C++ Strings で std::basic_string::npos を使用したサンプルコード

2024-04-02

C++ の Strings における std::basic_string::npos の役割

npos の意味

  • 最大値: npos は、size_t 型で表現可能な最大値に設定されています。
  • 文字列の終端: find()find_first_of() などの関数で npos を引数として渡すと、文字列の終端まで検索することを意味します。
  • 検索失敗: find()find_first_of() などの関数が検索対象を見つけられなかった場合、npos を返します。

npos の使い方

文字列の終端を表す

std::string str = "Hello, world!";

// 文字列 "world" の位置を取得
size_t pos = str.find("world");

// "world" が見つかった場合は、その位置を出力
if (pos != std::basic_string::npos) {
  std::cout << "Found at position " << pos << std::endl;
} else {
  std::cout << "Not found" << std::endl;
}

検索失敗を表す

std::string str = "Hello, world!";

// 文字列 "xyz" の位置を取得
size_t pos = str.find("xyz");

// "xyz" は見つからないので、npos が返される
if (pos == std::basic_string::npos) {
  std::cout << "Not found" << std::endl;
}

その他の用途

npos は、文字列操作関数の引数としてだけでなく、さまざまな状況で使用できます。例えば、文字列の長さを比較したり、空の文字列かどうかをチェックしたりするのに役立ちます。

std::basic_string::npos は、C++ の Strings における重要な概念です。その意味と使い方を理解することで、より効率的で正確なコードを書くことができます。



std::basic_string::npos のサンプルコード

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列 "world" の位置を取得
  size_t pos = str.find("world");

  // "world" が見つかった場合は、その位置を出力
  if (pos != std::basic_string::npos) {
    std::cout << "Found at position " << pos << std::endl;
  } else {
    std::cout << "Not found" << std::endl;
  }

  return 0;
}

検索失敗

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列 "xyz" の位置を取得
  size_t pos = str.find("xyz");

  // "xyz" は見つからないので、npos が返される
  if (pos == std::basic_string::npos) {
    std::cout << "Not found" << std::endl;
  }

  return 0;
}

文字列の長さの比較

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str1 = "Hello";
  std::string str2 = "World";

  // str1 の長さが str2 より長い場合は "str1 is longer" を出力
  if (str1.length() > str2.length()) {
    std::cout << "str1 is longer" << std::endl;
  } else {
    std::cout << "str2 is longer" << std::endl;
  }

  return 0;
}

空の文字列かどうかチェック

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "";

  // str が空の文字列であれば "str is empty" を出力
  if (str.empty()) {
    std::cout << "str is empty" << std::endl;
  } else {
    std::cout << "str is not empty" << std::endl;
  }

  return 0;
}

文字列の連結

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str1 = "Hello";
  std::string str2 = "World";

  // str1 と str2 を連結して "Hello World" を出力
  std::string str3 = str1 + " " + str2;
  std::cout << str3 << std::endl;

  return 0;
}

部分文字列の検索

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列 "world" の位置を取得
  size_t pos = str.find("world");

  // "world" が見つかった場合は、その位置を出力
  if (pos != std::basic_string::npos) {
    std::cout << "Found at position " << pos << std::endl;
  } else {
    std::cout << "Not found" << std::endl;
  }

  return 0;
}

部分文字列の置換

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列 "world" を "universe" で置換
  str.replace(pos, str.length() - pos, "universe");

  // 結果: "Hello, universe!"
  std::cout << str << std::endl;

  return 0;
}

文字列の大文字・小文字変換

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // str をすべて小文字に変換
  std::transform(str.begin(), str.end(), str.begin(), ::tolower);

  // 結果: "hello, world!"
  std::cout << str << std::endl;

  return 0;
}

**9. 文字列の分割



std::basic_string::npos を使用するその他の方法

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列 "world" が範囲内に収まるかどうかをチェック
  if (pos + str.length() <= str.size()) {
    // 範囲内に収まる
  } else {
    // 範囲外
  }

  return 0;
}

文字列の比較

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str1 = "Hello";
  std::string str2 = "World";

  // str1 と str2 が同じかどうかをチェック
  if (str1.compare(str2) == 0) {
    // 同じ
  } else {
    // 異なる
  }

  return 0;
}

文字列のフォーマット

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, %s!";

  // フォーマット文字列を使用して、"world" を挿入
  std::string formatted_str = str.format("world");

  // 結果: "Hello, world!"
  std::cout << formatted_str << std::endl;

  return 0;
}

文字列のサブ文字列の取得

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列 "world" をサブ文字列として取得
  std::string substring = str.substr(pos, str.length() - pos);

  // 結果: "world!"
  std::cout << substring << std::endl;

  return 0;
}

文字列のトリミング

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "  Hello, world!  ";

  // 文字列の両端の空白文字を削除
  str.trim();

