Cypressで要素操作をレベルアップ!prevUntilコマンドの活用術

2024-04-02

Cypressのコマンド「prevUntil」の詳細解説

prevUntilコマンドは、現在の要素から指定された条件を満たす要素までのすべて前の兄弟要素を取得します。取得した要素は、テストや操作の対象として使用できます。

構文

cy.get(<selector>).prevUntil(<selector>|<filterFunction>)

引数

  1. <selector>:現在の要素を取得するためのセレクター
  2. <selector>:取得を終了する要素を指定するためのセレクター
  3. <filterFunction>:取得する要素をフィルタリングするための関数

使用例

特定の要素までの兄弟要素を取得

以下の例では、#list要素内のすべての<li>要素を取得し、#item-2要素までの前の<li>要素すべてを赤色に塗り替えます。

cy.get('#list li').prevUntil('#item-2').style('color', 'red')

条件に合致する要素までの兄弟要素を取得

以下の例では、#list要素内のすべての<li>要素を取得し、class="active"を持つ要素までの前の<li>要素すべてを非表示にします。

cy.get('#list li').prevUntil((el) => el.classList.contains('active')).hide()

詳細

  • prevUntilコマンドは、チェーン構文で他のコマンドと組み合わせて使用できます。
  • 取得する要素は、DOMツリー上で現在の要素より前に存在する必要があります。
  • prevUntilコマンドは、jQueryの同名のコマンドと同様の機能を提供します。

補足

  • 上記の例では、styleプロパティやhideメソッドを使用していますが、これらのメソッドはCypressの提供するユーティリティです。詳細はCypressドキュメントを参照してください。
  • 日本語の情報が少ない場合は、英語のドキュメントやフォーラムなどを参照することも有効です。
  • 質問や不明点は、遠慮なくお尋ねください。
  • より具体的な質問には、より詳細な回答を提供できます。


Cypress prevUntil コマンドのサンプルコード

// 1. #list 内のすべての li 要素を取得
cy.get('#list li').then((elements) => {
  // 2. 各 li 要素について、#item-2 までの前の li 要素すべてを赤色に塗り替える
  elements.each((index, element) => {
    if (element.id === 'item-2') {
      return;
    }

    cy.wrap(element).style('color', 'red');
  });
});

条件に合致する要素までの兄弟要素を取得

// 1. #list 内のすべての li 要素を取得
cy.get('#list li').then((elements) => {
  // 2. 各 li 要素について、class="active" を持つ要素までの前の li 要素すべてを非表示にする
  elements.each((index, element) => {
    const nextActiveElement = element.nextElementSibling;

    if (!nextActiveElement || !nextActiveElement.classList.contains('active')) {
      return;
    }

    cy.wrap(element).hide();
  });
});

取得した要素を操作

// 1. #list 内のすべての li 要素を取得
cy.get('#list li').prevUntil('#item-2').then((elements) => {
  // 2. 取得した要素すべてに、"前の要素" というテキストを追加
  elements.each((index, element) => {
    cy.wrap(element).text(`前の要素 ${index + 1}`);
  });
});

チェーン構文

cy.get('#list li')
  .prevUntil('#item-2')
  .filter((el) => el.classList.contains('even'))
  .style('background-color', 'yellow');

jQuery との比較

// jQuery の場合
$('#list li').prevUntil('#item-2').css('color', 'red');

// Cypress の場合
cy.get('#list li').prevUntil('#item-2').style('color', 'red');

これらのサンプルコードは、prevUntilコマンドの使い方を理解する



Cypress prevUntil コマンドの代替方法

filter と each を組み合わせる

cy.get('#list li').then((elements) => {
  elements.filter((el) => el.id !== 'item-2').each((index, element) => {
    cy.wrap(element).style('color', 'red');
  });
});

parent と children を組み合わせる

cy.get('#item-2').parent().children('li').each((index, element) => {
  cy.wrap(element).style('color', 'red');
});

.siblings() メソッドを使う

cy.get('#item-2').siblings('li').prevAll().style('color', 'red');

.closest() と .find() メソッドを使う

cy.get('#item-2').closest('#list').find('li').prevAll().style('color', 'red');

これらの方法は、それぞれ異なる方法で同じような処理を実現します。どの方法を使うかは、状況によって異なります。

// 1. filter と each を組み合わせる
cy.get('#list li').filter((el) => el.id !== 'item-2').each((index, element) => {
  cy.wrap(element).style('color', 'red');
});

// 2. parent と children を組み合わせる
cy.get('#item-2').parent().children('li').each((index, element) => {
  cy.wrap(element).style('color', 'red');
});

// 3. .siblings() メソッドを使う
cy.get('#item-2').siblings('li').prevAll().style('color', 'red');

// 4. .closest() と .find() メソッドを使う
cy.get('#item-2').closest('#list').find('li').prevAll().style('color', 'red');

補足

  • これらの方法は、prevUntilコマンドよりも複雑になる場合があります。
  • どの方法を使うかは、状況によって異なります。



Cypress テストコードを劇的に改善! "within" の使い方をマスターしよう

上記の例では、selector で指定された要素内でのみ click と type コマンドが実行されます。要素間の切り替えを簡略化: テスト対象の要素階層が深い場合、within を使用することで、各要素へのアクセスを簡潔に記述できます。



Cypress コマンド "reload" を使う

基本的な使い方:この例では、#some-element をクリックした後、ページをリロードし、#some-element が表示されていないことを確認しています。オプションの指定:cy. reload() コマンドは、オプションを指定して呼び出すことができます。


Cypressのtriggerコマンドを使いこなしてテストコードを効率的に記述しよう!

triggerコマンドの利点:テストコードを簡潔かつ分かりやすく記述できる複雑なユーザー操作を自動化できる特定のイベントに対する要素の反応を検証できるtriggerコマンドの使い方:triggerコマンドの詳細:イベントの種類は、Cypressドキュメント: URL Cypress triggerを参照



Cypress テストをデバッグ・速度制御: pause コマンド活用術

pause()コマンドは、単独で使用することも、引数と組み合わせて使用することもできます。単独で使用する場合:テストの実行を一時停止します。画面中央に「Cypress Paused」というメッセージが表示されます。実行を再開するには、EnterキーまたはSpaceキーを押します。


Cypressでスクリーンショットを撮る:Cypress.Screenshot API徹底解説

手動でスクリーンショットを撮る引数にファイル名を指定することで、保存するファイル名を指定できます。ファイル名は . png 形式で自動的に拡張されます。オプションで、selector を指定して特定の要素のみをキャプチャすることもできます。


Cypress clock コマンドのサンプルコード

cy. clock() コマンドは、Cypress テスト内で時間を操作するための強力なツールです。テストの特定の時点をシミュレートしたり、時間経過に依存する機能を検証したりするのに役立ちます。使用方法cy. clock() コマンドは、以下の 2 つの方法で使用できます。


Cypress "closest" コマンド:Web テストのデバッグを強力にサポート

Cypress の "closest" は、要素とその親要素を検索し、一致する最初の親要素を見つけるコマンドです。これは、特定の条件に合致する要素の親要素を取得したい場合に役立ちます。使い方"closest" コマンドは、以下の形式で使用します。


Cypressのtriggerコマンドを使いこなしてテストコードを効率的に記述しよう!

triggerコマンドの利点:テストコードを簡潔かつ分かりやすく記述できる複雑なユーザー操作を自動化できる特定のイベントに対する要素の反応を検証できるtriggerコマンドの使い方:triggerコマンドの詳細:イベントの種類は、Cypressドキュメント: URL Cypress triggerを参照