JavaScriptで月初を取得する5つの方法(date-fns、Moment.js、Luxonなど)

2024-04-02

date-fns の Month Helpers と startOfMonth

startOfMonth は、指定された日付の月初めに設定された新しい Date オブジェクトを返します。例えば、2024年3月14日を渡すと、2024年3月1日の0時0分0秒を返します。

const date = new Date(2024, 2, 14); // 2024年3月14日
const startOfMonthDate = startOfMonth(date); // 2024年3月1日

console.log(startOfMonthDate); // 2024-03-01T00:00:00.000Z

startOfMonth は以下の引数を受け取ります。

  • date: 月の開始を取得したい日付オブジェクト

オプションとして以下の引数も受け取ります。

  • locale: 使用するロケール。デフォルトは 'en-US'
  • options: 以下のオプションを受け取るオブジェクト
    • weekStartsOn: 週の開始曜日。デフォルトは '0' (日曜日)
const startOfMonthDate = startOfMonth(date, {
  locale: 'ja-JP',
  options: {
    weekStartsOn: 1, // 月曜日から始まる週
  },
});
  • startOfMonth は、新しい Date オブジェクトを返します。元の Date オブジェクトは変更されません。
  • startOfMonth は、常に0時0分0秒を返します。

Month Helpers の他の関数

startOfMonth 以外にも、Month Helpers には以下の関数があります。

  • endOfMonth: 月の最後に設定された新しい Date オブジェクトを返す
  • getDaysInMonth: 指定された月の日数を返す
  • isWithinMonth: 指定された日付が指定された月内にあるかどうかを返す
  • getDate: 月の日付を取得する
  • getMonth: 月のインデックスを取得する
  • getYear: 年を取得する

これらの関数は、startOfMonth と同様に使用できます。

startOfMonth は、"date-fns" の Month Helpers で提供される関数の一つです。指定された日付の月初めに設定された新しい Date オブジェクトを返します。startOfMonth 以外にも、Month Helpers には月に関する操作を行う様々な関数が用意されています。

これらの関数を活用することで、JavaScript で日付操作を簡単に、分かりやすく行うことができます。



startOfMonth のサンプルコード

今月の月初を取得する

const startOfMonthDate = startOfMonth(new Date());

console.log(startOfMonthDate); // 2024-03-01T00:00:00.000Z

2023年12月の月初を取得する

const startOfMonthDate = startOfMonth(new Date(2023, 11));

console.log(startOfMonthDate); // 2023-12-01T00:00:00.000Z

ロケールを指定して月初を取得する

const startOfMonthDate = startOfMonth(new Date(), {
  locale: 'ja-JP',
});

console.log(startOfMonthDate); // 2024年3月1日 00:00:00

週の開始曜日を指定して月初を取得する

const startOfMonthDate = startOfMonth(new Date(), {
  options: {
    weekStartsOn: 1, // 月曜日から始まる週
  },
});

console.log(startOfMonthDate); // 2024年3月5日 00:00:00

startOfMonth を使ってカレンダーを作成する

const month = new Date().getMonth();
const year = new Date().getFullYear();

const startOfMonthDate = startOfMonth(new Date(year, month));
const endOfMonthDate = endOfMonth(new Date(year, month));

// カレンダーの各日を表示する処理
  • startOfMonth は、新しい Date オブジェクトを返します。元の Date オブジェクトは変更されませんので、注意してください。


JavaScriptで月初を取得する他の方法

Date オブジェクトのメソッドを使う

Date オブジェクトには、以下のメソッドを使って月初を取得することができます。

  • setDate(1): 日付を1に設定する
  • setMonth(month): 月を指定する
const date = new Date(2024, 2, 14); // 2024年3月14日

date.setDate(1);
const startOfMonthDate = new Date(date);

console.log(startOfMonthDate); // 2024-03-01T00:00:00.000Z

ループを使う

以下のコードのように、ループを使って月初を取得することもできます。

const date = new Date(2024, 2, 14); // 2024年3月14日

while (date.getDate() !== 1) {
  date.setDate(date.getDate() - 1);
}

const startOfMonthDate = new Date(date);