  // 結果: "Hello, world!"
  std::cout << str << std::endl;

  return 0;
}

文字列への文字の追加

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello";

  // 文字列の末尾に '!' を追加
  str.push_back('!');

  // 結果: "Hello!"
  std::cout << str << std::endl;

  return 0;
}

文字列への文字列の追加

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str1 = "Hello";
  std::string str2 = " world!";

  // str1 の末尾に str2 を追加
  str1.append(str2);

  // 結果: "Hello world!"
  std::cout << str1 << std::endl;

  return 0;
}

文字列の削除

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列 "world" を削除
  str.erase(pos, str.length() - pos);

  // 結果: "Hello"
  std::cout << str << std::endl;

  return 0;
}

文字列の挿入

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello";

  // 文字列 "world" を "Hello" の後に挿入
  str.insert(pos, "world");

  // 結果: "Hello world!"
  std::cout << str << std::endl;

  return 0;
}

文字列の逆順

#include <iostream>
#include <string>

int main() {
  std::string str = "Hello, world!";

  // 文字列を逆順にする
  std::reverse(str.begin(), str.end());

  // 結果: "!dlrow ,olleH"
  std::cout



C++ の Strings における std::wcslen 関数の詳細解説

std::wcslen 関数の使い方std::wcslen 関数の使い方は非常に簡単です。以下のコード例のように、取得したいワイド文字列の先頭アドレスを関数に渡すだけです。std::wcslen 関数の詳細引数: str: ワイド文字列の先頭アドレス



Strings ライブラリを使いこなす:主要メソッドとサンプルコード

C++ では、文字列リテラルは二重引用符で囲まれた文字列として表現されます。例えば、 "Hello, world!" は文字列リテラルです。しかし、C 言語の文字列配列とは異なり、C++ では文字列リテラルは直接変更できません。文字列を編集するには、std::string クラスのオブジェクトを作成する必要があります。


C++ の Strings における std::basic_string::resize の詳細解説

この解説では、以下の内容を詳細に説明します:std::basic_string::resize の概要: 機能 引数 戻り値 例機能引数戻り値例メモリ管理: 文字列の拡張と縮小 デフォルト初期化 明示的な初期化文字列の拡張と縮小デフォルト初期化


C++ プログラミング:std::basic_string_view::empty を使って空の文字列ビューを検出する

概要機能: 文字列ビューが空かどうかを確認戻り値: 空の場合: true 空でない場合: false空の場合: true空でない場合: falseヘッダーファイル: <string_view>使用例:詳細std::basic_string_view は、C++17で導入されたクラスです。これは、std::string クラスと似ていますが、文字列を所有せず、参照のみを提供します。


std::char_traits::eof を使って C++ の Strings を操作する方法

文字列の終端をチェックする: std::char_traits::eof を使って、文字列がどこで終わるかを判断することができます。文字列の長さを計算する: std::char_traits::eof を使って、文字列の長さを計算することができます。



C++ プログラミング:std::basic_string_view::empty を使って空の文字列ビューを検出する

概要機能: 文字列ビューが空かどうかを確認戻り値: 空の場合: true 空でない場合: false空の場合: true空でない場合: falseヘッダーファイル: <string_view>使用例:詳細std::basic_string_view は、C++17で導入されたクラスです。これは、std::string クラスと似ていますが、文字列を所有せず、参照のみを提供します。


C++ Strings の魔法使い:std::stoi で文字列を整数に変換する

この解説では、std::stoi の使い方を分かりやすく説明し、さらにその仕組みや注意点についても詳しく掘り下げていきます。std::stoi は、string 型の文字列を受け取り、それを int 型の整数に変換する関数です。使い方はとても簡単で、以下のコードのように記述します。


std::basic_string::c_str関数を使いこなしてC++の文字列操作をマスターしよう!

Cスタイルの文字列とは、文字列の最後にヌル文字('\0')が追加された文字列の配列です。C言語では、文字列は基本的にこの形式で扱われます。std::basic_string::c_str関数は、std::basic_stringオブジェクトの内容をCスタイルの文字列に変換し、そのポインタを返します。このポインタは、C言語の文字列関数で使用することができます。


C++のstd::basic_string::assign関数:初心者向けチュートリアル

この関数は、initializer list を受け取り、その内容を std::string に割り当てます。initializer list は、カンマで区切られた値のリストです。assign 関数は、initializer list 以外にも様々なパラメータを受け取ることができます。


std::basic_string::crbegin関数とstd::reverse_iteratorの比較

std::basic_string::crbegin は、C++ 標準ライブラリで提供されている std::basic_string クラスのメンバ関数です。この関数は、文字列の逆順を指す 読み取り専用 イテレータを返します。つまり、文字列の最後の文字から最初の文字に向かってイテレートすることができます。