django.views.decorators.http.require_http_methods() デコレータの完全ガイド

2024-04-02

Django の django.views.decorators.http.require_http_methods() デコレータ

デコレータの役割

このデコレータは、ビュー関数に渡されるリクエストの HTTP メソッドが許可されているかどうかをチェックします。許可されていない場合、django.http.HttpResponseNotAllowed オブジェクトが返されます。

デコレータの使い方

このデコレータは、以下のように使用します。

from django.views.decorators.http import require_http_methods

@require_http_methods(["GET", "POST"])
def my_view(request):
    # ...

上記の例では、my_view 関数は GET メソッドと POST メソッドのみを受け付けます。他のメソッドでアクセスされた場合は、405 Method Not Allowed エラーが発生します。

デコレータの引数

このデコレータは、以下の引数を受け取ります。

  • methods: 許可する HTTP メソッドのリスト。デフォルトは ["GET"] です。

使用例

このデコレータは、以下のような状況で使用できます。

  • 特定の HTTP メソッドのみを受け付ける API エンドポイントを作成する場合
  • 特定の HTTP メソッドのみでアクセス可能なページを作成する場合
  • デコレータは、ビュー関数の前に記述する必要があります。
  • デコレータは、複数のビュー関数に適用することができます。
  • デコレータは、クラスベースのビューにも使用することができます。

補足

HTTP メソッドは、クライアントがサーバーに対して実行するアクションを指定します。一般的な HTTP メソッドは以下のとおりです。

  • GET: サーバーからリソースを取得します。
  • POST: サーバーにリソースを送信します。
  • PUT: サーバー上のリソースを更新します。
  • DELETE: サーバー上のリソースを削除します。

HttpResponseNotAllowed オブジェクト

django.http.HttpResponseNotAllowed オブジェクトは、許可されていない HTTP メソッドでアクセスされたときに返されます。このオブジェクトには、許可されている HTTP メソッドのリストが含まれます。

クラスベースのビューでは、デコレータをビュークラスのメソッドの前に記述する必要があります。

from django.views.generic import View

class MyView(View):
    @require_http_methods(["GET", "POST"])
    def get(self, request):
        # ...

    def post(self, request):
        # ...

非同期ビュー

Django 5.0 以降では、このデコレータは非同期ビュー関数にも使用できます。

from django.views import View

async def my_view(request):
    # ...

@require_http_methods(["GET", "POST"])
async def my_async_view(request):
    # ...


require_http_methods() デコレータのサンプルコード

GET メソッドと POST メソッドのみを受け付ける API エンドポイント

from django.views.decorators.http import require_http_methods

@require_http_methods(["GET", "POST"])
def my_api_endpoint(request):
    if request.method == "GET":
        # GET 処理
    elif request.method == "POST":
        # POST 処理
    else:
        # 許可されていないメソッド
        return HttpResponseNotAllowed(["GET", "POST"])

GET メソッドのみでアクセス可能なページ

from django.views.decorators.http import require_http_methods

@require_http_methods(["GET"])
def my_page(request):
    # GET 処理
    # ...

クラスベースのビュー

from django.views.generic import View

class MyView(View):
    @require_http_methods(["GET", "POST"])
    def get(self, request):
        # GET 処理
        # ...

    def post(self, request):
        # POST 処理
        # ...

非同期ビュー

from django.views import View

async def my_view(request):
    # ...

@require_http_methods(["GET", "POST"])
async def my_async_view(request):
    # ...
  • デコレータは、複数の HTTP メソッドを受け付けることができます。


require_http_methods() デコレータの代替方法

request.method 属性をチェックする

def my_view(request):
    if request.method == "GET":
        # GET 処理
    elif request.method == "POST":
        # POST 処理
    else:
        # 許可されていないメソッド
        return HttpResponseNotAllowed(["GET", "POST"])

if ステートメントを使用する

def my_view(request):
    if request.method not in ["GET", "POST"]:
        return HttpResponseNotAllowed(["GET", "POST"])

