CMakeでWINDOWS_PHONE変数を使ってWindows Phoneアプリ開発を分かりやすく解説

2024-06-22

CMakeにおけるWINDOWS_PHONE変数:詳細解説

概要

変数の使用方法

WINDOWS_PHONE変数は、CMakeLists.txtファイル内で以下の方法で設定できます。

set(WINDOWS_PHONE 8.1)

上記の例では、WINDOWS_PHONE変数は8.1に設定されています。これは、プロジェクトがWindows Phone 8.1デバイスをターゲットにしていることを示します。

補足:

  • WINDOWS_PHONE変数は、プロジェクトのルートディレクトリにあるCMakeLists.txtファイル内で設定する必要があります。
  • WINDOWS_PHONE変数は、プロジェクト全体で一貫して使用される必要があります。
  • WINDOWS_PHONE変数は、Windows Phone開発キット(WPDK)がインストールされている場合にのみ使用できます。

利用可能な値

WINDOWS_PHONE変数は、以下の値のいずれかに設定できます。

  • 8.0: Windows Phone 8.0
  • 8.1: Windows Phone 8.1
  • 10: Windows 10 Mobile
  • 上記以外の値を設定すると、エラーが発生する可能性があります。
  • 最新のWindows Phone開発キット(WPDK)を使用している場合は、最新のバージョンに対応する値を設定する必要があります。

変数の影響

WINDOWS_PHONE変数が設定されると、CMakeは以下のような処理を行います。

  • プロジェクトに必要なコンパイラフラグとリンカフラグを設定します。
  • Windows Phoneデバイスで実行できるバイナリを生成します。
  • 具体的なコンパイラフラグとリンカフラグは、WINDOWS_PHONE変数の値によって異なります。
  • 生成されるバイナリのサイズは、WINDOWS_PHONE変数の値によって異なります。

以下の例は、Windows Phone 8.1デバイスをターゲットとするシンプルなCMakeLists.txtファイルです。

cmake_minimum_required(VERSION 3.10)

project(MyProject)

set(WINDOWS_PHONE 8.1)

add_executable(MyProject main.cpp)

この例では、MyProjectという名前のプロジェクトが作成され、main.cppという名前のソースファイルから実行可能ファイルが生成されます。生成される実行可能ファイルは、Windows Phone 8.1デバイスで実行できます。

注意事項

  • WINDOWS_PHONE変数は、Windows Phone開発キット(WPDK)がインストールされている場合にのみ使用できます。
  • WINDOWS_PHONE変数は、プロジェクト全体で一貫して使用される必要があります。
  • 最新のWindows Phone開発キット(WPDK)を使用している場合は、最新のバージョンに対応する値を設定する必要があります。

    WINDOWS_PHONE変数は、Windows Phoneアプリ開発において、ターゲットプラットフォームとビルド設定を指定するために使用される重要な変数です。この変数を正しく使用することで、Windows Phoneデバイスで実行できるバイナリを生成することができます。



    CMakeLists.txt

    cmake_minimum_required(VERSION 3.10)
    
    project(MyProject)
    
    set(WINDOWS_PHONE 8.1)
    
    add_executable(MyProject main.cpp)
    

    main.cpp

    #include <iostream>
    
    int main() {
      std::cout << "Hello, World!" << std::endl;
      return 0;
    }
    

    ビルドと実行

    以下のコマンドを使用して、プロジェクトをビルドして実行できます。

    cmake .
    make
    

    このコマンドを実行すると、MyProject.exeという名前の実行可能ファイルが生成されます。この実行可能ファイルをWindows Phone 8.1デバイスにデプロイして実行することができます。

    補足:

    • 上記のコードは、単純な例です。実際のアプリケーションでは、より多くのソースファイルとより複雑なロジックが必要になる場合があります。
    • Windows Phone開発キット(WPDK)をインストールして、Windows Phoneエミュレータまたはデバイスでアプリをデバッグおよびテストする必要があります。

      CMakeは、Windows Phoneアプリ開発に役立つ強力なツールです。WINDOWS_PHONE変数を使用して、ターゲットプラットフォームとビルド設定を指定することができます。この変数を正しく使用することで、Windows Phoneデバイスで実行できるバイナリを生成することができます。



      「WINDOWS_PHONE」の代替方法

      Visual Studioは、Windows Phoneアプリ開発のための統合開発環境(IDE)です。Visual Studioを使用すると、CMakeを使用せずにプロジェクトを作成、ビルド、デバッグ、デプロイすることができます。

      MSBuildは、Microsoftが提供するビルドツールです。MSBuildを使用して、CMakeファイルなしでWindows Phoneアプリをビルドすることができます。

      手動ビルド

      それぞれの方法の利点と欠点

      方法利点欠点
      Visual Studio使いやすい、統合された開発環境を提供するCMakeに比べて柔軟性に欠ける
      MSBuildCMakeよりも柔軟性が高いVisual Studioほど使いやすくはない
      手動ビルド最も柔軟性が高い複雑で時間のかかるプロセス

      「WINDOWS_PHONE」の代替方法はいくつかありますが、それぞれに利点と欠点があります。最良の方法は、個々のニーズと好みによって異なります。

      補足

      • Visual Studioは、Windows Phone開発を始めるための最も一般的な方法です。
      • MSBuildは、より高度な開発者向けのオプションです。
      • 手動ビルドは、経験豊富な開発者のみが使用する必要があります。