【プログラミングの悩みを解決】date-fns startOfISOWeekYearでISO週番号年の始まりを取得:初心者でも安心

2024-06-15

date-fns の startOfISOWeekYear 関数:ISO週番号年の始まりを取得する

startOfISOWeekYear 関数は、ISO週番号年の始まりを返す date-fns ライブラリの関数です。ISO週番号年は、1週間がどの年に属するかを判断するために使用されます。

使い方

import { startOfISOWeekYear } from 'date-fns';

const date = new Date(2024, 6, 14); // 2024年6月14日
const startOfISOWeekYearDate = startOfISOWeekYear(date);
console.log(startOfISOWeekYearDate); // 2023-12-31 (ISO週番号年2024の始まり)

解説

  • startOfISOWeekYear 関数は、引数として Date オブジェクトを受け取ります。
  • 関数は、引数の日付が属する ISO 週番号年の最初の日の Date オブジェクトを返します。
  • ISO 週番号年は、12月31日から翌年の1月6日までの期間です。
  • 例えば、2024年6月14日は ISO 週番号年2024に属しますが、その年の始まりは2023年12月31日です。

補足

  • date-fns ライブラリをインストールしていない場合は、以下のコマンドでインストールできます。
npm install date-fns


    startOfISOWeekYear 関数のサンプルコード

    例1:特定の日付の ISO 週番号年の始まりを取得する

    import { startOfISOWeekYear } from 'date-fns';
    
    const date = new Date(2024, 6, 14); // 2024年6月14日
    const startOfISOWeekYearDate = startOfISOWeekYear(date);
    console.log(startOfISOWeekYearDate); // 2023-12-31 (ISO週番号年2024の始まり)
    
    import { startOfISOWeekYear } from 'date-fns';
    
    const now = new Date();
    const startOfISOWeekYearDate = startOfISOWeekYear(now);
    console.log(startOfISOWeekYearDate); // 2024-06-09 (現在の日付が属する ISO 週番号年の始まり)
    
    import { startOfISOWeekYear } from 'date-fns';
    
    const year = 2025;
    const startOfISOWeekYearDate = startOfISOWeekYear(new Date(year, 0, 0));
    console.log(startOfISOWeekYearDate); // 2024-12-30 (2025年の ISO 週番号年の始まり)
    

    これらの例は、startOfISOWeekYear 関数の基本的な使い方を示しています。

    その他、以下の応用例も考えられます。

    • カレンダーで ISO 週番号を表示する

    startOfISOWeekYear 関数は、ISO 週番号年を扱う様々な場面で役立ちます。



    startOfISOWeekYear 関数の代替方法

    以下に、いくつかの代替方法とそのメリット・デメリットをご紹介します。

    手動計算

    function startOfISOWeekYear(date) {
      const year = date.getFullYear();
      const firstWeekOfYear = new Date(year, 0, 1);
      const dayOfWeek = firstWeekOfYear.getDay();
      const dayOffset = dayOfWeek === 0 ? 7 : dayOfWeek;
      return new Date(year - (dayOfWeek === 0 ? 1 : 0), 0, 1 - dayOffset);
    }
    

    メリット:

    • ライブラリに依存しない
    • コードが複雑で分かりにくい
    • テストが難しい

    Moment.js などのライブラリを使う

    import moment from 'moment';
    
    const date = moment(2024, 6, 14);
    const startOfISOWeekYearDate = date.startOf('isoYear');
    console.log(startOfISOWeekYearDate.format('YYYY-MM-DD')); // 2023-12-31
    
    • startOfISOWeekYear 関数よりもシンプルで分かりやすい
    • Moment.js は多くの機能を提供している
    • date-fns ライブラリよりも重い
    • 別のライブラリをインストールする必要がある

    Lodash などのユーティリティライブラリを使う

    import _ from 'lodash';
    
    const date = new Date(2024, 6, 14);
    const startOfISOWeekYearDate = _.startOfISOWeekYear(date);
    console.log(startOfISOWeekYearDate); // 2023-12-31
    
    • Moment.js よりも軽量
    • 汎用性の高いユーティリティライブラリ
      • シンプルで分かりやすい方法が必要な場合は、手動計算がおすすめです。
      • Moment.js や Lodash などのライブラリを使用すると、コードが簡潔になり、他の機能も利用できます。
      • date-fns ライブラリは、ISO 週番号関連の機能に特化しており、軽量で使いやすいというメリットがあります。