Django admin.ModelAdmin.exclude を使いこなす:特定のユーザーグループのみ編集可能なフィールド、機密情報を含むフィールド、使用頻度の低いフィールドを除外する方法

2024-04-02

Django admin.ModelAdmin.exclude の詳細解説

django.contrib.adminModelAdmin クラスには、exclude 属性があります。これは、モデル管理画面で編集または表示できないフィールドを指定するために使用されます。

使用方法

exclude 属性は、フィールド名のリストを受け取ります。例えば、以下のコードは MyModel モデルの name フィールドと age フィールドを管理画面から除外します。

from django.contrib import admin

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    exclude = ('name', 'age')

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

詳細

  • exclude 属性は、モデルのすべてのフィールドに適用されます。
  • 複数のフィールドを除外するには、フィールド名をカンマで区切ります。
  • exclude 属性は、readonly_fields 属性と組み合わせて使用できます。
  • exclude 属性は、list_display 属性、search_fields 属性、filter_fields 属性などの他の属性にも影響を与える可能性があります。

  • 特定のユーザーグループのみが編集できるフィールドを除外する
  • 機密情報を含むフィールドを除外する
  • 使用頻度の低いフィールドを除外する

注意事項

  • exclude 属性は、モデルのフィールドを実際に削除するわけではないことに注意してください。
  • exclude 属性を使用してフィールドを除外すると、そのフィールドのデータはデータベースに保存されません。
  • exclude 属性を使用してフィールドを除外すると、そのフィールドの値を変更することはできません。

補足

  • 上記の例では、MyModelAdmin クラスを直接使用しています。
  • 多くの場合、ModelAdmin クラスを継承してカスタム管理クラスを作成します。
  • カスタム管理クラスでは、exclude 属性を使用して、モデル管理画面をニーズに合わせてカスタマイズできます。
  • exclude 属性は、モデル管理画面だけでなく、他の Django コンポーネントでも使用できます。
  • 例えば、ModelChoiceField フォームフィールドの exclude 属性を使用して、選択可能な選択肢を制限できます。

admin.ModelAdmin.exclude に関する質問は、Django フォーラムまたは Stack Overflow で投稿できます。



Django admin.ModelAdmin.exclude サンプルコード

from django.contrib import admin

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    exclude = ('name', 'age')

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

このコードは、MyModel モデルの name フィールドと age フィールドを管理画面から除外します。

特定のユーザーグループのみが編集できるフィールドを除外する

from django.contrib import admin
from django.contrib.auth.models import User

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    exclude = ('is_superuser', 'is_staff')

    def has_change_permission(self, request, obj=None):
        user = request.user
        if user.is_superuser:
            return True
        else:
            return False

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

このコードは、MyModel モデルの is_superuser フィールドと is_staff フィールドを管理画面から除外します。ただし、スーパーユーザーはこれらのフィールドを編集できます。

機密情報を含むフィールドを除外する

from django.contrib import admin

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    exclude = ('password', 'credit_card_number')

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

このコードは、MyModel モデルの password フィールドと credit_card_number フィールドを管理画面から除外します。

使用頻度の低いフィールドを除外する

from django.contrib import admin

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    exclude = ('last_login', 'date_joined')

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

このコードは、MyModel モデルの last_login フィールドと date_joined フィールドを管理画面から除外します。

readonly_fields 属性と組み合わせて使用

from django.contrib import admin

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    exclude = ('name', 'age')
    readonly_fields = ('created_at', 'updated_at')

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

このコードは、MyModel モデルの name フィールド、age フィールド、created_at フィールド、updated_at フィールドを管理画面から除外します。created_at フィールドと updated_at フィールドは読み取り専用です。

list_display 属性、search_fields 属性、filter_fields 属性に影響を与える

from django.contrib import admin

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    exclude = ('name', 'age')
    list_display = ('id', 'email')
    search_fields = ('email', 'description')
    filter_fields = ('email', 'is_active')

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

このコードは、MyModel モデルの name フィールドと age フィールドを管理画面から除外します。

  • list_display 属性は、一覧画面に表示されるフィールドを指定します。
  • search_fields 属性は、検索対象となるフィールドを指定します。
  • filter_fields 属性は、フィルタリング対象となるフィールドを指定します。

この例では、name フィールドと age フィールドはこれらの属性から除外されます。

カスタム管理クラス

from django.contrib import admin

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    exclude = ('name', 'age')

    def get_form(self, request, obj=None):
        form = super().get_form(request, obj)
        form.fields['description'].widget = forms.Textarea()
        return form

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

このコードは、MyModel モデルの name フィールドと age フィールドを管理画面から除外します。さらに、description フィールドのウィジェットを Textarea ウィジェットに変更します。



Django admin.ModelAdmin.exclude の代替方法

readonly_fields 属性は、ユーザーが編集できないフィールドを指定するために使用されます。この属性を使用して、ユーザーが編集できないフィールドを指定することで、事実上、そのフィールドを管理画面から除外することができます。

from django.contrib import admin

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    readonly_fields = ('name', 'age')

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

このコードは、MyModel モデルの name フィールドと age フィールドをユーザーが編集できないようにします。

formfield_overrides 属性は、特定のフィールドのフォームフィールドをカスタマイズするために使用されます。この属性を使用して、特定のフィールドのフォームフィールドを HiddenField フィールドなどに変更することで、事実上、そのフィールドを管理画面から除外することができます。

from django.contrib import admin
from django.forms import HiddenField

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    formfield_overrides = {
        'name': {'widget': HiddenField()},
    }

