【画像・要素を中央に配置】CSSの「scroll-snap-align」で実現するスクロールスナップ配置の全貌

2024-04-02

CSS スクロールスナップ配置(scroll-snap-align)解説

scroll-snap-align は、スクロールスナップ機能で要素をどのように配置するかを制御する CSS プロパティです。このプロパティを使用することで、スクロール時に要素を画面の中央や端などにピタッと配置することができます。

使い方

scroll-snap-align プロパティは、以下の2つの値を指定できます。

  • start: 要素の開始位置をスナップポイントに配置します。
  • center: 要素の中央をスナップポイントに配置します。
  • end: 要素の終了位置をスナップポイントに配置します。

以下の例では、scroll-snap-align プロパティを使用して、画像を画面の中央に配置します。

<div class="container">
  <img src="image.jpg" alt="Image">
</div>
.container {
  height: 200px;
  overflow-y: scroll;
  scroll-snap-type: y mandatory;
}

.container img {
  scroll-snap-align: center;
}

注意点

  • scroll-snap-align プロパティは、scroll-snap-type プロパティが y または x に設定されている場合にのみ有効です。
  • scroll-snap-align プロパティは、子要素に対してのみ適用されます。親要素に対しては適用されません。


スクロールスナップ配置(scroll-snap-align)サンプルコード

画像を画面中央に配置

<div class="container">
  <img src="image.jpg" alt="Image">
</div>
.container {
  height: 200px;
  overflow-y: scroll;
  scroll-snap-type: y mandatory;
}

.container img {
  scroll-snap-align: center;
}

要素を左右に並べて配置

<div class="container">
  <div class="item">Item 1</div>
  <div class="item">Item 2</div>
  <div class="item">Item 3</div>
</div>
.container {
  width: 400px;
  height: 200px;
  overflow-x: scroll;
  scroll-snap-type: x mandatory;
}

.item {
  width: 100px;
  height: 100px;
  background-color: #ccc;
  margin: 10px;
  scroll-snap-align: center;
}

要素を画面端と中央に交互に配置

<div class="container">
  <div class="item">Item 1</div>
  <div class="item">Item 2</div>
  <div class="item">Item 3</div>
  <div class="item">Item 4</div>
</div>
.container {
  width: 400px;
  height: 200px;
  overflow-x: scroll;
  scroll-snap-type: x mandatory;
}

.item {
  width: 100px;
  height: 100px;
  background-color: #ccc;
  margin: 10px;

  &:nth-child(even) {
    scroll-snap-align: start;
  }

  &:nth-child(odd) {
    scroll-snap-align: center;
  }
}

要素を画面端と中央にアニメーションで配置

<div class="container">
  <div class="item">Item 1</div>
  <div class="item">Item 2</div>
  <div class="item">Item 3</div>
  <div class="item">Item 4</div>
</div>
.container {
  width: 400px;
  height: 200px;
  overflow-x: scroll;
  scroll-snap-type: x mandatory;
}

.item {
  width: 100px;
  height: 100px;
  background-color: #ccc;
  margin: 10px;

  &.active {
    scroll-snap-align: center;
    animation: scroll-snap 1s ease-in-out infinite;
  }

  @keyframes scroll-snap {
    0% {
      scroll-snap-align: start;
    }

    50% {
      scroll-snap-align: center;
    }

    100% {
      scroll-snap-align: start;
    }
  }
}

.container:hover .item:nth-child(2) {
  &.active {
    animation-play-state: running;
  }
}


スクロールスナップ配置(scroll-snap-align)のその他の方法

margin プロパティを使用して、要素を左右に中央配置することができます。

<div class="container">
  <div class="item">Item 1</div>
  <div class="item">Item 2</div>
  <div class="item">Item 3</div>
</div>
.container {
  width: 400px;
  height: 200px;
  overflow-x: scroll;
  scroll-snap-type: x mandatory;
}

.item {
  width: 100px;
  height: 100px;
  background-color: #ccc;
  margin: 0 auto;
}

flexbox を使用して、要素を左右に中央配置することができます。

<div class="container">
  <div class="item">Item 1</div>
  <div class="item">Item 2</div>
  <div class="item">Item 3</div>
</div>
.container {
  width: 400px;
  height: 200px;
  overflow-x: scroll;
  scroll-snap-type: x mandatory;
  display: flex;
  justify-content: center;
}

