CMakeでWindowsランタイムコンポーネントを構築: VS_WINRT_COMPONENTの代替手段を比較検討

2024-06-29

CMake の "Properties: Targets" における "VS_WINRT_COMPONENT" の詳細解説

このプロパティの主な役割は次のとおりです:

  • Windows ランタイム コンポーネントとしてのターゲットの識別: VS_WINRT_COMPONENT プロパティを設定することで、CMake はターゲットが Windows ランタイム コンポーネントであることを認識し、それに応じて必要な設定を適用します。
  • C++/CX 言語拡張機能の使用: このプロパティが設定されている場合、CMake はターゲットのコンパイル時に C++/CX 言語拡張機能を有効にします。これは、Windows ランタイム開発に特化した機能を提供します。
  • _WINRT_DLL マクロの定義: 共有ライブラリとモジュール ライブラリの場合、VS_WINRT_COMPONENT プロパティは _WINRT_DLL プリプロセッサ マクロも定義します。これは、ライブラリが Windows ランタイム コンポーネントであることを示すために使用されます。

VS_WINRT_COMPONENT プロパティの使用例:

target_sources(mytarget PRIVATE "mytarget.cpp")

target_link_libraries(mytarget winrt)

set_property(TARGET mytarget PROPERTY VS_WINRT_COMPONENT TRUE)

上記の例では、mytarget という名前のターゲットが定義され、mytarget.cpp ファイルがソース ファイルとして設定されています。さらに、winrt ライブラリへのリンクも設定されています。最後に、set_property コマンドを使用して、VS_WINRT_COMPONENT プロパティを mytarget ターゲットに TRUE に設定しています。これにより、CMake は mytarget ターゲットを Windows ランタイム コンポーネントとして認識し、それに応じて必要な設定を適用します。

注意事項:

  • VS_WINRT_COMPONENT プロパティは、Visual Studio ジェネレータのみでサポートされています。他のジェネレータを使用している場合は、このプロパティを使用しても効果がありません。
  • C++/CX 言語拡張機能を使用するには、Visual Studio 2012 以降が必要です。
  • 共有ライブラリとモジュール ライブラリの場合、_WINRT_DLL マクロは既に定義されている可能性があります。この場合、VS_WINRT_COMPONENT プロパティを設定してもマクロの値は変更されません。

VS_WINRT_COMPONENT プロパティは、CMake で Windows ランタイム コンポーネントを開発する際に役立つ便利なツールです。このプロパティを使用することで、ターゲットを Windows ランタイム コンポーネントとして正しく識別し、必要な設定を適用することができます。



    cmake_minimum_required(VERSION 3.1)
    
    project(myproject VERSION 1.0)
    
    set(CMAKE_CXX_STANDARD 17)
    
    target_sources(mylib PRIVATE "mylib.cpp")
    
    target_link_libraries(mylib winrt)
    
    set_property(TARGET mylib PROPERTY VS_WINRT_COMPONENT TRUE)
    
    target_include_directories(mylib PRIVATE "include")
    
    target_properties(mylib PROPERTIES CXX_STANDARD 17 CXX_STANDARD_REQUIRED ON)
    
    install(TARGETS mylib DESTINATION lib)
    

    このコードの説明:

    1. cmake_minimum_required コマンドは、CMake の最低バージョンを 3.1 に設定します。
    2. project コマンドは、プロジェクトの名前とバージョンを設定します。
    3. set(CMAKE_CXX_STANDARD 17) コマンドは、プロジェクト全体の C++ 標準を C++17 に設定します。
    4. target_sources コマンドは、mylib という名前のターゲットのソース ファイルを mylib.cpp に設定します。
    5. target_link_libraries コマンドは、mylib ターゲットが winrt ライブラリにリンクされるように設定します。
    6. set_property コマンドは、mylib ターゲットの VS_WINRT_COMPONENT プロパティを TRUE に設定します。これにより、CMake は mylib ターゲットを Windows ランタイム コンポーネントとして認識します。
    7. target_include_directories コマンドは、mylib ターゲットのインクルード ディレクトリを include ディレクトリに設定します。
    8. target_properties コマンドは、mylib ターゲットの C++ 標準を C++17 に設定し、この設定が必須であることを示します。
    9. install コマンドは、mylib ターゲットを lib ディレクトリにインストールします。

    追加の例:

    • モジュール ライブラリをビルドするには、target_type プロパティを MODULE に設定する必要があります。
    • 静的ライブラリをビルドするには、target_type プロパティを STATIC_LIBRARY に設定する必要があります。
    • 複数のソース ファイルを含むターゲットをビルドするには、target_sources コマンドに複数のファイル名を指定する必要があります。
    • 複数のライブラリにリンクするには、target_link_libraries コマンドに複数のライブラリ名を指定する必要があります。


      "VS_WINRT_COMPONENT" の代替方法

      代替方法の選択肢:

      1. Visual Studio プロジェクト ファイル: Visual Studio で直接プロジェクト ファイルを作成し、C++/CX 言語拡張機能を有効にして、ターゲットを Windows ランタイム コンポーネントとして設定することができます。この方法は、CMake を使用しない場合や、より詳細な制御が必要な場合に適しています。
      2. 他の CMake ジェネレータ: Ninja や Makefile などの他の CMake ジェネレータを使用する場合、"VS_WINRT_COMPONENT" プロパティはサポートされない可能性があります。これらのジェネレータを使用する場合は、ターゲットを Windows ランタイム コンポーネントとして設定するために、適切なジェネレータ固有の設定を使用する必要があります。
      3. 手動設定: "VS_WINRT_COMPONENT" プロパティを使用しない場合は、以下の設定を自分で手動で設定する必要があります。
        • C++/CX 言語拡張機能を有効にする
        • _WINRT_DLL マクロを定義する (共有ライブラリとモジュール ライブラリの場合)

      それぞれの代替方法の利点と欠点:

      Visual Studio プロジェクト ファイル:

      利点:

      • より詳細な制御が可能
      • CMake を使用しない場合に適している

      欠点:

      • CMake の利点 (自動化、クロスプラットフォームなど) が得られない
      • 手動で設定する必要がある

      他の CMake ジェネレータ:

      • CMake の利点を活用できる
      • "VS_WINRT_COMPONENT" プロパティがサポートされない可能性がある
      • ジェネレータ固有の設定を理解する必要がある

      手動設定:

      • 詳細な制御が可能
      • どのジェネレータでも使用可能
      • 複雑でエラーが発生しやすい
      • 設定を忘れる可能性がある

      "VS_WINRT_COMPONENT" プロパティは、多くの場合、Windows ランタイム コンポーネントを開発する際に適切な選択肢ですが、状況によっては代替方法が必要になる場合があります。上記の選択肢を検討し、プロジェクトの要件に最適な方法を選択してください。