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

このコードは、MyModel モデルの name フィールドを HiddenField フィールドに変更します。

カスタムフォーム

ModelAdmin クラスの form 属性をオーバーライドして、カスタムフォームを指定することができます。カスタムフォームを使用して、特定のフィールドをフォームから除外することができます。

from django.contrib import admin
from django.forms import ModelForm

class MyModelForm(ModelForm):
    class Meta:
        model = MyModel
        exclude = ('name', 'age')

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    form = MyModelForm

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

このコードは、MyModel モデルの name フィールドと age フィールドをフォームから除外します。

テンプレート

管理画面のテンプレートをカスタマイズすることで、特定のフィールドをテンプレートから除外することができます。

{% extends 'admin/base.html' %}

{% block content %}
<h1>{{ title }}</h1>

<form action="{% url 'admin:app_label_model_change' model_admin.model._meta.app_label model_admin.model._meta.model_name object_id %}" method="post">
{% csrf_token %}

<ul class="errorlist">
{% for error in form.errors %}
<li><p>{{ error }}</p></li>
{% endfor %}
</ul>

<table>
{% for field in form %}
<tr>
<th>{{ field.label }}</th>
<td>{{ field }}</td>
</tr>
{% endfor %}
</table>

<input type="submit" value="Save">
</form>
{% endblock %}

このテンプレートは、MyModel モデルの name フィールドと age フィールドをテンプレートから除外します。

JavaScriptを使用して、特定のフィールドを非表示にすることができます。

// mymodel_change_form.js

$(document).ready(function() {
    $('#id_name').hide();
    $('#id_age').hide();
});

このJavaScriptは、MyModel モデルの name フィールドと age フィールドを非表示にします。

admin.ModelAdmin.exclude 属性は、モデル管理画面からフィールドを除外する簡単な方法ですが、いくつかの代替方法もあります。これらの代替方法は、より柔軟な方法でフィールドを除外するために使用できます。




Django組み込みビューとは?

組み込みビューは、Django が提供する事前定義済みのビュー関数です。一般的な CRUD 操作(作成、読み取り、更新、削除)や汎用的な機能を実行するためのビューが用意されており、開発者はこれらのビューを拡張したり、独自のカスタムビューを作成したりして、アプリケーションのニーズに合わせた API を構築することができます。



Django フォームフィールド API のサンプルコード

フォームフィールドは、ユーザー入力を受け取るための個別の要素です。名前、メールアドレス、パスワードなど、さまざまな種類のデータに対応できます。主なフォームフィールドの種類:CharField: テキスト入力EmailField: メールアドレス入力


FeedBurnerで簡単フィード配信!Djangoとの連携方法

Djangoでフィードを作成するには、以下の手順を行います。django. contrib. syndication モジュールをインポートする。フィードの内容となるモデルを定義する。フィードクラスを作成する。フィードのURLパターンを設定する。


Django テンプレート: 組み込みタグとフィルタを使いこなす

Django テンプレートには、さまざまな機能を提供する多数の組み込みテンプレートタグがあります。以下は、いくつかの主要なテンプレートタグの例です。{% for %} ループ: データのリストを繰り返し処理し、各要素に対してテンプレートの一部をレンダリングします。


Django APIにおけるCSRF保護の概要

Djangoは、Python製のWebフレームワークであり、開発者にとって使いやすいツールとして知られています。しかし、Webアプリケーションには常にセキュリティリスクが伴い、Django APIも例外ではありません。CSRFとは?Cross Site Request Forgery(CSRF)は、ユーザーの意図しない操作を誘発するサイバー攻撃の一種です。攻撃者は、ユーザーがログイン済みのWebサイトに悪意のあるリクエストを送信し、ユーザーの知らない間に不正な操作を実行させようとします。



InlineModelAdmin.model と関連する属性

django. contrib. admin. InlineModelAdmin. model は、Django 管理画面でインライン編集機能を提供するために使用する重要な属性です。この属性は、インライン編集で扱いたい関連モデルを指定するために使用されます。


django.utils.html.html_safe() 関数の使い方

django. utils. html. html_safe()は、Djangoテンプレート内でHTMLコードを安全に出力するために使用する関数です。この関数は、渡された文字列をSafeText型に変換します。SafeText型は、テンプレートエンジンによって自動的にエスケープ処理されずにそのまま出力される特殊な文字列型です。


Djangoで複数言語対応を実現する: utils.translation.activate() の使い方

activate() は、以下のような状況で役立ちます。複数言語対応の Web サイトやアプリケーションを開発する場合特定の言語でメールやその他のメッセージを送信する場合テストコードで特定の言語設定を検証する場合activate() の使い方は以下のとおりです。


Djangoのsettings.SESSION_CACHE_ALIAS設定の詳細解説

settings. SESSION_CACHE_ALIAS は、Django のセッションデータをキャッシュするために使用するキャッシュエンジンを指定する設定です。デフォルトでは、Django は default という名前のキャッシュエンジンを使用します。しかし、複数のキャッシュエンジンを定義している場合は、この設定を使用して特定のキャッシュエンジンをセッションデータ用に指定することができます。


Django forms.BoundField.help_text とは? 設定方法、サンプルコード、代替方法まで徹底解説!

django. forms. BoundField. help_text は、Django フォームでフィールドのヘルプテキストを設定するために使用する属性です。これは、フィールドの使用方法や入力内容に関する補足情報をユーザーに提供するために役立ちます。