C++の「std::wcstoimax」でワイド文字列を整数に変換:詳細解説とサンプルコード

2024-05-03

C++ の "Strings" に関連する "std::wcstoimax" のプログラミング解説

概要

std::wcstoimax は、C++ の標準ライブラリに含まれる関数で、ワイド文字列 (wstring) を指定した基数に基づいて整数値に変換します。これは、std::stoi() 関数のワイド文字列バージョンと考えることができます。

構文

intmax_t wcstoimax(const wchar_t* nptr, wchar_t** endptr, int base);

パラメータ

  • nptr: 変換対象のワイド文字列を指すポインタ
  • endptr: 変換後の文字列の終端位置を指すポインタ
  • base: 変換基数 (2から36までの整数)

戻り値

変換に成功した場合、変換された整数値を返します。変換に失敗した場合、0 を返します。

詳細

std::wcstoimax は、nptr で指されるワイド文字列を解析し、指定された base 基数に基づいて整数値に変換します。ワイド文字列の先頭から、空白文字 (std::iswspace() で判定) 以外の最初の文字までスキップし、その後の文字列を整数値として解釈します。整数値は、符号 (+/-)、基数接頭辞 (0 [八進数], 0x/0X [十六進数])、数字列で構成されます。

基数が 0 の場合、基数は自動的に検出されます。接頭辞 0 がある場合は八進数、0x または 0X がある場合は十六進数、それ以外の場合は十進数として解釈されます。

変換に成功した場合、endptr は変換後の文字列の終端位置を指すように設定されます。変換に失敗した場合、endptr は変更されません。

#include <iostream>
#include <cinttypes>

int main() {
  wchar_t str[] = L"12345";
  intmax_t value;

  // 十進数に変換
  value = std::wcstoimax(str, nullptr, 10);
  std::cout << str << " in base 10 is " << value << std::endl;

  // 十六進数に変換
  value = std::wcstoimax(str, nullptr, 16);
  std::cout << str << " in base 16 is " << value << std::endl;

  return 0;
}

このプログラムは、str ワイド文字列を 10 基数と 16 基数に基づいて整数値に変換し、結果を出力します。

補足

  • std::wcstoimax は、ワイド文字列の整数値変換以外にも、文字列の比較、検索などに利用できます。
  • C++ で文字列を扱う際には、標準ライブラリの string クラスや wstring クラスを利用すると便利です。
  • 詳細については、C++ の標準ライブラリのドキュメントを参照してください。


様々なサンプルコードをお探しとのことですね。より具体的なご要望をお伺いできれば、より適切な情報提供が可能になります。

以下、いくつかの例を挙げさせていただきますので、ご参考ください。

プログラミング言語

  • C++
  • Python
  • Java
  • JavaScript
  • Go
  • Rust

フレームワーク

  • Django (Python)
  • React (JavaScript)
  • Spring Boot (Java)
  • Laravel (PHP)
  • Ruby on Rails (Ruby)

ライブラリ

  • TensorFlow (機械学習)
  • NumPy (科学計算)
  • Pandas (データ分析)
  • Matplotlib (データ可視化)

API

  • Google Maps API
  • OpenWeatherMap API
  • Twitter API
  • Facebook Graph API
  • Webスクレイピング
  • ネットワークプログラミング
  • ゲーム開発
  • モバイルアプリ開発

上記以外にも、様々なサンプルコードが公開されています。どのようなサンプルコードをお探しなのか、もう少し詳しく教えていただけますか?

具体的なご要望をお伺いできれば、より適切な情報提供が可能になります。

ご質問をお待ちしております。



Sure, here are some alternative ways to convert a wide string to an integer in C++:

Using std::wcstol()

The std::wcstol() function is similar to std::wcstoimax(), but it converts the wide string to a signed integer value. The syntax is as follows:

long wcstol(const wchar_t* nptr, wchar_t** endptr, int base);

The parameters and return value are the same as std::wcstoimax().

Using std::wstringstream and std::stoi()

This method involves creating a std::wstringstream object and inserting the wide string into it. Then, you can use the std::stoi() function to extract the integer value from the std::wstringstream object. The syntax is as follows:

#include <sstream>

int main() {
  wchar_t str[] = L"12345";
  int value;

  std::wstringstream ss(str);
  ss >> value;

  std::cout << str << " is " << value << std::endl;

  return 0;
}

Using manual parsing

You can also manually parse the wide string to extract the integer value. This involves iterating over the characters in the wide string and converting each character to its corresponding digit. This method is more complex than the other methods, but it can be more efficient for small strings.

Here is an example of how to manually parse a wide string in base 10:

int wcstoi_manual(const wchar_t* str, wchar_t** endptr) {
  int value = 0;
  bool is_negative = false;

  while (*str != L'\0') {
    if (*str == L'-') {
      is_negative = true;
    } else if (*str >= L'0' && *str <= L'9') {
      value = value * 10 + (*str - L'0');
    } else {
      break;
    }

    ++str;
  }

  if (is_negative) {
    value = -value;
  }

  *endptr = str;
  return value;
}

Using a third-party library

There are also a number of third-party libraries that can be used to convert wide strings to integers. One popular library is Boost.LexicalCast: https://www.boost.org/doc/libs/1_85_0/doc/html/boost_lexical_cast.html.

Which method should I use?

The best method to use depends on your specific needs. If you need to convert a wide string to an integer quickly and easily, then std::wcstoimax() or std::wcstol() is a good choice. If you need to convert a wide string to an integer in a more controlled way, then std::wstringstream and std::stoi() may be a better choice. If you need to convert a wide string to an integer in a very specific way, then manual parsing may be the best choice. And finally, if you need to convert wide strings to integers frequently, then a third-party library may be a good choice.

I hope this helps! Let me know if you have any other questions.