【初心者向け】CMakeでターゲット情報を知る!get_target_property()の解説とサンプルコード

2024-06-09

CMake の "Commands" に関連する "get_target_property()" のプログラミング解説

CMake は、クロスプラットフォームな C++ プロジェクトのビルドを自動化するためのオープンソースツールです。 "Commands" は、CMake でビルドプロセスを制御するために使用する命令です。 "get_target_property()" は、ターゲットに設定されたプロパティの値を取得するために使用されるコマンドです。

get_target_property() の構文

get_target_property(VAR TARGET PROPERTY_NAME)

引数

  • VAR: プロパティの値が格納される変数
  • TARGET: プロパティを取得するターゲット
  • PROPERTY_NAME: 取得するプロパティの名前

戻り値

  • プロパティが見つかった場合、プロパティの値が VAR 変数に格納されます。
  • プロパティが見つからない場合、VAR 変数は "NOTFOUND" に設定されます。

add_executable(my_app main.cpp)
set_target_properties(my_app PROPERTIES COMPILE_FLAGS "-Wall")

get_target_property(compile_flags my_app COMPILE_FLAGS)
message(STATUS "Compile flags: ${compile_flags}")

この例では、my_app ターゲットに COMPILE_FLAGS プロパティを設定し、その値を取得しています。 message() コマンドを使用して、取得したプロパティの値をコンソールに出力しています。

  • ターゲットのビルド設定を取得する
  • ターゲットの出力ファイルの場所を取得する
  • get_target_property() は、ターゲットが定義されている CMakeLists.txt ファイル内でのみ使用できます。
  • プロパティが見つからない場合、VAR 変数は "NOTFOUND" に設定されます。この場合、エラーが発生するかどうかは、CMake の設定によって異なります。
  • ターゲットに複数の構成が定義されている場合、どの構成のプロパティを取得するかを指定する必要があります。

    get_target_property() は、ターゲットに設定されたプロパティの値を取得するために使用される便利なコマンドです。 ターゲットのビルド設定、依存関係、出力ファイルの場所などを取得するために使用できます。



    CMake の "get_target_property()" を使用したサンプルコード

    add_executable(my_app main.cpp)
    set_target_properties(my_app PROPERTIES COMPILE_FLAGS "-Wall -O2")
    
    get_target_property(compile_flags my_app COMPILE_FLAGS)
    message(STATUS "Compile flags: ${compile_flags}")
    
    add_executable(my_app main.cpp)
    add_library(my_lib my_lib.cpp)
    target_link_libraries(my_app my_lib)
    
    get_target_property(linked_libraries my_app LINK_LIBRARIES)
    message(STATUS "Linked libraries: ${linked_libraries}")
    

    このコードは、my_app ターゲットが my_lib ライブラリにリンクされていることを確認します。 get_target_property() を使用して my_app ターゲットの LINK_LIBRARIES プロパティを取得し、その値をコンソールに出力します。

    add_executable(my_app main.cpp)
    
    get_target_property(output_file my_app OUTPUT_FILE)
    message(STATUS "Output file: ${output_file}")
    
    add_executable(my_app main.cpp)
    
    get_target_property(target_arch my_app ARCHITECTURE)
    message(STATUS "Target architecture: ${target_arch}")
    

    上記の例は、CMake の get_target_property() コマンドの使い方を示すほんの一例です。 このコマンドは、ターゲットに関するさまざまな情報を取得するために使用できます。



    CMake の "get_target_property()" の代替方法

    一部のプロパティは、target_ 関数を使用して直接取得できます。 例えば、ターゲットの出力ファイルの場所は、次のように取得できます。

    get_target_property(output_file my_app OUTPUT_FILE)
    
    # 代替方法
    
    get_property(output_file TARGET my_app PROPERTY OUTPUT_FILE)
    

    カスタム変数を使用する

    ターゲットのプロパティをカスタム変数に設定し、その変数を使用してプロパティの値を取得することができます。 例えば、次のように COMPILE_FLAGS プロパティをカスタム変数 my_compile_flags に設定できます。

    set(my_compile_flags "-Wall -O2")
    set_target_properties(my_app PROPERTIES COMPILE_FLAGS "${my_compile_flags}")
    
    # 後で使用
    
    message(STATUS "Compile flags: ${my_compile_flags}")
    

    キャッシュを使用する

    CMake のキャッシュを使用して、プロパティの値を保存し、後で取得することができます。 例えば、次のように COMPILE_FLAGS プロパティをキャッシュに保存できます。

    set(CMAKE_CACHE_STRINGS my_compile_FLAGS "-Wall -O2")
    set_target_properties(my_app PROPERTIES COMPILE_FLAGS "${my_compile_FLAGS}")
    

    外部ツールを使用する

    一部のプロパティは、CMake の組み込みコマンドでは取得できない場合があります。 このような場合は、外部ツールを使用してプロパティを取得することができます。 例えば、objdump ツールを使用してターゲットの依存関係を取得することができます。

    execute_process(COMMAND objdump -p ${my_app} OUTPUT_FILE my_app_deps.txt)
    file(READ my_app_deps.txt DEPENDENCIES)
    message(STATUS "Dependencies: ${DEPENDENCIES}")
    

    どの代替方法を使用するかは、状況によって異なります。 以下に、各方法の利点と欠点をまとめました。

    方法利点欠点
    ターゲットの情報を直接取得するシンプルでわかりやすい一部のプロパティは直接取得できない
    カスタム変数を使用する柔軟性が高いコードが冗長になる可能性がある
    キャッシュを使用する性能が向上するキャッシュを更新する必要がある
    外部ツールを使用するほとんどのプロパティを取得できる複雑で、外部ツールのインストールが必要

    "get_target_property()" コマンドは、ターゲットのプロパティを取得するための汎用的な方法ですが、状況によっては代替方法の方が適切な場合があります。 上記の情報を参考に、最適な方法を選択してください。