有MFCライブラリを使用して "MyProject" という名前の実行ファイルを作成します。
  • set(CMAKE_MFC_FLAG 2) は、共有MFCライブラリを使用することを指定します。
  • target_link_libraries(MyProject ${MFC_SHARED_LIBRARIES}) は、プロジェクトに共有MFCライブラリをリンクします。

MFCダイアログを使用したサンプルコード

cmake_minimum_required(VERSION 3.10)

project(MyProject)

set(CMAKE_MFC_FLAG 1)

add_executable(MyProject
  main.cpp
  dialog.cpp
)

target_link_libraries(MyProject
  ${MFC_LIBRARIES}
)

add_custom_command(
  TARGET MyProject
  POST_BUILD
  COMMAND ${CMAKE_COMMAND} -E copy
    ${CMAKE_CURRENT_BINARY_DIR}/dialog.ui
    ${CMAKE_CURRENT_BINARY_DIR}/../resources
)

説明

  • このコードは、MFCダイアログを使用した "MyProject" という名前の実行ファイルを作成します。
  • dialog.ui は、Qt Designerなどのツールを使用して作成したMFCダイアログのリソースファイルです。
  • add_custom_command コマンドは、ビルド後に dialog.ui ファイルを resources ディレクトリにコピーします。

MFC拡張機能を使用したサンプルコード

cmake_minimum_required(VERSION 3.10)

project(MyProject)

set(CMAKE_MFC_FLAG 1)

add_library(MyMFC SHARED
  my_mfc_extension.cpp
)

target_link_libraries(MyMFC
  ${MFC_LIBRARIES}
)

add_executable(MyProject
  main.cpp
)

target_link_libraries(MyProject
  MyMFC
)

説明

  • このコードは、MFC拡張機能を使用した "MyProject" という名前の実行ファイルを作成します。
  • my_mfc_extension.cpp は、MFC拡張機能を実装するC++ソースファイルです。
  • MyMFC は、MFC拡張機能をラップする共有ライブラリです。
  • MyProject は、MyMFC ライブラリにリンクされています。

その他のサンプルコード

  • [CMakeでMFC拡張機能を使用する](https://


CMakeでMFCを使用するその他の方法

find_package()コマンドを使用して、MFCライブラリを自動的に検出することができます。これは、CMAKE_MFC_FLAGを使用するよりも便利な方法です。

cmake_minimum_required(VERSION 3.10)

project(MyProject)

find_package(MFC REQUIRED)

add_executable(MyProject
  main.cpp
)

target_link_libraries(MyProject
  ${MFC_LIBRARIES}
)

CMAKE_MODULE_PATH 変数を変更して、CMakeモジュールをロードすることができます。これは、特定のMFCバージョンやMFC拡張機能を使用する場合に役立ちます。

cmake_minimum_required(VERSION 3.10)

project(MyProject)

set(CMAKE_MODULE_PATH ${CMAKE_MODULE_PATH}
  "/path/to/custom/cmake/modules")

find_package(MFC REQUIRED)

add_executable(MyProject
  main.cpp
)

target_link_libraries(MyProject
  ${MFC_LIBRARIES}
)

外部プロジェクトのインクルード

MFCプロジェクトを外部プロジェクトとしてインクルードすることができます。これは、複雑なプロジェクトや既存のMFCプロジェクトを使用する場合に役立ちます。

cmake_minimum_required(VERSION 3.10)

project(MyProject)

add_subdirectory("external/MFC")

add_executable(MyProject
  main.cpp
)

target_link_libraries(MyProject
  ${MFC_LIBRARIES}
)