    # GET 処理または POST 処理

カスタムミドルウェアを作成して、許可されていない HTTP メソッドでアクセスされた場合は HttpResponseNotAllowed オブジェクトを返すことができます。

class HttpMethodsMiddleware:
    def __init__(self, get_response):
        self.get_response = get_response

    def __call__(self, request):
        if request.method not in ["GET", "POST"]:
            return HttpResponseNotAllowed(["GET", "POST"])

        return self.get_response(request)

  • シンプルな方法で特定の HTTP メソッドのみを受け付けたい場合は、request.method 属性をチェックする方法がおすすめです。
  • 複数のビュー関数で同じ処理を行いたい場合は、デコレータを使用するのがおすすめです。
  • より柔軟な制御が必要な場合は、カスタムミドルウェアを作成するのがおすすめです。



Django フォームのサンプルコード

このガイドでは、以下の内容をより詳細に、分かりやすく解説します。フォームの作成フォームは forms. py ファイルで定義します。ここでは、フォームの各フィールドとその属性を記述します。フィールドの種類 文字列型 (CharField) テキストエリア (TextField) 選択肢 (ChoiceField) チェックボックス (BooleanField) ファイルアップロード (FileField) その他多数



【保存版】和菓子の定番「こしあん」と「つぶあん」の違いを徹底解説! おすすめレシピも紹介

django. views. generic. list. MultipleObjectMixin は、Django のジェネリックビューの一つで、リスト表示用の機能を提供します。allow_empty 属性は、このビューで表示するオブジェクトが存在しない場合の動作を制御します。


Django: django.views.generic.dates.YearMixin.get_year_format() の詳細解説とサンプルコード

django. views. generic. dates. YearMixin. get_year_format() は、Django の日付ベースの汎用ビューミックスインで使用されるメソッドです。これは、現在の年の形式を返すために使用されます。


FormMixin.success_url使用時の注意点

success_url属性は、フォーム処理が成功した後にユーザーをリダイレクトしたい場所を指定します。これは、以下の2つの目的で使用されます。ユーザーに処理結果を伝えるユーザーを次のステップへ導く例えば、ユーザー登録フォームの場合、success_url属性を登録完了ページのURLに設定することで、ユーザー登録が成功したことを伝え、ユーザーを登録完了ページへリダイレクトすることができます。


BaseDeleteViewを使ってオブジェクトを削除する

オブジェクトの表示削除確認フォームの表示オブジェクトの削除削除後のリダイレクトBaseDeleteViewを使用するには、以下の手順が必要です。削除したいモデルを指定する削除後のリダイレクト先URLを指定する必要に応じて、テンプレートファイルを作成する



まとめ:django.db.models.functions.TruncSecondを使いこなして、データ分析を効率化しよう!

django. db. models. functions. TruncSecond は、DateTimeField 型のフィールドを秒単位で切り捨てて、新しい DateTimeField 型の値を返す関数です。これは、日付と時刻の情報を保持しながら、秒以下の精度を無視したい場合に役立ちます。


他のアプリケーションとフィールド情報を共有するために文字列に変換する

django. contrib. gis. gdal. Field. as_string() は、GDAL (Geospatial Data Abstraction Library) フィールドオブジェクトを文字列に変換するための関数です。この関数は、GDAL フィールドの属性情報 (名前、型、精度、幅など) を、データベースに保存したり、他のアプリケーションと共有したりするために使用できます。


テンプレートフィルターで秘密情報を守れ! Django views.debug.SafeExceptionReporterFilter.cleansed_substitute の使い方

django. views. debug. SafeExceptionReporterFilter. cleansed_substitute は、Django のデバッグ機能で利用されるテンプレートフィルターです。役割このフィルターは、エラー発生時に表示されるテンプレート内の敏感な情報をマスクするために使用されます。具体的には、以下の役割を担います。


Djangoのdjango.db.models.functions.MD5関数徹底解説

django. db. models. functions. MD5 は、データベースの MD5 ハッシュ関数を使用して、テキストフィールドのハッシュ値を計算する関数です。使用例詳細MD5 は、テキストフィールドを受け取り、128ビットのハッシュ値を返します。


Django settings.TIME_FORMAT 詳細解説

Django の settings. TIME_FORMAT は、テンプレート内で時間フォーマットを指定するために使用する設定です。デフォルトでは 'P', つまり 24時間表記の "%H:%M:%S" 形式になっています。設定方法settings