date-fns の Interval Helpers で週末を攻略! eachWeekendOfInterval 完全解説

2024-04-02

date-fns の Interval Helpers - eachWeekendOfInterval 解説

eachWeekendOfInterval は、以下の引数を受け取ります。

  • startDate: 期間の開始日
  • endDate: 期間の終了日
  • fn: 週末ごとに実行される関数

この関数は、期間内の すべての週末 をループ処理し、その度に fn 関数を呼び出します。fn 関数は、以下の引数を受け取ります。

  • weekend: 週末を表すオブジェクト。startDateendDate を含む 2 つの Date オブジェクト (startend) をプロパティとして持ちます。

eachWeekendOfInterval の使い方はとても簡単です。以下は、期間内のすべての週末をログに出力する例です。

import eachWeekendOfInterval from 'date-fns/intervalHelpers';

const startDate = new Date(2024, 3, 11); // 2024-03-11
const endDate = new Date(2024, 3, 17); // 2024-03-17

eachWeekendOfInterval(startDate, endDate, (weekend) => {
  console.log(`週末: ${weekend.start.toLocaleDateString()} - ${weekend.end.toLocaleDateString()}`);
});

このコードは、以下の出力を生成します。

週末: 2024-03-16 - 2024-03-17

eachWeekendOfInterval は、さまざまな目的に使用できます。以下は、いくつかの例です。

  • 週末ごとにイベントをスケジュールする
  • 週末ごとに営業時間を表示する
  • 週末ごとにデータ分析を行う

まとめ

date-fnseachWeekendOfInterval は、期間内の週末を処理するのに非常に便利な関数です。使い方が簡単で、さまざまな目的に使用できます。

補足情報

  • eachWeekendOfInterval は、date-fns のバージョン 2.26.0 以降で使用できます。
  • eachWeekendOfInterval は、date-fns の Interval Helpers モジュールに含まれています。


eachWeekendOfInterval のサンプルコード

週末ごとにイベントをスケジュールする

import eachWeekendOfInterval from 'date-fns/intervalHelpers';

const startDate = new Date(2024, 3, 11); // 2024-03-11
const endDate = new Date(2024, 3, 17); // 2024-03-17

const events = [];

eachWeekendOfInterval(startDate, endDate, (weekend) => {
  events.push({
    start: weekend.start,
    end: weekend.end,
    title: '週末イベント',
  });
});

// イベントを保存または表示する処理

週末ごとに営業時間を表示する

import eachWeekendOfInterval from 'date-fns/intervalHelpers';

const startDate = new Date(2024, 3, 11); // 2024-03-11
const endDate = new Date(2024, 3, 17); // 2024-03-17

eachWeekendOfInterval(startDate, endDate, (weekend) => {
  console.log(`週末営業時間: ${weekend.start.toLocaleDateString()} - ${weekend.end.toLocaleDateString()} (10:00-18:00)`);
});

週末ごとにデータ分析を行う

import eachWeekendOfInterval from 'date-fns/intervalHelpers';

const startDate = new Date(2024, 3, 11); // 2024-03-11
const endDate = new Date(2024, 3, 17); // 2024-03-17

const data = [];

eachWeekendOfInterval(startDate, endDate, (weekend) => {
  // 週末のデータを取得
  const weekendData = getDataForWeekend(weekend);
  data.push(weekendData);
});

// データ分析を行う

その他

  • eachWeekendOfInterval は、週末だけでなく、その他の曜日にも適用できます。
  • eachWeekendOfInterval は、ループ処理をカスタマイズするために、さまざまなオプションを受け取ります。詳しくは、date-fns のドキュメントを参照してください。



eachWeekendOfInterval の代替方法

ループ処理と条件分岐

const startDate = new Date(2024, 3, 11); // 2024-03-11
const endDate = new Date(2024, 3, 17); // 2024-03-17

for (let date = startDate; date <= endDate; date.setDate(date.getDate() + 1)) {
  const day = date.getDay();
  if (day === 0 || day === 6) {
    // 週末の処理
  }
}

