":past" セレクターの代替方法:JavaScript、:visited、データ属性、カスタムセレクター

2024-04-06

CSSセレクター ":past" の解説

例:

a:past {
  color: red;
}

上記のコードでは、過去にマウスポインターが乗っていたすべてのリンクは赤色で表示されます。

:past は、以下の要素に対してのみ使用できます。

  • リンク (a 要素)
  • フォームコントロール (input, textarea, select など)
  • ボタン (button 要素)

:past は、他の擬似クラスセレクターと組み合わせて使用することもできます。

例:

a:hover:past {
  color: blue;
}

上記のコードでは、過去にマウスポインターが乗っていたリンクは、現在マウスポインターが乗っているかどうか関係なく青色で表示されます。

:past は、ユーザーインターフェースの利便性を向上させるために使用できます。例えば、過去にクリックされたボタンを強調表示したり、過去に閲覧されたページにスタイルを適用したりすることができます。

注意点:

  • :past は、ユーザーのプライバシーを侵害する可能性があります。 ユーザーの閲覧履歴を追跡するために使用することは避けてください。


CSS セレクター ":past" のサンプルコード

過去にマウスポインターが乗っていたリンクを強調表示する

a:past {
  color: red;
}

過去にクリックされたボタンを強調表示する

button:past {
  background-color: yellow;
}

過去に閲覧されたページに背景色を適用する

body:past {
  background-color: #ccc;
}

過去にフォーカスされたフォームコントロールに枠線を適用する

input:past,
textarea:past,
select:past {
  border: 1px solid red;
}

過去にマウスポインターが乗っていた要素とその子孫要素にスタイルを適用する

a:past,
a:past * {
  color: blue;
}

過去にクリックされたボタンとその子孫要素にスタイルを適用する

button:past,
button:past * {
  font-weight: bold;
}

過去に閲覧されたページとその子孫要素にスタイルを適用する

body:past,
body:past * {
  text-align: center;
}

:hover と組み合わせて、過去にマウスポインターが乗っていた要素と現在マウスポインターが乗っている要素を区別する

a:hover:past {
  color: red;
}

a:hover {
  color: blue;
}

:active と組み合わせて、過去にクリックされた要素と現在クリックされている要素を区別する

button:active:past {
  background-color: yellow;
}

button:active {
  background-color: orange;
}

:focus と組み合わせて、過去にフォーカスされた要素と現在フォーカスされている要素を区別する

input:focus:past,
textarea:focus:past,
select:focus:past {
  border: 1px solid red;
}

input:focus,
textarea:focus,
select:focus {
  border: 1px solid blue;
}

これらのサンプルコードは、:past セレクターの様々な使用方法を示しています。これらのコードを参考に、自分のニーズに合ったスタイルを適用してください。

**:past` は、ユーザーインターフェースをより動的でインタラクティブなものにするために使用できる強力なツールです。しかし、使用には注意が必要です。



CSS セレクター ":past" の代替方法

JavaScriptを使用すれば、ユーザーの操作履歴を追跡し、それに応じてスタイルを動的に変更することができます。

例:

<script>
const links = document.querySelectorAll('a');

for (const link of links) {
  link.addEventListener('mouseover', () => {
    link.classList.add('past');
  });
}
</script>

上記のコードでは、すべてのリンクに past クラスを追加します。ユーザーがリンクにマウスポインターを乗せると、past クラスが追加され、スタイルが変更されます。

:visited セレクターは、過去に閲覧されたリンクを選択するために使用できます。ただし、:visited セレクターは、ユーザーがブラウザの履歴をクリアした場合に機能しなくなる可能性があります。

例:

a:visited {
  color: red;
}

上記のコードでは、過去に閲覧されたすべてのリンクは赤色で表示されます。

データ属性を使用して、要素の状態を保存することができます。

例:

<a href="#" data-visited="false">リンク</a>
a[data-visited="true"] {
  color: red;
}

上記のコードでは、data-visited 属性を使用して、リンクが過去に閲覧されたかどうかを保存します。ユーザーがリンクをクリックすると、data-visited 属性の値を true に変更します。その後、a[data-visited="true"] セレクターを使用して、過去に閲覧されたリンクにスタイルを適用することができます。

カスタムセレクターを使用する

CSS3では、カスタムセレクターを作成することができます。カスタムセレクターを使用して、:past セレクターの機能を再現することができます。

例:

