HEADER_SET_NAME プロパティ徹底解説:CMakeでヘッダーファイルを賢く管理

2024-04-02

CMakeにおける"HEADER_SET_NAME"の詳細解説

"HEADER_SET_NAME" は、CMakeプロジェクトにおけるターゲットプロパティの一つで、ヘッダーファイルのセットに名前を割り当てるために使用されます。これは、ヘッダーファイルのグループをまとめて扱いやすくするために役立ちます。

設定方法:

set_target_properties(target_name PROPERTIES
  HEADER_SET_NAME "MyHeaderSet"
)

上記のように、set_target_properties コマンドを使用して、ターゲット target_name に "MyHeaderSet" という名前のヘッダーセットを割り当てます。

使用例:

  • ヘッダーファイルのグループをまとめてビルドする:
set_target_properties(target_name PROPERTIES
  HEADER_SET_NAME "MyHeaderSet"
)

add_custom_command(TARGET target_name
  POST_BUILD
  COMMAND echo "Building MyHeaderSet..."
  COMMAND make -C ${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}/MyHeaderSet
)

上記の例では、"MyHeaderSet" という名前のヘッダーセットをビルドするカスタムコマンドを追加しています。

  • ヘッダーファイルのグループをまとめてインストールする:
set_target_properties(target_name PROPERTIES
  HEADER_SET_NAME "MyHeaderSet"
)

install(TARGETS target_name
  EXPORT MyHeaderSet
  DESTINATION include
)

上記の例では、"MyHeaderSet" という名前のヘッダーセットを include ディレクトリにインストールしています。

その他の関連プロパティ:

  • HEADER_SET_FOLDER: ヘッダーファイルのセットを格納するディレクトリを指定します。
  • HEADER_SET_FILTER: ヘッダーファイルのセットに含めるファイルのフィルタを指定します。
  • HEADER_SET_INCLUDE_DIRS: ヘッダーファイルのセットをインクルードするディレクトリを指定します。

補足:

  • "HEADER_SET_NAME" は CMake 3.1 以降で利用可能です。
  • "HEADER_SET_NAME" は "INTERFACE" ターゲットプロパティでも使用できます。


CMakeにおける"HEADER_SET_NAME"のサンプルコード

set(header_files
  "MyHeader1.h"
  "MyHeader2.h"
  "MyHeader3.h"
)

set_target_properties(target_name PROPERTIES
  HEADER_SET_NAME "MyHeaderSet"
  HEADER_FILES ${header_files}
)

add_custom_command(TARGET target_name
  POST_BUILD
  COMMAND echo "Building MyHeaderSet..."
  COMMAND make -C ${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}/MyHeaderSet
)

ヘッダーファイルのグループをまとめてインストールする

set(header_files
  "MyHeader1.h"
  "MyHeader2.h"
  "MyHeader3.h"
)

set_target_properties(target_name PROPERTIES
  HEADER_SET_NAME "MyHeaderSet"
  HEADER_FILES ${header_files}
)

install(TARGETS target_name
  EXPORT MyHeaderSet
  DESTINATION include
)

ヘッダーファイルのグループをサブディレクトリにインストールする

set(header_files
  "MyHeader1.h"
  "MyHeader2.h"
  "MyHeader3.h"
)

set_target_properties(target_name PROPERTIES
  HEADER_SET_NAME "MyHeaderSet"
  HEADER_FILES ${header_files}
  HEADER_SET_FOLDER "subdir"
)

install(TARGETS target_name
  EXPORT MyHeaderSet
  DESTINATION include
)

ヘッダーファイルのグループにフィルタを適用する

set(header_files
  "MyHeader1.h"
  "MyHeader2.h"
  "MyHeader3.h"
  "MyHeader4.h"
)

set_target_properties(target_name PROPERTIES
  HEADER_SET_NAME "MyHeaderSet"
  HEADER_FILES ${header_files}
  HEADER_SET_FILTER ".*\.h$"
)

install(TARGETS target_name
  EXPORT MyHeaderSet
  DESTINATION include
)

上記の例では、.*\.h$ という正規表現を使用して、拡張子が ".h" のファイルのみを "MyHeaderSet" ヘッダーセットに含めています。

ヘッダーファイルのグループをインクルードするディレクトリを指定する

set(header_files
  "MyHeader1.h"
  "MyHeader2.h"
  "MyHeader3.h"
)

set_target_properties(target_name PROPERTIES
  HEADER_SET_NAME "MyHeaderSet"
  HEADER_FILES ${header_files}
  HEADER_SET_INCLUDE_DIRS "include"
)

install(TARGETS target_name
  EXPORT MyHeaderSet
  DESTINATION include
)

上記の例では、"MyHeaderSet" ヘッダーセットをインクルードする際に、include ディレクトリを検索する必要があることを指定しています。

これらのサンプルコードは、"HEADER_SET_NAME" プロパティのさまざまな使用方法を示しています。



CMakeにおけるヘッダーファイルのグループ化の他の方法

サブディレクトリを使用する

ヘッダーファイルをサブディレクトリに整理することで、グループ化することができます。例えば、以下のように include ディレクトリの下に MyHeaderSet サブディレクトリを作成し、その中にヘッダーファイルを配置することができます。

include/
├── MyHeaderSet/
│   ├── MyHeader1.h
│   ├── MyHeader2.h
│   └── MyHeader3.h
└── ...

この場合、MyHeaderSet ヘッダーセットをインクルードするには、以下のように #include ディレクティブを使用します。

#include <MyHeaderSet/MyHeader1.h>
#include <MyHeaderSet/MyHeader2.h>
#include <MyHeaderSet/MyHeader3.h>

ヘッダーファイルのリストを使用する

add_library コマンドの HEADER_FILES オプションを使用して、ヘッダーファイルのリストを直接指定することができます。

add_library(target_name
  ...
  HEADER_FILES
    "MyHeader1.h"
    "MyHeader2.h"
    "MyHeader3.h"
  ...
)

この場合、target_name ターゲットは、指定されたヘッダーファイルを含むすべてのソースファイルに対してビルドされます。

カスタムターゲットを使用して、ヘッダーファイルのグループをまとめて処理することができます。例えば、以下のように MyHeaderSet という名前のカスタムターゲットを作成し、その中にヘッダーファイルをコピーするコマンドを追加することができます。

add_custom_target(MyHeaderSet
  COMMAND make -C ${CMAKE_CURRENT_SOURCE_DIR}/MyHeaderSet
)

この場合、MyHeaderSet ターゲットを実行すると、MyHeaderSet サブディレクトリ内のすべてのヘッダーファイルが include ディレクトリにコピーされます。

外部プロジェクトを使用する

どの方法を使用するべきかは、プロジェクトの規模や複雑さによって異なります。

  • 小さなプロジェクトの場合、サブディレクトリを使用する方法は最も簡単です。
  • 中規模のプロジェクトの場合、"HEADER_SET_NAME" プロパティを使用する方法は、ヘッダーファイルのグループをまとめて管理するのに役立ちます。
  • 大規模なプロジェクトの場合、カスタムターゲットや外部プロジェクトを使用する方法は、より柔軟なソリューションを提供します。

CMake には、ヘッダーファイルのグループを扱うためのさまざまな方法があります。どの方法を使用するべきかは、プロジェクトの規模や複雑さによって異なります。