std::basic_string::dataを使いこなして、C++プログラミングをもっと楽しく!

2024-04-02

C++のStringsにおけるstd::basic_string::data

概要

  • std::basic_string::data は、std::basic_string オブジェクト内の文字列データへのポインタを返します。
  • 返されたポインタは、const であり、文字列データの変更はできません。
  • 返されたポインタは、std::basic_string オブジェクトの生存期間中は有効です。
  • 空の std::basic_string オブジェクトの場合、data() は空のポインタを返します。

コード例

#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列データへのポインタを取得
  const char* data = str.data();

  // ポインタを使用して文字列を出力
  for (int i = 0; i < str.size(); ++i) {
    std::cout << data[i];
  }

  std::cout << std::endl;

  return 0;
}

出力例

Hello, world!

詳細

  • std::basic_string::data は、const メンバ関数であるため、std::basic_string オブジェクトの状態を変更することはできません。
  • 返されたポインタは、std::basic_string オブジェクトの生存期間中は有効です。つまり、std::basic_string オブジェクトがスコープ外に出ると、ポインタは無効になります。
  • 空の std::basic_string オブジェクトの場合、data() は空のポインタを返します。

注意事項

  • std::basic_string::data で返されたポインタは、const であるため、文字列データの変更はできません。
  • 返されたポインタは、std::basic_string オブジェクトの生存期間中は有効です。つまり、std::basic_string オブジェクトがスコープ外に出ると、ポインタは無効になります。
  • 空の std::basic_string オブジェクトの場合、data() は空のポインタを返します。


std::basic_string::data のサンプルコード

#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列データへのポインタを取得
  const char* data = str.data();

  // ポインタを使用して文字列を出力
  for (int i = 0; i < str.size(); ++i) {
    std::cout << data[i];
  }

  std::cout << std::endl;

  return 0;
}

出力例

Hello, world!

文字列データへのポインタを使用して、文字列を比較する

#include <string>

int main() {
  std::string str1 = "Hello, world!";
  std::string str2 = "Hello, world!";

  // 文字列データへのポインタを取得
  const char* data1 = str1.data();
  const char* data2 = str2.data();

  // ポインタを使用して文字列を比較
  bool equal = (std::strcmp(data1, data2) == 0);

  std::cout << "str1 and str2 are equal: " << std::boolalpha << equal << std::endl;

  return 0;
}

出力例

str1 and str2 are equal: true

文字列データへのポインタを使用して、文字列を連結する

#include <string>

int main() {
  std::string str1 = "Hello, ";
  std::string str2 = "world!";

  // 文字列データへのポインタを取得
  const char* data1 = str1.data();
  const char* data2 = str2.data();

  // ポインタを使用して文字列を連結
  size_t len1 = str1.size();
  size_t len2 = str2.size();
  char* concatenated_str = new char[len1 + len2 + 1];
  std::memcpy(concatenated_str, data1, len1);
  std::memcpy(concatenated_str + len1, data2, len2);
  concatenated_str[len1 + len2] = '\0';

  // 連結された文字列を出力
  std::cout << concatenated_str << std::endl;

  delete[] concatenated_str;

  return 0;
}

出力例

Hello, world!

文字列データへのポインタを使用して、文字列を大文字に変換する

#include <string>
#include <cctype>

int main() {
  std::string str = "hello, world!";

  // 文字列データへのポインタを取得
  char* data = str.data();

  // ポインタを使用して文字列を大文字に変換
  for (int i = 0; i < str.size(); ++i) {
    data[i] = std::toupper(data[i]);
  }

  // 変換された文字列を出力
  std::cout << str << std::endl;

  return 0;
}

出力例

HELLO, WORLD!

文字列データへのポインタを使用して、文字列からスペースを除去する

#include <string>
#include <algorithm>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列データへのポインタを取得
  char* data = str.data();

  // ポインタを使用して文字列からスペースを除去
  str.erase(std::remove_if(data, data + str.size(), [](char c) { return c == ' '; }), str.end());

  // スペースを除去した文字列を出力
  std::cout << str << std::endl;

  return 0;
}

出力例

Hello,world!

文字列データへのポインタを使用して、部分文字列を検索する

#include <string>
#include <algorithm>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列データへのポインタを取得
  const char* data = str.data();

  // ポインタを使用して部分文字列を検索
  auto


std::basic_string::data 以外の方法

文字列データへのアクセス

  • std::basic_string::operator[]
  • std::basic_string::at
  • std::basic_string::c_str
  • std::basic_string::front
  • std::basic_string::back

文字列の操作

  • std::basic_string::assign
  • std::basic_string::append
  • std::basic_string::insert
  • std::basic_string::erase
  • std::basic_string::replace
  • std::basic_string::find
  • std::basic_string::compare

文字列の変換

  • std::basic_string::to_upper
  • std::basic_string::to_lower
  • std::basic_string::to_string
  • std::basic_string:: stoi
  • std::basic_string:: stod
  • std::basic_string:: stof

文字列データへのアクセス

#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列データへのアクセス
  char c1 = str[0]; // 'H'
  char c2 = str.at(1); // 'e'
  const char* c_str = str.c_str(); // "Hello, world!"
  char c3 = str.front(); // 'H'
  char c4 = str.back(); // '!'

  std::cout << c1 << std::endl;
  std::cout << c2 << std::endl;
  std::cout << c_str << std::endl;
  std::cout << c3 << std::endl;
  std::cout << c4 << std::endl;

  return 0;
}

出力例

H
e
Hello, world!
H
!

