Cypress Commands: clearコマンドを徹底解説!初心者でもわかる使い方から応用例まで

2024-06-20

Cypress Commands で clear を使う方法:初心者向けガイド

基本的な使い方

cy.get('#input-field').clear();

この例では、#input-field IDを持つ要素を見つけ、その中のテキストを消去します。

clear コマンドの利点

  • テストをより一貫性のあるものにすることができます。古いデータの影響を受けずに、常にクリーンな状態からテストを開始できます。
  • 不要なエラーを防ぐことができます。フォームに入力された古いデータが原因で、テストが失敗するのを防ぐことができます。
  • テストの読みやすさを向上させることができます。clear コマンドを使用することで、テストシナリオの意図が明確になり、他の開発者が理解しやすくなります。
  • clear コマンドは、入力フィールドやテキストエリアのみに使用できます。他の種類の要素に対しては使用できません。
  • clear コマンドを使用すると、入力されたすべてのテキストが消去されます。一部のテキストだけを消去したい場合は、type コマンドと組み合わせて使用する必要があります。
  • clear コマンドは、要素がアクション可能であることを確認してから使用する必要があります。要素がアクション可能でない場合は、waitForElementToBeVisible などのコマンドを使用して、アクション可能になるのを待つ必要があります。

応用例

  • フォームテスト:clear コマンドを使用して、フォームに入力された古いデータを消去してから、新しい値を入力することができます。
  • データ検証テスト:clear コマンドを使用して、入力フィールドに入力された値が空であることを確認することができます。
  • ユーザーフローテスト:clear コマンドを使用して、ユーザーがフォームに入力した値を編集できるようにすることができます。


    例 1:フォームフィールドをクリアする

    この例では、#username#password という ID を持つ入力フィールドをクリアします。

    cy.get('#username').clear();
    cy.get('#password').clear();
    

    例 2:テキストエリアをクリアする

    この例では、#message という ID を持つテキストエリアをクリアします。

    cy.get('#message').clear();
    

    例 3:clear コマンドと type コマンドを組み合わせて使用する

    この例では、#name という ID を持つ入力フィールドをクリアしてから、「John Doe」という値を入力します。

    cy.get('#name').clear().type('John Doe');
    

    例 4:要素がアクション可能になるのを待ってから clear コマンドを使用する

    この例では、#search-bar という ID を持つ要素がアクション可能になるのを待ってから、その中のテキストを消去します。

    cy.get('#search-bar').wait('visible').clear();
    

    これらの例は、Cypress clear コマンドの基本的な使用方法を示しています。 テストシナリオのニーズに合わせて、さまざまな方法で clear コマンドを使用することができます。



    Cypressにおけるclearコマンドの代替方法

    type('{selectall}{backspace}')コマンドを使用する

    この方法は、clearコマンドと同じように、入力フィールドやテキストエリア内のテキストを消去します。しかし、clearコマンドよりも柔軟性があり、特定の文字のみを消去したり、カーソル位置を制御したりすることができます。

    利点:

    • 特定の文字のみを消去できる
    • カーソル位置を制御できる

    欠点:

    • clearコマンドよりも冗長な記述になる
    • 一部の古いブラウザでは動作しない可能性がある

    例:

    cy.get('#input-field').type('{selectall}{backspace}');
    

    JavaScriptを使用して、DOM操作を手動で実行することもできます。この方法は、より高度なカスタマイズが可能ですが、コード量が増え、複雑になる可能性があります。

    • より高度なカスタマイズが可能
    • コード量が増え、複雑になる
    • テストの読みやすさが低下する
    cy.get('#input-field').then(($el) => {
      $el[0].value = '';
    });
    

    カスタムコマンドを作成する

    clearコマンドよりも具体的な動作を行うカスタムコマンドを作成することもできます。この方法は、テストコードをより整理整頓し、読みやすくすることができます。

    • テストコードをより整理整頓し、読みやすくできる
    • カスタムコマンドの作成と保守に時間がかかる
    Cypress.Commands.add('clearInput', {
      prevSubject: true
    }, (subject) => {
      cy.wrap(subject).clear();
    });
    
    cy.get('#input-field').clearInput();
    

    最適な代替方法の選択

    どの代替方法が最適かは、具体的な状況によって異なります。以下の点を考慮して選択してください。

    • 必要な機能: 特定の文字のみを消去する必要があるのか、カーソル位置を制御する必要があるのか、など。
    • コードの簡潔性: コードが簡潔で読みやすいかどうか。
    • メンテナンス性: テストコードを将来メンテナンスしやすいかどうか。

    clearコマンドは、Cypressにおいて入力フィールドやテキストエリア内のテキストを消去するための便利なツールですが、状況によっては、より適切な代替手段が存在します。上記の代替方法を理解し、それぞれの利点と欠点を考慮して、最適な方法を選択してください。