Django admin.ModelAdmin.readonly_fields 詳細解説

2024-04-02

Django admin.ModelAdmin.readonly_fields 詳細解説

django.contrib.adminadmin.ModelAdmin.readonly_fields は、Django 管理サイトで特定のフィールドを 読み取り専用 に設定するための強力なツールです。この属性を使用すると、ユーザーが編集できないフィールドを指定できます。

利点

  • データの整合性を保ちます。
  • 誤操作を防ぎます。
  • 機密情報やシステム生成された情報を保護します。
  • ユーザーインターフェースをシンプルにします。

使い方

  1. readonly_fields 属性を ModelAdmin クラスに追加します。
  2. 読み取り専用にしたいフィールド名をリストとして指定します。

from django.contrib import admin

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    readonly_fields = ('created_at', 'updated_at')

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

この例では、created_atupdated_at フィールドは、Django 管理サイトで編集できなくなります。

詳細

  • readonly_fields は、モデルフィールド名だけでなく、 callable も受け付けます。
  • callable は、モデルインスタンスを受け取り、読み取り専用にするフィールド名のリストを返す必要があります。
  • readonly_fields は、list_displaylist_filter などの他の ModelAdmin 属性と組み合わせて使用できます。

補足

  • readonly_fields は、スーパーユーザーを含むすべてのユーザーに適用されます。
  • 特定のユーザーグループにのみ読み取り専用フィールドを適用するには、ModelAdminget_readonly_fields メソッドをオーバーライドする必要があります。

応用例

  • 作成日時や更新日時などのシステム生成されたフィールド
  • 機密情報、パスワード、API キーなど
  • 外部キーによって参照されるフィールド
  • 計算によって生成されるフィールド

admin.ModelAdmin.readonly_fields は、Django 管理サイトで特定のフィールドを 読み取り専用 に設定するための強力なツールです。データの整合性を保ち、誤操作を防ぐために、ぜひ活用しましょう。



Django admin.ModelAdmin.readonly_fields サンプルコード集

from django.contrib import admin

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    readonly_fields = ('created_at', 'updated_at')

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

callable を使用して動的に読み取り専用フィールドを設定

from django.contrib import admin

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    def get_readonly_fields(self, request, obj=None):
        if request.user.is_superuser:
            return ()
        else:
            return ('created_at', 'updated_at')

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

外部キーによって参照されるフィールドをreadonlyに設定

from django.contrib import admin

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    readonly_fields = ('foreign_key_field',)

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

計算によって生成されるフィールドをreadonlyに設定

from django.contrib import admin

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    readonly_fields = ('calculated_field',)

    def calculated_field(self, obj):
        return obj.field1 + obj.field2

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

読み取り専用フィールドにカスタムフォーマットを適用

from django.contrib import admin
from django.utils.html import format_html

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    readonly_fields = ('formatted_field',)

    def formatted_field(self, obj):
        return format_html('<span style="color: red;">{}</span>', obj.field)

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

読み取り専用フィールドにリンクを追加

from django.contrib import admin
from django.utils.html import format_html

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    readonly_fields = ('linked_field',)

    def linked_field(self, obj):
        return format_html('<a href="{}">{}</a>', obj.url, obj.field)

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

特定のユーザーグループにのみreadonlyフィールドを適用

from django.contrib import admin
from django.contrib.auth.models import Group

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    def get_readonly_fields(self, request, obj=None):
        user_groups = request.user.groups.all()
        if Group.objects.get(name='readonly_users') in user_groups:
            return ('created_at', 'updated_at')
        else:
            return ()

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

これらのサンプルコードは、admin.ModelAdmin.readonly_fields 属性の使い方を理解するのに役立ちます。

admin.ModelAdmin.readonly_fields は、Django 管理サイトで特定のフィールドを 読み取り専用 に設定するための強力なツールです。データの整合性を保ち、誤操作を防ぐために、ぜひ活用しましょう。



Django admin でフィールドをreadonlyにする他の方法

モデルフィールドの editable 属性を False に設定すると、そのフィールドは Django 管理サイトで編集できなくなります。

class MyModel(models.Model):
    name = models.CharField(max_length=255)
    age = models.IntegerField(editable=False)

フォームウィジェットを使用して、フィールドを readonly に設定できます。

from django.contrib import admin
from django.forms import widgets

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    formfield_overrides = {
        models.IntegerField: {'widget': widgets.TextInput(attrs={'readonly': 'readonly'})},
    }

