CMake の IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY プロパティに関するサンプルコード

2024-04-02

CMake の IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY プロパティ

IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY プロパティは、CMake の "Properties: Targets" において、インポートされた静的ライブラリのサイクルにおける繰り返しカウントを設定するために使用されます。これは、LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY プロパティのインポートターゲット版です。

詳細

IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY は、以下の状況で役立ちます。

  • 複数の静的ライブラリが互いに依存し、循環依存関係が発生している場合
  • リンカーに、特定のライブラリを複数回リンクする必要があることを指示したい場合

設定方法

IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY は、set_target_properties コマンドを使用して設定できます。以下の例をご覧ください。

set(TARGET_NAME my_target)

# インポートされたターゲットであることを指定
add_library(${TARGET_NAME} UNKNOWN IMPORTED)

# ライブラリの場所を指定
set_target_properties(${TARGET_NAME} PROPERTIES IMPORTED_LOCATION /path/to/library.a)

# 繰り返しカウントを 3 に設定
set_target_properties(${TARGET_NAME} PROPERTIES IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY 3)

注意事項

  • IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY は、インポートされた静的ライブラリにのみ適用されます。
  • 設定値は、0 以上の整数である必要があります。
  • リンカーがサイクルを検出できない場合、ビルドエラーが発生する可能性があります。

補足

  • IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY は、CMake バージョン 3.14 以降で利用可能です。
  • 以前のバージョンの CMake を使用している場合は、LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY プロパティを使用して、ターゲットを直接リンクすることができます。

以下の例は、IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY プロパティを使用して、循環依存関係を持つ 2 つの静的ライブラリをビルドする方法を示しています。

# ライブラリの場所を指定
set(LIBA_LOCATION /path/to/liba.a)
set(LIBB_LOCATION /path/to/libb.a)

# ライブラリ A を作成
add_library(liba STATIC IMPORTED)
set_target_properties(liba PROPERTIES IMPORTED_LOCATION ${LIBA_LOCATION})

# ライブラリ B を作成
add_library(libb STATIC IMPORTED)
set_target_properties(libb PROPERTIES IMPORTED_LOCATION ${LIBB_LOCATION})

# 循環依存関係を設定
set_target_properties(liba PROPERTIES IMPORTED_LINK_INTERFACE_LIBRARIES libb)
set_target_properties(libb PROPERTIES IMPORTED_LINK_INTERFACE_LIBRARIES liba)

# 繰り返しカウントを設定
set_target_properties(liba PROPERTIES IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY 2)
set_target_properties(libb PROPERTIES IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY 2)

# ターゲットを生成
add_executable(my_target main.c)
target_link_libraries(my_target PRIVATE liba libb)

この例では、libalibb は互いに依存していますが、IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY プロパティを使用して、リンカーにそれぞれのライブラリを 2 回リンクするように指示しています。



CMake の IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY プロパティを使用したサンプルコード

循環依存関係を持つ 2 つの静的ライブラリをビルドする

# ライブラリの場所を指定
set(LIBA_LOCATION /path/to/liba.a)
set(LIBB_LOCATION /path/to/libb.a)

# ライブラリ A を作成
add_library(liba STATIC IMPORTED)
set_target_properties(liba PROPERTIES IMPORTED_LOCATION ${LIBA_LOCATION})

# ライブラリ B を作成
add_library(libb STATIC IMPORTED)
set_target_properties(libb PROPERTIES IMPORTED_LOCATION ${LIBB_LOCATION})

# 循環依存関係を設定
set_target_properties(liba PROPERTIES IMPORTED_LINK_INTERFACE_LIBRARIES libb)
set_target_properties(libb PROPERTIES IMPORTED_LINK_INTERFACE_LIBRARIES liba)

# 繰り返しカウントを設定
set_target_properties(liba PROPERTIES IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY 2)
set_target_properties(libb PROPERTIES IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY 2)

# ターゲットを生成
add_executable(my_target main.c)
target_link_libraries(my_target PRIVATE liba libb)

リンカーに特定のライブラリを複数回リンクさせる

# ライブラリの場所を指定
set(LIB_LOCATION /path/to/library.a)

# ライブラリを作成
add_library(my_lib STATIC IMPORTED)
set_target_properties(my_lib PROPERTIES IMPORTED_LOCATION ${LIB_LOCATION})

# 繰り返しカウントを設定
set_target_properties(my_lib PROPERTIES IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY 3)

# ターゲットを生成
add_executable(my_target main.c)
target_link_libraries(my_target PRIVATE my_lib)

異なる構成で異なる繰り返しカウントを設定する

# ライブラリの場所を指定
set(LIB_LOCATION /path/to/library.a)

# ライブラリを作成
add_library(my_lib STATIC IMPORTED)
set_target_properties(my_lib PROPERTIES IMPORTED_LOCATION ${LIB_LOCATION})

# デバッグ構成では繰り返しカウントを 2 に設定
set_target_properties(my_lib PROPERTIES IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY_DEBUG 2)

# リリース構成では繰り返しカウントを 1 に設定
set_target_properties(my_lib PROPERTIES IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY_RELEASE 1)

# ターゲットを生成
add_executable(my_target main.c)
target_link_libraries(my_target PRIVATE my_lib)


CMake の IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY プロパティの代替方法

LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY プロパティは、ターゲットを直接リンクする場合に使用できます。以下の例をご覧ください。

# ライブラリの場所を指定
set(LIBA_LOCATION /path/to/liba.a)
set(LIBB_LOCATION /path/to/libb.a)

# ライブラリ A を作成
add_library(liba STATIC)
set_target_properties(liba PROPERTIES LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY 2)