この方法は、単純ですが、コードが冗長になる可能性があります。

date-fns のその他の関数

date-fns には、eachDayOfIntervalisWeekend などの関数があります。これらの関数を組み合わせて、週末を処理することもできます。

import eachDayOfInterval from 'date-fns/intervalHelpers';
import isWeekend from 'date-fns';

const startDate = new Date(2024, 3, 11); // 2024-03-11
const endDate = new Date(2024, 3, 17); // 2024-03-17

eachDayOfInterval(startDate, endDate, (date) => {
  if (isWeekend(date)) {
    // 週末の処理
  }
});

この方法は、コードをより簡潔に書くことができます。

ライブラリの利用

date-fns 以外にも、週末を処理するためのライブラリがあります。例えば、moment.jsdayjs などのライブラリには、週末を処理するための便利な機能が提供されています。

eachWeekendOfInterval は、週末を処理するための便利な関数です。しかし、他の方法でも同じ処理を行うことができます。状況に応じて、最適な方法を選択してください。




React/Vue.js で使える!formatDistance で日付をもっと使いやすく

formatDistance は、2つの日付間の距離を人間が読みやすい形式で表示するための便利な関数です。 これは、date-fns ライブラリの Common Helpers に含まれており、さまざまなユースケースで簡単に使用できます。機能



date-fns sub関数:使い方、オプション、サンプルコード、その他方法まで完全解説

sub 関数は、date-fns ライブラリの Common Helpers における重要な関数の一つです。この関数は、指定された日付から指定された期間を減算するために使用されます。期間は、日数、週数、月数、年数など、さまざまな単位で指定できます。


JavaScript初心者でもわかる!date-fnsで日付と現在の日時の差を表示する

date-fnsのformatDistanceToNow関数は、指定された日付と現在の日時の差を、人間が読みやすい形式で表示するための便利なヘルパー関数です。使い方オプションformatDistanceToNow関数には、以下のオプションを設定できます。


初心者でも安心!date-fnsでRFC7231準拠の日付フォーマットを行うチュートリアル

date-fns の formatRFC7231 は、RFC 7231 標準に従って日付をフォーマットする関数です。これは、HTTP ヘッダーなどの特定の状況で日付を表現する必要がある場合に便利です。使い方formatRFC7231 の使い方は以下の通りです。


date-fns の Common Helpers:min 関数で日付操作をもっと便利に

min 関数は、複数の Date オブジェクトを受け取り、最も早い日付を返します。使い方注意点min 関数は、Date オブジェクトのみを受け取ります。比較される日付オブジェクトの時分秒は考慮されません。すべての Date オブジェクトが Invalid Date の場合は、min 関数は Invalid Date を返します。



JavaScript初心者でもわかる!date-fnsで日付と現在の日時の差を表示する

date-fnsのformatDistanceToNow関数は、指定された日付と現在の日時の差を、人間が読みやすい形式で表示するための便利なヘルパー関数です。使い方オプションformatDistanceToNow関数には、以下のオプションを設定できます。


JavaScript Date APIでISO週番号制の最初の週の開始日を取得する

startOfISOWeekYear 関数は、以下の手順で動作します。入力された日付オブジェクトから年を取得します。その年の最初の ISO 週の最初の曜日 (デフォルトは月曜日) を取得します。取得した曜日を 1 月 1 日に設定した新しい日付オブジェクトを作成します。


JavaScriptで月初を取得する5つの方法(date-fns、Moment.js、Luxonなど)

startOfMonth は、指定された日付の月初めに設定された新しい Date オブジェクトを返します。例えば、2024年3月14日を渡すと、2024年3月1日の0時0分0秒を返します。startOfMonth は以下の引数を受け取ります。


過去最も近い土曜日を取得する:date-fns の previousSaturday 関数徹底解説

previousSaturday 関数は、以下の引数を受け取ります。date: 対象となる日付オブジェクト。Date 型、または date-fns の parse 関数で生成されたオブジェクトなど。この関数は、date よりも過去で最も近い土曜日をDate 型で返します。


初心者でも安心!date-fnsでRFC7231準拠の日付フォーマットを行うチュートリアル

date-fns の formatRFC7231 は、RFC 7231 標準に従って日付をフォーマットする関数です。これは、HTTP ヘッダーなどの特定の状況で日付を表現する必要がある場合に便利です。使い方formatRFC7231 の使い方は以下の通りです。