console.log(startOfMonthDate); // 2024-03-01T00:00:00.000Z

ライブラリを使う

date-fns 以外にも、Moment.js や Luxon などのライブラリを使って月初を取得することができます。

// Moment.jsを使う場合
const moment = require('moment');

const startOfMonthDate = moment(new Date(2024, 2, 14)).startOf('month').toDate();

console.log(startOfMonthDate); // 2024-03-01T00:00:00.000Z

// Luxonを使う場合
const luxon = require('luxon');

const startOfMonthDate = luxon.DateTime.fromJSDate(new Date(2024, 2, 14)).startOf('month').toJSDate();

console.log(startOfMonthDate); // 2024-03-01T00:00:00.000Z
  • 简单的に月初を取得したい場合は、Date オブジェクトのメソッドを使うのが最も簡単です。
  • 複雑な処理を行う場合は、date-fns などのライブラリを使うと便利です。
  • 処理速度が重要な場合は、ループを使う方法が最も効率的です。

JavaScriptで月初を取得するには、いくつかの方法があります。それぞれ




date-fns sub関数:使い方、オプション、サンプルコード、その他方法まで完全解説

sub 関数は、date-fns ライブラリの Common Helpers における重要な関数の一つです。この関数は、指定された日付から指定された期間を減算するために使用されます。期間は、日数、週数、月数、年数など、さまざまな単位で指定できます。



date-fns vs Moment.js:JavaScriptで日付を扱うためのライブラリ徹底比較

General カテゴリ のトークンは、日付の一般的な部分を表します。以下に、よく使用されるトークンとその意味をまとめました。これらのトークンを組み合わせて、さまざまな書式設定文字列を作成できます。例えば、以下の書式設定文字列は、西暦年(4桁)


【徹底解説】date-fns Year Helpers:subYears関数完全ガイド

subYears 関数は、指定された日付から指定された年数を引いた新しい日付を返す関数です。例えば、今日から3年を引いた日付を知りたい場合は、次のように記述します。このコードは、today という変数に今日の日付を格納し、subYears 関数を使って3年前にあたる日付を計算し、threeYearsAgo という変数に格納しています。



過去最も近い土曜日を取得する:date-fns の previousSaturday 関数徹底解説

previousSaturday 関数は、以下の引数を受け取ります。date: 対象となる日付オブジェクト。Date 型、または date-fns の parse 関数で生成されたオブジェクトなど。この関数は、date よりも過去で最も近い土曜日をDate 型で返します。


もう迷わない!date-fns の compareAsc 関数で、JavaScript の日付比較の悩みをスッキリ解決!

compareAsc 関数は、2つの日付を比較し、昇順または降順でどちらが大きいかを判断します。これは、日付を扱う JavaScript アプリケーションにおいて非常に重要な機能です。機能2つの日付オブジェクトを受け取り、比較結果を返します。


JavaScript初心者でもわかる!date-fnsで日付と現在の日時の差を表示する

date-fnsのformatDistanceToNow関数は、指定された日付と現在の日時の差を、人間が読みやすい形式で表示するための便利なヘルパー関数です。使い方オプションformatDistanceToNow関数には、以下のオプションを設定できます。


date-fns の Interval Helpers で週末を攻略! eachWeekendOfInterval 完全解説

eachWeekendOfInterval は、以下の引数を受け取ります。startDate: 期間の開始日endDate: 期間の終了日fn: 週末ごとに実行される関数この関数は、期間内の すべての週末 をループ処理し、その度に fn 関数を呼び出します。fn 関数は、以下の引数を受け取ります。


date-fnsのWeekday Helpers解説:nextSunday関数で次の日曜日を取得する方法

nextSunday 関数は、指定された日付から次の日曜日を取得します。nextSunday 関数は、オプションとしてロケールオブジェクトを受け取ることができます。ロケールオブジェクトによって、日曜日の定義が変わります。date-fns には、nextSunday 以外にも曜日に関する様々な機能が用意されています。