# ライブラリ B を作成
add_library(libb STATIC)
set_target_properties(libb PROPERTIES LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY 2)

# ターゲットを生成
add_executable(my_target main.c)
target_link_libraries(my_target PRIVATE liba libb)

この例では、libalibb は互いに依存していませんが、LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY プロパティを使用して、リンカーにそれぞれのライブラリを 2 回リンクするように指示しています。

手動でリンカーコマンドを指定する

ターゲットをビルドする際に、手動でリンカーコマンドを指定することもできます。以下の例をご覧ください。

# ライブラリの場所を指定
set(LIBA_LOCATION /path/to/liba.a)
set(LIBB_LOCATION /path/to/libb.a)

# ターゲットを生成
add_executable(my_target main.c)

# リンカーコマンドを指定
set_target_properties(my_target PROPERTIES LINK_FLAGS "-Wl,-rpath,${LIBA_LOCATION} -Wl,-rpath,${LIBB_LOCATION} -Wl,-L,${LIBA_LOCATION} -Wl,-L,${LIBB_LOCATION} -Wl,-l:liba -Wl,-l:libb")

この例では、-Wl,-rpath オプションを使用して、リンカーにライブラリの検索パスを指定しています。また、-Wl,-L オプションを使用して、リンカーにライブラリの場所を指定しています。最後に、-Wl,-l オプションを使用して、リンカーにリンクするライブラリを指定しています。

これらの代替方法は、IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY プロパティを使用できない場合に役立ちます。

注意事項

  • これらの代替方法は、IMPORTED_LINK_INTERFACE_MULTIPLICITY プロパティよりも複雑です。
  • これらの代替方法は、すべてのプラットフォームでサポートされているとは限りません。



CMakeのCommandsにおけるuse_mangled_mesa()

use_mangled_mesa() は CMake の Commands における関数で、Mesa ライブラリの mangled シンボル名を解決するために使用されます。Mesa は OpenGL の実装であり、古いバージョンの Mesa ではシンボル名が mangled されるため、use_mangled_mesa() を使用してこれらのシンボル名を解決する必要があります。



C++標準ライブラリ、テンプレートエンジン、シェルスクリプト... string()コマンドの代替方法を徹底比較

CMakeのstring()コマンドは、文字列処理を行うための強力なツールです。C++のstd::stringのような機能に加え、CMake特有の便利な機能も備えています。主な機能文字列の連結、分割、置換、比較大文字・小文字変換部分文字列の抽出


CMake で変数を削除する3つの方法:unset() 以外にも使えるテクニック

<variable_name> は、削除したい変数の名前です。変数の名前は、文字、数字、下線(_)で構成され、先頭に数字以外のアクティブ文字が来る必要があります。変数の削除この例では、MY_VAR という変数を作成し、"Hello, world!" という値を設定します。その後、unset() コマンドを使用して MY_VAR を削除します。2番目の message() コマンドは、MY_VAR が削除されたことを確認するために使用されます。


プログラミング初心者でもわかる!CMake の "set_directory_properties()" コマンドの使い方

set_directory_properties() コマンドは、CMakeプロジェクト内のディレクトリとサブディレクトリにプロパティを設定するために使用されます。これらのプロパティは、ビルドプロセス、インストール、その他の CMake 動作を制御するために使用できます。


CMake try_compile() を使って特定のライブラリがインストールされているかどうかを確認する方法

try_compile() は、CMake の強力なコマンドの一つで、コードを実際にコンパイルすることなく、コンパイルが成功するかどうかを確認することができます。これは、特定のコンパイラやオプションがシステム上で使用可能かどうかをテストしたり、コードの移植性を検証したりする際に非常に便利です。



CMakeの「Commands」における「cmake_path()」関数

試合形式試合時間は前半40分、後半40分の計80分です。ハーフタイムは15分以内です。試合は2チームで行われ、それぞれ15人の選手がフィールドに出ます。選手は、ボールを持って走る、パスする、キックするなどのプレーができます。相手選手をタックルして倒すこともできます。


HEADER_SET_NAME プロパティ徹底解説:CMakeでヘッダーファイルを賢く管理

"HEADER_SET_NAME" は、CMakeプロジェクトにおけるターゲットプロパティの一つで、ヘッダーファイルのセットに名前を割り当てるために使用されます。これは、ヘッダーファイルのグループをまとめて扱いやすくするために役立ちます。設定方法:


初めての CMake Modules: FindPkgConfig で外部ライブラリを使いこなす

この解説では、FindPkgConfig の仕組み、使用方法、オプション、および高度な使い方について詳しく説明します。FindPkgConfig は、CMake モジュールの一つであり、以下の機能を提供します。pkg-config との連携: インストール済みパッケージの情報を検索し、解析します。


CMAKE_LANG_LINK_LIBRARY_FLAG 変数を設定するその他の方法:ターゲットプロパティ、キャッシュ変数、環境変数、コマンドラインオプション

CMAKE_LANG_LINK_LIBRARY_FLAG は、CMake の "Variables" における重要な変数のひとつです。これは、特定の言語で記述された共有ライブラリや実行ファイルにライブラリをリンクするために使用されるフラグを指定します。


Android向けCMakeでRTTIを有効・無効にする方法

CMAKE_ANDROID_RTTIは、CMakeにおける変数の一つで、Android向けにNDKを使用してクロスコンパイルする際に、RTTI(Run-Time Type Information)の有効・無効を指定するために使用されます。デフォルト値はONです。つまり、RTTIはデフォルトで有効になっています。