【プログラマー必見】date-fns の「formatISO9075」関数で日付時刻をスッキリISO8601形式に変換

2024-06-19

date-fns の "Common Helpers" における "formatISO9075" 関数の詳細解説

"date-fns" ライブラリに搭載されている "Common Helpers" に属する "formatISO9075" 関数は、JavaScript における Date オブジェクトを ISO 8601 規格に基づいた形式で文字列に変換するためのものです。具体的には、以下の形式で日付と時刻を表現します。

  • YYYY-MM-DD: 年、月、日
  • YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.SSS: 年、月、日、時、分、秒、ミリ秒
  • YYYY-MM-DDTZ: 年、月、日、協定世界時 (UTC)

"formatISO9075" 関数は、以下の利点を提供します。

  • 国際標準規格への準拠: ISO 8601 は、世界中で広く使用されている日付と時刻の表現形式です。そのため、"formatISO9075" 関数で生成された文字列は、様々なシステムやアプリケーション間で容易に互換することができます。
  • 一貫性のあるフォーマット: "formatISO9075" 関数は、常に一貫したフォーマットで文字列を生成します。これにより、日付と時刻の表現における誤解や混乱を避けることができます。
  • 読みやすさ: 生成された文字列は、人間にとって読みやすく理解しやすい形式になっています。
import { formatISO9075 } from 'date-fns';

const date = new Date();
const formattedDate = formatISO9075(date);
console.log(formattedDate); // 例:2024-06-18T16:41:14.000Z

上記の例では、現在の日付を ISO 8601 形式で文字列に変換しています。



import { formatISO9075 } from 'date-fns';

const date = new Date();
const formattedDate = formatISO9075(date);
console.log(formattedDate); // 例:2024-06-18T16:42:14.000Z

オプションを使用したフォーマットの指定

import { formatISO9075 } from 'date-fns';

const date = new Date();
const formattedDate1 = formatISO9075(date, { format: 'YYYY-MM-DD' }); // 例:2024-06-18
const formattedDate2 = formatISO9075(date, { format: 'YYYY-MM-DDTHH:mm:ss' }); // 例:2024-06-18T16:42:14
console.log(formattedDate1);
console.log(formattedDate2);

タイムゾーンの指定

import { formatISO9075 } from 'date-fns';

const date = new Date();
const formattedDate1 = formatISO9075(date, { timeZone: 'America/Los_Angeles' }); // 例:2024-06-18T09:42:14-07:00
const formattedDate2 = formatISO9075(date, { timeZone: 'Europe/Berlin' }); // 例:2024-06-18T18:42:14+02:00
console.log(formattedDate1);
console.log(formattedDate2);


"formatISO9075" 関数の代替方法

JavaScript の標準ライブラリには、Date オブジェクトをフォーマットするためのいくつかのメソッドが用意されています。

  • toDateString(): 年、月、日、曜日を文字列に変換します。
  • toLocaleDateString(): 年、月、日を地域のフォーマットで文字列に変換します。
  • toISOString(): Date オブジェクトを ISO 8601 形式の文字列に変換します。

これらのメソッドは、"formatISO9075" 関数よりもシンプルで軽量です。ただし、"formatISO9075" 関数のような高度なオプションは提供していません。

const date = new Date();
console.log(date.toDateString()); // 例:2024-06-18
console.log(date.toLocaleDateString()); // 例:2024年6月18日
console.log(date.toISOString()); // 例:2024-06-18T16:43:14.000Z

Luxon ライブラリ

Luxon は、JavaScript で日付と時刻を操作するための強力なライブラリです。"formatISO9075" 関数よりも多くのオプションを提供し、より複雑なフォーマットを作成することができます。

import { DateTime } from 'luxon';

const date = DateTime.local();
const formattedDate = date.toISO9075();
console.log(formattedDate); // 例:2024-06-18T16:43:14.000Z
import moment from 'moment';

const date = moment();
const formattedDate = date.format('YYYY-MM-DDTHH:mm:ss.SSS');
console.log(formattedDate); // 例:2024-06-18T16:43:14.000Z

どの代替方法を選択するかは、ニーズと要件によって異なります。

  • シンプルで軽量な方法が必要な場合は、JavaScript の標準ライブラリが最適です。
  • より多くのオプションと複雑なフォーマット機能が必要な場合は、Luxon または Moment.js ライブラリが適しています。
  • すでに "formatISO9075" 関数を使用しているプロジェクトの場合は、コードを変更する必要がないため、そのまま使用し続けることができます。