【フロントエンドエンジニア必見】date-fns hoursToMinutesで時間を分に変換する方法

2024-04-02

date-fnsのConversion HelpersにおけるhoursToMinutes関数解説

date-fnsライブラリのConversion Helpersは、日付と時刻の操作を簡潔に行うための関数群を提供します。その中のhoursToMinutes関数は、時間数を分に変換する関数です。

使い方

import { hoursToMinutes } from 'date-fns';

const hours = 2;
const minutes = hoursToMinutes(hours); // 120

console.log(minutes); // 120

引数

  • hours: 変換したい時間数を表す数値

戻り値

  • hoursを分に変換した数値

詳細

  • 1時間は60分なので、hoursToMinutes関数は引数として渡された数値に60を掛けて変換を行います。
  • 変換結果は整数になります。
  • 引数として負の数値を渡すことも可能です。

hoursToMinutes(1.5); // 90
hoursToMinutes(-2); // -120

補足

  • hoursToMinutes関数は、date-fnsライブラリの他のConversion Helpers関数と組み合わせて使用することができます。
  • 例えば、addMinutes関数と組み合わせて、指定された時間数に分の単位で時間を加算することも可能です。
import { hoursToMinutes, addMinutes } from 'date-fns';

const hours = 2;
const minutes = hoursToMinutes(hours);
const newDate = addMinutes(new Date(), minutes);

console.log(newDate); // 現在の時刻に2時間分を加算した日時


hoursToMinutes関数のサンプルコード

単純な変換

import { hoursToMinutes } from 'date-fns';

const hours = 2;
const minutes = hoursToMinutes(hours);

console.log(minutes); // 120

負の時間の変換

const hours = -2;
const minutes = hoursToMinutes(hours);

console.log(minutes); // -120

小数点以下の時間の変換

const hours = 1.5;
const minutes = hoursToMinutes(hours);

console.log(minutes); // 90

addMinutes関数との組み合わせ

import { hoursToMinutes, addMinutes } from 'date-fns';

const hours = 2;
const minutes = hoursToMinutes(hours);
const newDate = addMinutes(new Date(), minutes);

console.log(newDate); // 現在の時刻に2時間分を加算した日時

時間と分の複合的な変換

import { hoursToMinutes, addMinutes, format } from 'date-fns';

const hours = 2;
const minutes = 30;
const totalMinutes = hoursToMinutes(hours) + minutes;
const newDate = addMinutes(new Date(), totalMinutes);

console.log(format(newDate, 'yyyy-MM-dd HH:mm')); // 2024-03-24 03:00
  • 上記のコードは、あくまでもサンプルです。必要に応じて修正してください。
  • date-fnsライブラリには、他にも様々なConversion Helpers関数があります。詳しくは公式ドキュメントを参照してください。


時間を分に変換する他の方法

手計算

1時間は60分なので、時間を分に変換するには、時間数を60倍します。

例:

  • 2時間 = 2 * 60 = 120分
  • 3.5時間 = 3.5 * 60 = 210分

JavaScriptの組み込み関数

JavaScriptには、時間を分に変換する組み込み関数は存在しません。

ライブラリの利用

date-fnsライブラリ以外にも、時間を分に変換する機能を提供しているライブラリがあります。

これらのライブラリは、hoursToMinutes関数のような時間変換機能だけでなく、日付と時刻の操作に関する様々な機能を提供しています。

自作関数

必要に応じて、時間を分に変換する自作関数を定義することも可能です。

function hoursToMinutes(hours) {
  return hours * 60;
}

const hours = 2;
const minutes = hoursToMinutes(hours);

console.log(minutes); // 120
  • 簡単な変換であれば、手計算で十分です。
  • より複雑な変換や、他の日付と時刻の操作を行う場合は、ライブラリの利用を検討すると良いでしょう。
  • 独自の機能が必要であれば、自作関数を定義することも可能です。



date-fns の Common Helpers:min 関数で日付操作をもっと便利に

min 関数は、複数の Date オブジェクトを受け取り、最も早い日付を返します。使い方注意点min 関数は、Date オブジェクトのみを受け取ります。比較される日付オブジェクトの時分秒は考慮されません。すべての Date オブジェクトが Invalid Date の場合は、min 関数は Invalid Date を返します。



date-fns sub関数:使い方、オプション、サンプルコード、その他方法まで完全解説

sub 関数は、date-fns ライブラリの Common Helpers における重要な関数の一つです。この関数は、指定された日付から指定された期間を減算するために使用されます。期間は、日数、週数、月数、年数など、さまざまな単位で指定できます。


date-fns vs moment.js vs Lodash:四半期数を月数に変換するライブラリの比較

quartersToMonths 関数は以下の引数を受け取ります。quarters: 変換したい四半期数。数値または数値に変換できる文字列で指定します。quartersToMonths 関数は、指定された四半期数に相当する月数を返します。この関数は、date-fns バージョン 2.14


date-fns vs Moment.js:JavaScriptで日付を扱うためのライブラリ徹底比較

General カテゴリ のトークンは、日付の一般的な部分を表します。以下に、よく使用されるトークンとその意味をまとめました。これらのトークンを組み合わせて、さまざまな書式設定文字列を作成できます。例えば、以下の書式設定文字列は、西暦年(4桁)


「date-fns」でISO週を判定する: 「isThisISOWeek」関数の詳細解説とサンプルコード

この関数は、以下の引数を取ります。date: 判定対象の日付戻り値:boolean: 指定された日付が現在の ISO 週に属している場合は true、そうでない場合は false例:補足:isThisISOWeek 関数は、常に現在の時刻に基づいて判定を行います。そのため、同じ日付に対して異なる時刻で呼び出すと、異なる結果が返される可能性があります。



【date-fns】Day Helpers: differenceInCalendarDays 関数で日付差をスマートに計算

Understanding differenceInCalendarDaysThe differenceInCalendarDays function in the "date-fns" library is designed to calculate the difference between two dates in terms of calendar days


date-fns の Common Helpers:min 関数で日付操作をもっと便利に

min 関数は、複数の Date オブジェクトを受け取り、最も早い日付を返します。使い方注意点min 関数は、Date オブジェクトのみを受け取ります。比較される日付オブジェクトの時分秒は考慮されません。すべての Date オブジェクトが Invalid Date の場合は、min 関数は Invalid Date を返します。


closestIndexToでできること:日付配列から最も近い日付を簡単に見つけよう

"date-fns" の "Common Helpers" に含まれる closestIndexTo 関数は、日付の配列の中で、指定された日付に最も近い日付のインデックスを取得します。これは、カレンダーアプリやイベント管理システムなど、日付を扱う様々な場面で役立つ機能です。


date-fns subSeconds で秒単位操作を自在に! カウントダウンタイマー作成など応用例も紹介

特定の時刻から何秒前を取得する時刻を特定の秒数だけ調整するsubSeconds の基本的な構文は以下の通りです。date: 操作対象の日付オブジェクトseconds: 引く秒数例以下のコードは、現在時刻から10秒前の日時を取得します。このコードを実行すると、現在時刻から10秒前の日時が出力されます。


React/Vue.js で使える!formatDistance で日付をもっと使いやすく

formatDistance は、2つの日付間の距離を人間が読みやすい形式で表示するための便利な関数です。 これは、date-fns ライブラリの Common Helpers に含まれており、さまざまなユースケースで簡単に使用できます。機能