.item {
  width: 100px;
  height: 100px;
  background-color: #ccc;
}

CSS Grid を使用して、要素を左右に中央配置することができます。

<div class="container">
  <div class="item">Item 1</div>
  <div class="item">Item 2</div>
  <div class="item">Item 3</div>
</div>
.container {
  width: 400px;
  height: 200px;
  overflow-x: scroll;
  scroll-snap-type: x mandatory;
  display: grid;
  place-items: center;
}

.item {
  width: 100px;
  height: 100px;
  background-color: #ccc;
}

これらの方法は、scroll-snap-align プロパティよりも古いブラウザで動作する可能性があります。

注意点

これらの方法は、scroll-snap-align プロパティと組み合わせて使用することはできません。

scroll-snap-align プロパティ以外にも、スクロールスナップ配置を実現する方法があります。これらの方法を参考に、さまざまなスクロールスナップ配置を試してみてください。




CSSでセピア色の世界へようこそ!画像や要素をレトロに変身させる魔法の方法

CSSの「Filter Effects」機能の一つである「sepia()」は、画像や要素をモノクロ化し、茶褐色(セピア色)のトーンを適用する関数です。古い写真のようなレトロな雰囲気を演出したい場合などに効果的に使用できます。構文n は、セピア色の強さを表す数値です。0.0の場合は元の画像の色合いが維持され、1.0になると完全にセピア色になります。



CSSグラデーションでsin関数を活用して円形グラデーションや波形グラデーションを作成する方法

sin関数は以下の構文で記述します。<angle> は角度を指定します。角度は度数法またはラジアン法で指定できます。例:sin関数はアニメーションのタイミング関数として使用できます。例えば、以下のようなコードは、要素を上下に波打たせるアニメーションを作成します。


スクロール連動アニメーションの作り方:CSS vs JavaScript

概要動作環境: 主要なブラウザでサポートされています。利点: コード量が少なく、記述がシンプル スクロール量とアニメーションを直接結びつけ、直感的に操作可能 高度なアニメーションも容易に実現コード量が少なく、記述がシンプルスクロール量とアニメーションを直接結びつけ、直感的に操作可能


CSS Miscellaneous: user-selectプロパティの徹底解説

user-select プロパティは、ユーザーがテキストを選択できるかどうかを制御します。これは、ユーザーインターフェースの利便性を向上させたり、重要なコンテンツを保護したりするために使用できます。値auto: ユーザーがテキストを選択できます。これはデフォルト値です。


まとめ:text-overflow プロパティを使いこなして、見やすく機能的なWebサイトを作ろう!

text-overflow プロパティは、要素内に収まりきらなかったテキストをどのように表示するかを制御します。これは、長いタイトルや文章を扱う際に、見やすくするために役立ちます。値:ellipsis: 省略記号(…)を表示します。これがデフォルト値です。



画像をユニークな形状で切り抜く! CSS mask-composite のすべて

mask-composite は、マスク画像とマスク対象要素をどのように合成するかを指定するプロパティです。画像やテキストをユニークな形状で切り抜き、さまざまな視覚効果を作成するために使用できます。プロパティ値mask-composite は以下の値を受け取ります。


角丸デザインを簡単に実現!CSSのborder-radiusプロパティ

CSSにおける "Miscellaneous" カテゴリは、要素の形状、配置、装飾などをコントロールするプロパティ群を指します。その中でも "round" は、要素の角を丸く表現する機能を提供するプロパティです。round プロパティborder-radius プロパティは、要素の境界線の角の丸みを設定します。値をピクセル単位で指定することで、角の丸み具合を調整できます。


CSSアニメーションの基礎:animation-duration プロパティで動きをデザインしよう

使い方上記例では、element クラスに 2 秒間のアニメーション my-animation を適用しています。プロパティの詳細値 時間:s または ms 単位で指定できます。例:2s、1000ms infinite:アニメーションを無限に繰り返します。


CSSレイアウトの達人になる:z-indexとスタックコンテキストを使いこなすためのチュートリアル

この例では、z-indexとスタックコンテキストの概念を理解するために、複数の要素を重ねて配置する方法について説明します。z-indexは、要素の重なり順を制御するプロパティです。スタックコンテキストは、z-indexが適用される範囲を決定します。


padding-bottom プロパティを使いこなして、Webデザインをレベルアップ

このプロパティを使用する利点:要素の内容と境界線を明確に区別できます。要素内のテキストや画像を整列できます。要素間の余白を調整して、読みやすいレイアウトを作成できます。padding-bottom プロパティの構文は以下の通りです。<length> は、ピクセル (px) やセンチメートル (cm) などの単位で指定できます。<percentage> は、要素の幅に対する割合で指定できます。inherit は、親要素の padding-bottom プロパティの値を継承します。