文字列の操作

#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列の操作
  str.assign("Goodbye, world!"); // "Goodbye, world!"
  str.append("!"); // "Goodbye, world!!"
  str.insert(7, " cruel "); // "Goodbye, cruel world!!"
  str.erase(7, 6); // "Goodbye, world!!"
  str.replace(7, 7, "beautiful"); // "Goodbye, beautiful world!!"

  std::cout << str << std::endl;

  return 0;
}

出力例

Goodbye, beautiful world!!

文字列の変換

#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列の変換
  std::string upper = str.to_upper(); // "HELLO, WORLD!"
  std::string lower = str.to_lower(); // "hello, world!"
  int i = std::stoi(str); // 0
  double d = std::stod(str); // 0.0
  float f = std::stof(str); // 0.0f

  std::cout << upper << std::endl;
  std::cout << lower << std::endl;
  std::cout << i << std::endl;
  std::cout << d << std::endl;
  std::cout << f << std::endl;

  return 0;
}

出力例

HELLO, WORLD!
hello, world!
0
0
0



C++ Strings で std::basic_string::npos を使用したサンプルコード

npos の意味最大値: npos は、size_t 型で表現可能な最大値に設定されています。文字列の終端: find() や find_first_of() などの関数で npos を引数として渡すと、文字列の終端まで検索することを意味します。



std::wstring_convertクラス:std::wcsrtombs関数のより安全な代替手段

std::wcsrtombs は、ワイド文字列をマルチバイト文字列に変換する関数です。これは、異なる文字エンコーディングを使用するシステム間で文字列データを交換する必要がある場合に役立ちます。機能std::wcsrtombs は以下の機能を提供します。


std::basic_string_view::find_last_of の使い方:C++で文字列の最後の出現位置を探す

引数: str: 検索対象となる文字列 pos: 検索を開始する位置(省略可能、デフォルトは文字列末尾)str: 検索対象となる文字列pos: 検索を開始する位置(省略可能、デフォルトは文字列末尾)返値: 見つかった場合は、最後の出現位置 見つからない場合は、std::basic_string_view::npos


C++ の Strings における std::basic_string::resize の詳細解説

この解説では、以下の内容を詳細に説明します:std::basic_string::resize の概要: 機能 引数 戻り値 例機能引数戻り値例メモリ管理: 文字列の拡張と縮小 デフォルト初期化 明示的な初期化文字列の拡張と縮小デフォルト初期化


C++ std::basic_string::ends_with 関数徹底解説

std::basic_string::ends_with 関数は、指定された文字列がストリングの末尾に一致するかどうかを検証します。一致する場合は true、一致しない場合は false を返します。構文パラメータsv: 一致させる文字列を表す std::basic_string_view オブジェクト



C++ Strings で std::basic_string::npos を使用したサンプルコード

npos の意味最大値: npos は、size_t 型で表現可能な最大値に設定されています。文字列の終端: find() や find_first_of() などの関数で npos を引数として渡すと、文字列の終端まで検索することを意味します。


C++ の Strings における std::basic_string_view 推論ガイド

推論ガイドは、テンプレートクラスの型引数を自動的に推論するための機能です。std::basic_string_view クラスには、以下の推論ガイドが用意されています。文字列リテラルから推論このコードでは、文字列リテラル "Hello, world!" から std::basic_string_view<char> 型のオブジェクトが自動的に生成されます。


C++ Strings: std::basic_string::assign_range 関数徹底解説

std::basic_string::assign_range は、C++ 標準ライブラリ std::string クラスのメンバー関数で、指定された範囲の要素を使って文字列の内容を置き換えます。これは、文字列を効率的に初期化または変更したい場合に便利な関数です。


std::basic_stringを使いこなして、C++で文字列を自在に操る

std::basic_stringは、C++標準ライブラリで提供される汎用的な文字列クラスです。文字列の格納、操作、比較など、文字列処理に必要な機能を網羅しています。主な特徴:様々な文字型に対応:char、wchar_t、char16_t、char32_tなど


std::stoi、std::stol、std::stoull:詳細解説

本解説では、以下の内容を詳細に説明します:std::atoll の概要: 動作 型 ヘッダーファイル 引数 戻り値動作型ヘッダーファイル引数戻り値std::atoll の使用方法: 基本的な例 エラー処理 文字列ストリームとの比較基本的な例