django.utils.html.html_safe() 関数の使い方

2024-04-02

Djangoのdjango.utils.html.html_safe()解説

django.utils.html.html_safe()は、Djangoテンプレート内でHTMLコードを安全に出力するために使用する関数です。この関数は、渡された文字列をSafeText型に変換します。SafeText型は、テンプレートエンジンによって自動的にエスケープ処理されずにそのまま出力される特殊な文字列型です。

使い方

html_safe()関数は、以下の2つの方法で使用できます。

  1. 文字列を直接渡す
from django.utils.html import html_safe

html_code = """
<h1>タイトル</h1>
<p>本文</p>
"""

safe_html = html_safe(html_code)

# テンプレート
{{ safe_html }}
  1. 変数に代入してから渡す
from django.utils.html import html_safe

html_code = """
<h1>タイトル</h1>
<p>本文</p>
"""

safe_html = SafeText(html_code)

# テンプレート
{{ safe_html }}

注意点

  • html_safe()関数は、渡された文字列を検証しないため、悪意のあるコードが含まれていないことを確認する必要があります。
  • html_safe()関数は、テンプレートエンジンによって自動的にエスケープ処理されずにそのまま出力されるため、XSS脆弱性の原因となる可能性があります。
  • テンプレート内でHTMLコードを出力する場合は、html_safe()関数と合わせてautoescapeタグを使用することをおすすめします。

html_safe()関数以外にも、Djangoテンプレート内でHTMLコードを出力する方法はいくつかあります。詳しくはDjangoドキュメントを参照してください。



django.utils.html.html_safe() のサンプルコード

文字列を直接渡す

from django.utils.html import html_safe

# ユーザー入力
user_input = "<h1>ユーザー入力</h1>"

# エスケープ処理なしで出力
safe_html = html_safe(user_input)

# テンプレート
{{ safe_html }}

変数に代入してから渡す

from django.utils.html import html_safe

# ユーザー入力
user_input = "<h1>ユーザー入力</h1>"

# SafeText 型に変換
safe_html = SafeText(user_input)

# テンプレート
{{ safe_html }}

テンプレート内で変数を展開

from django.utils.html import html_safe

# ユーザー入力
user_input = "<h1>ユーザー入力</h1>"

# テンプレート
{% autoescape off %}

{{ user_input }}

{% autoescape on %}

autoescape タグと組み合わせて使用する

from django.utils.html import html_safe

# ユーザー入力
user_input = "<h1>ユーザー入力</h1>"

# テンプレート
{% autoescape off %}

{{ safe_html }}

{% autoescape on %}

上記のサンプルコードは、django.utils.html.html_safe()関数の使い方をいくつか示しています。

  1. 文字列を直接 html_safe() 関数に渡して、エスケープ処理なしで出力します。
  2. 変数に代入してから html_safe() 関数に渡して、エスケープ処理なしで出力します。
  3. テンプレート内で autoescape タグをオフにして、変数を展開します。
  4. autoescape タグと html_safe() 関数を組み合わせて、特定の部分のみエスケープ処理なしで出力します。


DjangoテンプレートでHTMLコードを出力するその他の方法

# テンプレート
{% raw %}
<h1>タイトル</h1>
<p>本文</p>
{% endraw %}

テンプレートエンジンを Jinja2 に変更する

Jinja2 テンプレートエンジンは、Django 標準のテンプレートエンジンよりも多くの機能を提供しており、HTMLコードを安全に出力するための方法もいくつか用意されています。

カスタムテンプレートタグを作成する

特定の状況でHTMLコードを出力する必要がある場合は、カスタムテンプレートタグを作成することができます。

JavaScript を使用して、HTMLコードを動的に生成することができます。

それぞれの方法のメリットとデメリット

方法メリットデメリット
{% raw %} タグシンプルエスケープ処理を完全に無効にするため、XSS脆弱性のリスクがある
Jinja2 テンプレートエンジン機能豊富Django 標準のテンプレートエンジンではない
カスタムテンプレートタグ柔軟性が高い開発コストがかかる
JavaScript動的な出力複雑なコードになる可能性がある
  • HTMLコードを安全に出力するには、常に最新のセキュリティ対策を講じる必要があります。
  • テンプレート内でHTMLコードを出力する場合は、セキュリティリスクを十分に理解した上で、適切な方法を選択する必要があります。



Django フォームのサンプルコード

このガイドでは、以下の内容をより詳細に、分かりやすく解説します。フォームの作成フォームは forms. py ファイルで定義します。ここでは、フォームの各フィールドとその属性を記述します。フィールドの種類 文字列型 (CharField) テキストエリア (TextField) 選択肢 (ChoiceField) チェックボックス (BooleanField) ファイルアップロード (FileField) その他多数



Django の django.utils.http.urlencode() 関数と urllib.parse.urlencode() 関数の違い

django. utils. http. urlencode() は、Python 標準ライブラリの urllib. parse. urlencode() と同様の機能を持つ関数です。主な違いMultiValueDict や、文字列ではない値を含むデータ構造をエンコードできます。


get_language_info 関数で言語情報を取得

get_language_info() 関数は、指定された言語コードに関する詳細情報を提供します。これは、Django の国際化 (i18n) 機能の一部であり、多言語アプリケーションの開発をサポートします。引数lang_code: 言語コード。2文字または5文字の文字列です。例:en、en-us


Djangoテンプレートで現在の日付を表示する:django.utils.timezone.localdate() とテンプレートタグ

概要django. utils. timezone モジュールは、Djangoにおけるタイムゾーン機能を提供します。localdate() 関数は、現在のタイムゾーンに基づいて、datetime. date 型のオブジェクトを返します。この関数は、Djangoプロジェクトにおける日付処理において、重要な役割を果たします。


Django "django.utils.text.slugify()" の詳細解説

django. utils. text. slugify() は、Django フレームワークで提供される便利な関数です。この関数は、入力された文字列を URL に安全なスラッグに変換します。具体的には、以下の処理を行います。文字列を ASCII コードに変換します。



Django の django.db.models.as_sql() メソッドを徹底解説!

django. db. models. as_sql() メソッドは、Django モデルのクエリを、データベースが実行できる SQL クエリに変換します。これは、クエリがどのように実行されるのかを理解したい場合や、生の SQL クエリを必要とする場合に役立ちます。


Djangoで2つのジオメトリが離れているかどうかを判定する: gis.geos.PreparedGeometry.disjoint() メソッドの完全ガイド

django. contrib. gis モジュールの gis. geos. PreparedGeometry. disjoint() メソッドは、2つのジオメトリが互いに離れているかどうかを判断します。つまり、共通部分を持たないかどうかを判定します。


Django で core.management.call_command() 以外の方法でコマンドを実行する方法

django. core. management. call_command() は、Django の管理コマンドを実行するための関数です。管理コマンドは、データベースのマイグレーション、テストの実行、データのダンプなど、Django プロジェクトを管理するために使用されるツールです。


InlineModelAdmin.model と関連する属性

django. contrib. admin. InlineModelAdmin. model は、Django 管理画面でインライン編集機能を提供するために使用する重要な属性です。この属性は、インライン編集で扱いたい関連モデルを指定するために使用されます。


テンプレートでフォームフィールドを自在に操る! Django forms.Widget.get_context() の魔法

django. forms. forms. Widget. get_context() は、Django フォームでテンプレートにレンダリングする際に、ウィジェットのコンテキストを生成するために使用されるメソッドです。このメソッドは、ウィジェットとその関連する属性に関する情報をテンプレートに提供し、フォームフィールドを適切に表示・操作するための基盤を提供します。