InlineModelAdmin.model と関連する属性

2024-04-02

Django admin.InlineModelAdmin.model の詳細解説

django.contrib.admin.InlineModelAdmin.model は、Django 管理画面でインライン編集機能を提供するために使用する重要な属性です。この属性は、インライン編集で扱いたい関連モデルを指定するために使用されます。

詳細解説

インライン編集機能とは

Django 管理画面では、関連モデルを編集する際に、以下の 2 つの方法があります。

  • 個別編集: 関連モデルを個別に編集画面を開いて編集する
  • インライン編集: 親モデルの編集画面内に関連モデルの編集画面を埋め込み、まとめて編集する

InlineModelAdmin.model は、後者のインライン編集機能を実現するために使用されます。

InlineModelAdmin.model は、以下の情報を指定するために使用されます。

  • インライン編集で扱いたい関連モデル: どの関連モデルをインライン編集で扱いたいのかを指定します。
  • 関連モデルとの関係: どのように関連付けられているのかを指定します。

InlineModelAdmin.model の設定例

以下の例は、Post モデルと Image モデルが ForeignKey で関連付けられている場合の、InlineModelAdmin.model の設定例です。

class Post(models.Model):
    title = models.CharField(max_length=255)

class Image(models.Model):
    post = models.ForeignKey(Post, on_delete=models.CASCADE)
    image = models.ImageField(upload_to='images/')

class ImageInline(admin.TabularInline):
    model = Image

class PostAdmin(admin.ModelAdmin):
    inlines = [ImageInline]

この設定により、Post モデルの編集画面には、Image モデルのインライン編集画面が埋め込まれます。

InlineModelAdmin.model と関連する属性は以下の通りです。

  • fk_name: 関連モデルとの関連フィールドの名前を指定します。
  • verbose_name: インライン編集画面における関連モデルの名前を指定します。
  • verbose_name_plural: インライン編集画面における関連モデルの複数形の名前を指定します。

まとめ

django.contrib.admin.InlineModelAdmin.model は、Django 管理画面でインライン編集機能を提供するために使用する重要な属性です。この属性を理解することで、関連モデルを効率的に編集することができます。



Django admin.InlineModelAdmin.model サンプルコード集

class Post(models.Model):
    title = models.CharField(max_length=255)

class Image(models.Model):
    post = models.ForeignKey(Post, on_delete=models.CASCADE)
    image = models.ImageField(upload_to='images/')

class ImageInline(admin.TabularInline):
    model = Image

class PostAdmin(admin.ModelAdmin):
    inlines = [ImageInline]

fk_name を使用したサンプル

class Post(models.Model):
    title = models.CharField(max_length=255)

class Image(models.Model):
    post_id = models.ForeignKey(Post, on_delete=models.CASCADE)
    image = models.ImageField(upload_to='images/')

class ImageInline(admin.TabularInline):
    model = Image
    fk_name = 'post_id'

class PostAdmin(admin.ModelAdmin):
    inlines = [ImageInline]

verbose_name と verbose_name_plural を使用したサンプル

class Post(models.Model):
    title = models.CharField(max_length=255)

class Image(models.Model):
    post = models.ForeignKey(Post, on_delete=models.CASCADE)
    image = models.ImageField(upload_to='images/')

class ImageInline(admin.TabularInline):
    model = Image
    verbose_name = '写真'
    verbose_name_plural = '写真'

class PostAdmin(admin.ModelAdmin):
    inlines = [ImageInline]

スタックインラインを使用したサンプル

class Post(models.Model):
    title = models.CharField(max_length=255)

class Tag(models.Model):
    name = models.CharField(max_length=255)

class PostTagInline(admin.StackedInline):
    model = Tag

class PostAdmin(admin.ModelAdmin):
    inlines = [PostTagInline]

読み取り専用インラインを使用したサンプル

class Post(models.Model):
    title = models.CharField(max_length=255)

class Comment(models.Model):
    post = models.ForeignKey(Post, on_delete=models.CASCADE)
    content = models.TextField()

class CommentInline(admin.TabularInline):
    model = Comment
    readonly_fields = ('content',)

class PostAdmin(admin.ModelAdmin):
    inlines = [CommentInline]

フィルター付きインラインを使用したサンプル

class Post(models.Model):
    title = models.CharField(max_length=255)

class Comment(models.Model):
    post = models.ForeignKey(Post, on_delete=models.CASCADE)
    content = models.TextField()

class CommentInline(admin.TabularInline):
    model = Comment
    list_filter = ('post',)

class PostAdmin(admin.ModelAdmin):
    inlines = [CommentInline]

検索付きインラインを使用したサンプル

class Post(models.Model):
    title = models.CharField(max_length=255)

class Comment(models.Model):
    post = models.ForeignKey(Post, on_delete=models.CASCADE)
    content = models.TextField()

class CommentInline(admin.TabularInline):
    model = Comment
    search_fields = ('content',)

class PostAdmin(admin.ModelAdmin):
    inlines = [CommentInline]


Django admin で関連モデルを編集する他の方法

個別編集

関連モデルを個別に編集画面を開いて編集する方法です。

メリット:

  • インライン編集よりも詳細な編集が可能
  • 複雑な関連モデルを編集する場合に適している

デメリット:

  • インライン編集よりも手間がかかる
  • 関連モデル間の参照関係を意識する必要がある

ModelAdmin.raw_id_fields

関連モデルをプルダウンメニューから選択して編集する方法です。

メリット:

  • 個別編集よりも手軽に編集できる
  • 多くの関連モデルがある場合に適している

デメリット:

  • 選択できる関連モデルが限定される
  • 関連モデルの詳細な編集ができない

ModelAdmin.related_lookup_fields

関連モデルを検索して選択して編集する方法です。

メリット:

  • raw_id_fields よりも多くの関連モデルを選択できる
  • 関連モデルの詳細な編集が可能

デメリット:

  • raw_id_fields よりも手間がかかる

カスタムビュー

Django のカスタムビューを使用して、独自の編集画面を作成する方法です。

メリット:

  • 柔軟性の高い編集画面を作成できる
  • 複雑な編集要件を満たす場合に適している

デメリット:

  • 開発コストが高い

どの方法を選択するべきかは、以下の要件を考慮する必要があります。

  • 編集する関連モデルの種類
  • 編集画面の複雑さ
  • 開発コスト



Django テンプレート: 組み込みタグとフィルタを使いこなす

Django テンプレートには、さまざまな機能を提供する多数の組み込みテンプレートタグがあります。以下は、いくつかの主要なテンプレートタグの例です。{% for %} ループ: データのリストを繰り返し処理し、各要素に対してテンプレートの一部をレンダリングします。



Django フォームフィールド API のサンプルコード

フォームフィールドは、ユーザー入力を受け取るための個別の要素です。名前、メールアドレス、パスワードなど、さまざまな種類のデータに対応できます。主なフォームフィールドの種類:CharField: テキスト入力EmailField: メールアドレス入力


Django APIにおけるCSRF保護の概要

Djangoは、Python製のWebフレームワークであり、開発者にとって使いやすいツールとして知られています。しかし、Webアプリケーションには常にセキュリティリスクが伴い、Django APIも例外ではありません。CSRFとは?Cross Site Request Forgery(CSRF)は、ユーザーの意図しない操作を誘発するサイバー攻撃の一種です。攻撃者は、ユーザーがログイン済みのWebサイトに悪意のあるリクエストを送信し、ユーザーの知らない間に不正な操作を実行させようとします。


Django組み込みビューとは?

組み込みビューは、Django が提供する事前定義済みのビュー関数です。一般的な CRUD 操作(作成、読み取り、更新、削除)や汎用的な機能を実行するためのビューが用意されており、開発者はこれらのビューを拡張したり、独自のカスタムビューを作成したりして、アプリケーションのニーズに合わせた API を構築することができます。


Django フォーム レンダリング API を使わない方がいい場合

テンプレートベースのレンダリング: フォームは、Django テンプレートエンジンを使用して HTML にレンダリングされます。これにより、フォームの外観と動作を完全にカスタマイズできます。ウィジェット: フォームフィールドは、さまざまなウィジェットを使用してレンダリングされます。各ウィジェットは、特定の種類の入力フィールド (テキスト入力、選択リストなど) をレンダリングします。



Django "django.contrib.admin" の "admin.apps.AdminConfig" を使った管理サイトのカスタマイズ

"django. contrib. admin" は、Django プロジェクトに管理インターフェースを提供するモジュールです。 "admin. apps. AdminConfig" は、このモジュールの重要な部分であり、以下の機能を提供します。


DjangoのWeekArchiveViewで特定の週に公開された記事を表示する

WeekArchiveViewは、Djangoのviews. generic. datesモジュールにあるクラスベースビューです。これは、特定の週に公開されたオブジェクトのリストを表示するビューを作成するための便利なツールです。機能特定の週に公開されたオブジェクトのリストを表示します。


Django forms.Form.has_error() 完全解説

動作has_error()は以下のいずれかの条件を満たす場合、Trueを返します。フォーム全体にエラーがあるフォームの1つ以上のフィールドにエラーがある使用例上記例では、form. has_error()によってフォームにエラーがあるかどうかをチェックしています。エラーがある場合はifブロック内の処理が実行され、エラー処理を行います。エラーがない場合はelseブロック内の処理が実行され、フォーム送信処理を行います。


DjangoでGmail / Microsoft 365 / Amazon SES を使用する方法

settings. EMAIL_PORT は、Django プロジェクトでメール送信時に使用する SMTP サーバのポート番号を設定します。デフォルト値は 25 です。設定例詳細EMAIL_HOST: SMTP サーバのホスト名または IP アドレス


Modelフォームを使ってファイルをアップロードする

InMemoryStorage は、Django で提供されるファイルストレージバックエンドの一つです。他のストレージバックエンドとは異なり、ファイルをディスク上に保存するのではなく、メモリ上に保持します。これは、一時的なファイルの処理や、パフォーマンスが重要な場合に役立ちます。