@custom-selector :past {
  /* :past セレクターの処理 */
}

a:past {
  @apply :past;
}

上記のコードでは、@custom-selector を使用して :past というカスタムセレクターを作成します。その後、:past セレクターを使用して、a 要素に :past カスタムセレクターを適用します。

これらの代替方法は、:past セレクターの代わりに使用することができます。それぞれの方法にはメリットとデメリットがあるので、自分のニーズに合った方法を選択してください。




ゲーム理論:ビジネス、政治、日常生活に潜む戦略的思考

ゲーム理論の基本的な要素は以下の3つです。プレイヤー: 意思決定を行う主体戦略: プレイヤーが選択できる行動の選択肢利得: プレイヤーが各戦略を選択したときの得られる利益ゲーム理論は、これらの要素を数学的なモデルを用いて分析することで、プレイヤーがどのような戦略を選択するのか、どのような結果になるのかを予測することができます。



CSSでセピア色の世界へようこそ!画像や要素をレトロに変身させる魔法の方法

CSSの「Filter Effects」機能の一つである「sepia()」は、画像や要素をモノクロ化し、茶褐色(セピア色)のトーンを適用する関数です。古い写真のようなレトロな雰囲気を演出したい場合などに効果的に使用できます。構文n は、セピア色の強さを表す数値です。0.0の場合は元の画像の色合いが維持され、1.0になると完全にセピア色になります。


デバイスに合わせた最適な表示: CSS Media Queriesと@media.monochrome

@media. monochromeは、モノクロディスプレイ向けのスタイルシートを指定するメディアクエリです。カラーディスプレイではないデバイスで、どのようにコンテンツを表示するかを制御できます。利用例:上記の例では、モノクロディスプレイでは背景色を白、テキスト色を黒に設定しています。


@media.any-pointer 完全ガイド: タッチスクリーンデバイスとペン入力デバイス向けスタイルシート

@media. any-pointer は、ユーザーが タッチスクリーン や ペン などのポインティングデバイスを使用しているかどうかを検知する CSS メディアクエリです。デバイスの種類に関わらず、これらのデバイスで操作しやすいようにスタイルを調整できます。


初心者向け!CSSのMedia Queriesと@media.device-widthでレスポンシブデザインを作ろう

@media. device-widthは、デバイスの幅に基づいてスタイルシートを切り替えるためのメディアクエリです。例えば、以下のように記述することで、スマートフォンとタブレット、デスクトップそれぞれに異なるスタイルを適用できます。@media



ゲーム理論:ビジネス、政治、日常生活に潜む戦略的思考

ゲーム理論の基本的な要素は以下の3つです。プレイヤー: 意思決定を行う主体戦略: プレイヤーが選択できる行動の選択肢利得: プレイヤーが各戦略を選択したときの得られる利益ゲーム理論は、これらの要素を数学的なモデルを用いて分析することで、プレイヤーがどのような戦略を選択するのか、どのような結果になるのかを予測することができます。


円形、楕円形、波形... `` で表現できる形状のすべて

CSS Miscellaneous の <basic-shape> は、円形や楕円形などの基本的な形状を生成するプロパティです。従来の画像や SVG を用いる方法と比べて軽量で柔軟なデザインを実現できます。この解説では、<basic-shape> の基本的な使い方から、応用的な表現まで、分かりやすくご紹介します。


再生中の動画に赤い枠線? 一時停止中はボタンを表示? :playing セレクターで実現できる驚きの演出

主な用途再生中のメディア要素にスタイルを適用再生中の要素を強調再生状態に基づいてコンテンツを変化詳細説明:playing は、以下の条件を満たす要素を選択します。<audio> または <video> 要素であるautoplay 属性が設定されている


CSS フローレイアウトとライティングモードの参考資料

CSS フローレイアウトは、HTML 要素を画面に配置するための基本的な仕組みです。これは、ブロック要素とインライン要素をどのように配置するか、そして書字方向がどのようにレイアウトに影響するかを定義します。ブロック要素とインライン要素ブロック要素は、水平方向に並ぶ独立した領域を形成します。例えば、div、p、h1 などがブロック要素です。


CSSカラースキームを使いこなして、アクセシビリティと使いやすさを向上させる

CSSのcolor-schemeプロパティは、ユーザーのシステム設定に基づいて、ページ全体のカラーパレットを調整することができます。これは、ユーザーインターフェースのアクセシビリティと使いやすさを向上させるために役立ちます。カラースキームの種類