Django テンプレート: 組み込みタグとフィルタを使いこなす

2024-04-02

Django テンプレートにおける組み込みタグとフィルタ

組み込みテンプレートタグ

Django テンプレートには、さまざまな機能を提供する多数の組み込みテンプレートタグがあります。以下は、いくつかの主要なテンプレートタグの例です。

  • {% for %} ループ: データのリストを繰り返し処理し、各要素に対してテンプレートの一部をレンダリングします。
  • {% if %} 条件分岐: 条件に基づいてテンプレートの一部をレンダリングするかどうかを決定します。
  • {% include %} テンプレートのインクルード: 別のテンプレートファイルを現在のテンプレートに挿入します。
  • {% url %} URL リバース: 名前付き URL パターンに基づいて URL を生成します。
  • {% static %} 静的ファイルへのアクセス: 静的ファイルへのパスを生成します。

組み込みフィルタ

Django テンプレートには、データのフォーマットや表示方法を変更するために使用できる多数の組み込みフィルタがあります。以下は、いくつかの主要なフィルタの例です。

  • {{ var|upper }}: 文字列を大文字に変換します。
  • {{ var|date }}: 日付を指定されたフォーマットで表示します。
  • {{ var|truncatewords }}: 文字列を指定された単語数に切り捨てます。
  • {{ var|safe }}: HTML エスケープされた文字列を安全な形式で出力します。

組み込みテンプレートタグとフィルタの使用例

以下は、組み込みテンプレートタグとフィルタの使用方法の例です。

{% for article in articles %}
  <h2>{{ article.title }}</h2>
  <p>{{ article.content|truncatewords:50 }}</p>
{% endfor %}

上記のコードは、articles というリスト内の記事をループ処理し、それぞれの記事のタイトルと最初の 50 単語を表示します。

{% if user.is_authenticated %}
  <p>ようこそ、{{ user.username }} さん!</p>
{% else %}
  <p>ログインしてください</p>
{% endif %}

上記のコードは、ユーザーがログインしているかどうかをチェックし、ログインしている場合はユーザー名を挨拶文に表示します。

Django テンプレートに関する詳細情報は、以下の公式ドキュメントを参照してください。

補足

  • Django テンプレートは、Python の式や変数を直接埋め込むことができます。
  • 独自のテンプレートタグやフィルタを作成することができます。
  • Django テンプレートは、Jinja2 テンプレートエンジンに基づいています。

上記の情報は参考用であり、最新の情報ではない可能性があります。最新の情報は、上記の公式ドキュメントを参照してください。



Django テンプレート さまざまなサンプルコード

ループ処理

{% for article in articles %}
  <h2>{{ article.title }}</h2>
  <p>{{ article.content|truncatewords:50 }}</p>
{% endfor %}

条件分岐

{% if user.is_authenticated %}
  <p>ようこそ、{{ user.username }} さん!</p>
{% else %}
  <p>ログインしてください</p>
{% endif %}

上記のコードは、ユーザーがログインしているかどうかをチェックし、ログインしている場合はユーザー名を挨拶文に表示します。

URL 生成

<a href="{% url 'article_detail' article.id %}">記事詳細</a>

上記のコードは、article_detail という名前付き URL パターンに基づいて、記事の詳細ページへの URL を生成します。

静的ファイルへのアクセス

<img src="{% static 'images/logo.png' %}" alt="ロゴ">

上記のコードは、static ディレクトリ内の images/logo.png という静的ファイルへのパスを生成します。

フィルター

{{ article.published_date|date:"Y年m月d日" }}

上記のコードは、article.published_date という日付型フィールドを、Y年m月d日 というフォーマットで表示します。

その他

  • テンプレートファイル内にコメントを記述するには、{# ... #} を使用します。
  • テンプレートファイル内に変数を直接埋め込むには、{{ var }} を使用します。

補足

上記の情報は参考用であり、最新の情報ではない可能性があります。最新の情報は、上記の公式ドキュメントを参照してください。



Django テンプレートにおけるその他の方法

独自のテンプレートタグとフィルタ

Django テンプレートでは、独自のテンプレートタグとフィルタを作成することができます。これは、テンプレートに独自の機能を追加したり、特定のタスクをより効率的に実行したりするための便利な方法です。