手動による設定

CMAKE_MFC_LIBRARIESCMAKE_MFC_INCLUDES などの変数を手動で設定することができます。これは、高度なカスタマイズが必要な場合に役立ちます。

cmake_minimum_required(VERSION 3.10)

project(MyProject)

set(CMAKE_MFC_LIBRARIES
  "/path/to/mfc/lib/mfc.lib"
  "/path/to/mfc/lib/mfcd.lib"
  "/path/to/mfc/lib/mfcu.lib")

set(CMAKE_MFC_INCLUDES
  "/path/to/mfc/include")

add_executable(MyProject
  main.cpp
)

target_link_libraries(MyProject
  ${CMAKE_MFC_LIBRARIES}
)



cmake_policy()コマンドを使いこなしてCMakeプロジェクトをマスター

cmake_policy()コマンドの基本的な構文は以下の通りです。<policy-id>: ポリシーの識別子。CMP<NNNN>形式で指定されます。<behavior>: ポリシーの動作。OLDまたはNEWを指定します。OLDとNEWの動作の違い



CMake find_libraryコマンドとfind_packageモジュールの比較

find_library() コマンドは、CMake で外部ライブラリを見つけるために使用されます。これは、プロジェクトに必要なライブラリを自動的に検出して、ビルドプロセスを簡略化するのに役立ちます。コマンドフォーマット<VAR>: 検索結果を格納する変数名


CMake include() で効率的なビルドを実現

include() は CMake の重要なコマンドの一つで、他の CMake ファイルやモジュールを読み込むために使用されます。 これにより、コードを分割し、再利用性と保守性を向上させることができます。機能他の CMake ファイルを読み込んで、その中のコマンドを実行する


CMakeにおける"get_target_property()"コマンド: ターゲットの情報を自在に操る

get_target_property()コマンドは、CMakeプロジェクトで定義されたターゲットからプロパティを取得するために使用されます。ターゲットプロパティは、ターゲットのビルド方法や動作を制御するために使用される情報です。構文引数VAR: ターゲットプロパティの値を格納する変数名


CMakeコマンド「ctest_submit()」でテスト結果をCDashサーバーに送信

ctest_submit()は、CMakeの「Commands」カテゴリに属するコマンドで、テスト結果をCDashなどのダッシュボードサーバーに送信するために使用されます。テスト実行後の結果を可視化、共有したい場合に役立ちます。基本構文オプション解説



CMakeでiOSアプリ開発:IOS_INSTALL_COMBINEDとその他の方法を徹底比較

IOS_INSTALL_COMBINED は、CMake のターゲットプロパティであり、iOS デバイスとシミュレータ用のコードを組み合わせて、ユニバーサルバイナリと呼ばれる単一のライブラリを生成するかどうかを制御します。これは、複数のアーキテクチャをサポートする iOS アプリケーションを開発する場合に役立ちます。


CMakeでプロジェクトディレクトリを基準としたパスを使用する方法

CMakeポリシーCMP0021は、ターゲットプロパティINCLUDE_DIRECTORIESで相対パスを使用する際の動作を制御します。このポリシーは、CMake 2.8で導入され、CMake 3.29で非推奨になりました。旧動作 (CMake 2.8以前)


テストの出力内容を正規表現でチェック: FAIL_REGULAR_EXPRESSION と ASSERT_THAT の比較

FAIL_REGULAR_EXPRESSION は、CMake の Properties: Tests におけるテストプロパティの一つです。テストの標準出力または標準エラー出力に指定された正規表現がマッチした場合、テストを強制的に失敗させる機能を提供します。


CMakeの変数 CMAKE_COMPILER_IS_GNUCXX について

CMAKE_COMPILER_IS_GNUCXX は、CMake の変数の一つで、C++コンパイラがGNUコンパイラかどうかを判定します。この変数は非推奨であり、代わりに CMAKE_CXX_COMPILER_ID を使用することを推奨します。


【完全解説】CMakeモジュールFindPHP4でPHP4を使えるようにする

FindPHP4 は、CMake のモジュールの一つで、システム上に PHP4 がインストールされているかどうかを検知し、必要な情報を設定するものです。これにより、PHP4 を利用するプロジェクトのビルドを容易にすることができます。FindPHP4 が行う処理