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

カスタムフォームを作成して、フィールドを readonly に設定できます。

from django.contrib import admin
from django.forms import ModelForm

class MyModelForm(ModelForm):
    class Meta:
        model = MyModel
        fields = ('name', 'age')
        widgets = {
            'age': widgets.TextInput(attrs={'readonly': 'readonly'})
        }

class MyModelAdmin(admin.ModelAdmin):
    form = MyModelForm

admin.site.register(MyModel, MyModelAdmin)

JavaScript を使用して、フィールドを readonly に設定できます。

<script>
document.getElementById('id_age').readOnly = true;
</script>
  • すべてのユーザーに対してフィールドを readonly にしたい場合は、editable 属性を使用するのが最も簡単です。
  • 特定のユーザーグループに対してのみフィールドを readonly にしたい場合は、ModelAdminget_readonly_fields メソッドをオーバーライドする必要があります。
  • フィールドの表示形式をカスタマイズしたい場合は、カスタムフォームを使用する必要があります。

Django admin でフィールドを readonly に設定するには、いくつかの方法があります。どの方法を使用するべきかは、状況によって異なります。




Django組み込みビューとは?

組み込みビューは、Django が提供する事前定義済みのビュー関数です。一般的な CRUD 操作(作成、読み取り、更新、削除)や汎用的な機能を実行するためのビューが用意されており、開発者はこれらのビューを拡張したり、独自のカスタムビューを作成したりして、アプリケーションのニーズに合わせた API を構築することができます。



Django 汎用表示ビューとその他のAPI開発方法の比較

Djangoの汎用表示ビューは、以下の4つの主要なクラスで構成されています。ListView: モデルのオブジェクト一覧を表示します。DetailView: モデルの個別のオブジェクトを表示します。CreateView: モデルの新しいオブジェクトを作成します。


FeedBurnerで簡単フィード配信!Djangoとの連携方法

Djangoでフィードを作成するには、以下の手順を行います。django. contrib. syndication モジュールをインポートする。フィードの内容となるモデルを定義する。フィードクラスを作成する。フィードのURLパターンを設定する。


Django テンプレート: 組み込みタグとフィルタを使いこなす

Django テンプレートには、さまざまな機能を提供する多数の組み込みテンプレートタグがあります。以下は、いくつかの主要なテンプレートタグの例です。{% for %} ループ: データのリストを繰り返し処理し、各要素に対してテンプレートの一部をレンダリングします。


Django フォームフィールド API のサンプルコード

フォームフィールドは、ユーザー入力を受け取るための個別の要素です。名前、メールアドレス、パスワードなど、さまざまな種類のデータに対応できます。主なフォームフィールドの種類:CharField: テキスト入力EmailField: メールアドレス入力



Django core.files.storage.InMemoryStorage.file_permissions_mode 属性の詳細解説

core. files. storage. InMemoryStorage. file_permissions_mode は、Django のファイルストレージシステムにおけるメモリ内ストレージクラスで使用される属性です。これは、メモリ内に保存されたファイルに割り当てられるファイルシステムパーミッションを制御します。


Djangoにおける「http.HttpRequest.session」の役割と仕組み

Djangoの「django. http」モジュールにおける「http. HttpRequest. session」は、セッションと呼ばれる一時的なデータを保存および取得するための機能を提供します。セッションは、ユーザー認証情報やショッピングカート内の商品情報など、複数のリクエスト間で共有する必要があるデータを保持するのに役立ちます。


django.db.models.BaseConstraint.validate() メソッドのサンプルコード

引数: model: 検証対象となるモデルクラス instance: 検証対象となるモデルインスタンスmodel: 検証対象となるモデルクラスinstance: 検証対象となるモデルインスタンス戻り値: 制約が守られている場合は None


DjangoでAtom 1.0フィードを生成する際のトラブルシューティング

Atom1Feed クラスを使用するには、以下の手順が必要です。django. utils. feedgenerator モジュールをインポートします。Atom1Feed クラスのインスタンスを作成します。フィードのタイトル、リンク、説明を設定します。


Django でジオメトリタイプを取得する: geom_name 属性の威力

gis. gdal. OGRGeometry. geom_name は、Django の django. contrib. gis モジュールで提供される属性です。OGRGeometry オブジェクトのジオメトリタイプに基づいた名前を取得するために使用されます。