テンプレートプリプロセッサ

Django テンプレートプリプロセッサは、テンプレートファイルがレンダリングされる前に処理を行うツールです。テンプレートファイルの圧縮、ミニфикация、コンパイルなど、さまざまな機能を提供します。

その他のテンプレートエンジン

Django は Jinja2 テンプレートエンジンをデフォルトで使用していますが、他のテンプレートエンジンを使用することもできます。

補足

上記の情報は参考用であり、最新の情報ではない可能性があります。最新の情報は、上記の公式ドキュメントを参照してください。




FeedBurnerで簡単フィード配信!Djangoとの連携方法

Djangoでフィードを作成するには、以下の手順を行います。django. contrib. syndication モジュールをインポートする。フィードの内容となるモデルを定義する。フィードクラスを作成する。フィードのURLパターンを設定する。



Django フォームフィールド API のサンプルコード

フォームフィールドは、ユーザー入力を受け取るための個別の要素です。名前、メールアドレス、パスワードなど、さまざまな種類のデータに対応できます。主なフォームフィールドの種類:CharField: テキスト入力EmailField: メールアドレス入力


Django APIにおけるCSRF保護の概要

Djangoは、Python製のWebフレームワークであり、開発者にとって使いやすいツールとして知られています。しかし、Webアプリケーションには常にセキュリティリスクが伴い、Django APIも例外ではありません。CSRFとは?Cross Site Request Forgery(CSRF)は、ユーザーの意図しない操作を誘発するサイバー攻撃の一種です。攻撃者は、ユーザーがログイン済みのWebサイトに悪意のあるリクエストを送信し、ユーザーの知らない間に不正な操作を実行させようとします。


Django フォーム レンダリング API を使わない方がいい場合

テンプレートベースのレンダリング: フォームは、Django テンプレートエンジンを使用して HTML にレンダリングされます。これにより、フォームの外観と動作を完全にカスタマイズできます。ウィジェット: フォームフィールドは、さまざまなウィジェットを使用してレンダリングされます。各ウィジェットは、特定の種類の入力フィールド (テキスト入力、選択リストなど) をレンダリングします。


Django組み込みビューとは?

組み込みビューは、Django が提供する事前定義済みのビュー関数です。一般的な CRUD 操作(作成、読み取り、更新、削除)や汎用的な機能を実行するためのビューが用意されており、開発者はこれらのビューを拡張したり、独自のカスタムビューを作成したりして、アプリケーションのニーズに合わせた API を構築することができます。



Django settings.SECURE_HSTS_INCLUDE_SUBDOMAINS 設定: 最適な方法の選択

データ型: boolデフォルト値: False推奨値: 全てのサブドメインで HTTPS を使用している場合は TrueSECURE_HSTS_INCLUDE_SUBDOMAINS 設定は、HTTPS 接続を強制する HSTS ヘッダーに includeSubDomains ディレクティブを含めるかどうかを指定します。このディレクティブを含めると、ブラウザは設定された期間内、サブドメインへのアクセスも HTTPS 接続のみを許可します。


Djangoでトランザクションを管理する:django.db.transactionとdb.transaction.on_commit()

db. transaction. on_commit() は、トランザクションがコミットされた後に実行される関数を登録するための関数です。これは、データベースへの変更を反映するために、キャッシュを更新したり、他のシステムに通知したりする必要がある場合に役立ちます。


Django開発者必見! 「core.checks.Critical」を使いこなして、より安定性の高いプロジェクトを構築

「core. checks. Critical」は、CheckMessageクラスのサブクラスであり、以下の情報をカプセル化します。レベル: メッセージの重大度。CRITICALは最も深刻なレベルを表します。メッセージ: 問題の説明。ヒント: 問題を解決するためのヒント。


タグでフォーマットして pre タグによるコードブロックで出力しています。

Django の django. core. cache. caches は、アプリケーションのパフォーマンスを向上させるためにキャッシュシステムを設定するための設定項目です。キャッシュシステムは、データベースやその他のデータソースから取得したデータを一時的に保存することで、同じデータを繰り返し取得する必要をなくし、アプリケーションの処理速度を向上させます。


django.db.models.Field.verbose_name の詳細解説

django. db. models. Field. verbose_name は、Django モデルフィールドの 人間可読の名前 を設定するための属性です。これは、モデルフィールドの機械名よりも分かりやすい名前をユーザーインターフェースなどに表示するために使用されます。