ESLint no-empty ルール:空のブロックを検知してコードの品質向上をサポート

2024-04-06

ESLint の no-empty ルール:空のブロックを検知してコードの品質向上をサポート

  • 空の if ステートメント: 条件文が常に false と評価される if ステートメント
  • 空の else ステートメント: 常に実行されない else ステートメント
  • 空の try / catch / finally ブロック: 何もしない try / catch / finally ブロック

これらの空のブロックは、コードの読みやすさを低下させ、潜在的なバグの原因となる可能性があります。no-empty ルールは、これらの問題を検知することで、コードの品質向上に役立ちます。

no-empty ルールは、デフォルトでは有効になっています。このルールを無効にする場合は、.eslintrc.json ファイルに以下の設定を追加します。

{
  "rules": {
    "no-empty": "off"
  }
}

以下の例は、no-empty ルールによって検知される空のブロックの例です。

例 1: 空の if ステートメント

if (false) {
  // 何もしない
}

例 2: 空の else ステートメント

if (true) {
  // 何もしない
} else {
  // 何もしない
}

例 3: 空の try / catch ブロック

try {
  // 何もしない
} catch (error) {
  // 何もしない
}

これらの例のように、空のブロックはコードの読みやすさを低下させ、潜在的なバグの原因となる可能性があります。no-empty ルールは、これらの問題を検知することで、コードの品質向上に役立ちます。

no-empty ルールは、コメントを含む空のブロックや、特定の条件下での空のブロックなど、いくつかの例外を許容しています。これらの例外は、.eslintrc.json ファイルで設定できます。

no-empty ルールは、JavaScript コードにおける空のブロックを検知し、コードの品質向上をサポートする ESLint のルールの一つです。このルールは、コードの読みやすさを向上させ、潜在的なバグを防ぐのに役立ちます。



ESLint no-empty ルールのサンプルコード

エラーとなるコード

空の if ステートメント

if (false) {
  // 何もしない
}

空の else ステートメント

if (true) {
  // 何もしない
} else {
  // 何もしない
}

空の try / catch ブロック

try {
  // 何もしない
} catch (error) {
  // 何もしない
}

空の finally ブロック

try {
  // 何もしない
} finally {
  // 何もしない
}

空のループ

for (let i = 0; i < 10; i++) {
  // 何もしない
}

空の関数

function doSomething() {
  // 何もしない
}

エラーにならないコード

以下のコードは、no-empty ルールによってエラーにはなりません。

コメントを含む空の if ステートメント

if (false) {
  // 意図的に処理を行わない
}

特定の条件下での空の else ステートメント

const isLoggedIn = true;

if (isLoggedIn) {
  // ログインしている場合の処理
} else {
  // ログインしていない場合の処理は不要
}

return 文を含む空の関数

function getSomething() {
  // 何も処理せずに空のオブジェクトを返す
  return {};
}

副作用を持つ空の関数

function updateState() {
  // 何もしないが、グローバル変数を更新する
  globalState.count++;
}

その他のサンプルコード

以下のコードは、no-empty ルールの設定によってエラーになる場合があります。

空の switch ステートメント

switch (value) {
  case 'a':
    // 何もしない
    break;
  case 'b':
    // 何もしない
    break;
  default:
    // 何もしない
}

空の case ステートメント

switch (value) {
  case 'a':
    break;
  case 'b':
    // 何もしない
  default:
    // 何もしない
}

空の do-while ループ

let i = 0;

do {
  // 何もしない
  i++;
} while (i < 10);

空の for-in ループ

const obj = {
  a: 1,
  b: 2,
  c: 3,
};

for (const key in obj) {
  // 何もしない
}

空の for-of ループ

const arr = [1, 2, 3];

for (const value of arr) {
  // 何もしない
}

これらのコードは、コードの意図を明確にするため、空のブロックではなくコメントを追加することをおすすめします。

no-empty ルールは、コードの品質向上に役立つ便利なルールです。ただし、例外もあるため、ルール設定やコードの書き方に注意する必要があります。



ESLint の no-empty ルール以外の方法

コメントによる説明

空のブロックの意図をコメントで説明することで、コードの読みやすさを向上させることができます。

例:

// 意図的に処理を行わない
if (false) {
  // 何もしない
}

テストコードによる検証

テストコードを書くことで、空のブロックが実際に実行されないことを検証することができます。

例:

it('should not do anything when the condition is false', () => {
  const result = doSomething(false);

  expect(result).toBeUndefined();
});

function doSomething(condition) {
  if (condition) {
    // 処理を行う
  }
}

コードレビューを行うことで、空のブロックを見つけて改善することができます。

コード静解析ツール

ESLint 以外にも、空のブロックを検知できるコード静解析ツールがあります。

例:

これらのツールは、コードフォーマッターとしても使用できます。

手動による確認

コードをレビューする際に、空のブロックがないか手動で確認することもできます。

どの方法を選択するべきかは、コードの規模や複雑性、開発チームの慣習などによって異なります。

一般的には、以下の方法を組み合わせることが効果的です。

  • no-empty ルールなどの ESLint ルールを使用する
  • 空のブロックの意図をコメントで説明する
  • コードレビューを行う

ESLint の no-empty ルール以外にも、空のブロックを検知してコードの品質向上をサポートする方法はいくつかあります。

どの方法を選択するべきかは、コードの規模や複雑性、開発チームの慣習などによって異なります。




ESLint ルール「no-multi-assign」:初心者でも安心!分かりやすい解説

ESLintのルール「no-multi-assign」は、変数に複数回代入することを制限するルールです。これは、コードの読みやすさや意図の明確さを向上させるために役立ちます。問題点変数に複数回代入すると、コードの意味が分かりにくくなります。例えば、以下のコード:



ESLint ルール "no-object-constructor" の徹底解説: オブジェクトリテラル記法でコードをスッキリさせよう

no-object-constructor は、new キーワードなしで Object コンストラクタを使用することを禁止する ESLint ルールです。これは、オブジェクトリテラル記法の方が簡潔で読みやすいコードになるためです。ルール設定


Web開発者のためのセキュリティとパフォーマンスのヒント:ESLintのno-script-urlルール

セキュリティjavascript: スキーマを含む URL は、悪意のあるコードを実行するために使用される可能性があります。例えば、以下のような攻撃が可能です。クロスサイトスクリプティング (XSS):攻撃者がユーザーのブラウザに悪意のあるコードを注入し、ユーザーの操作を乗っ取ったり、個人情報を盗んだりすることができます。


Morrow County でプログラミング:ESLint の object-shorthand ルールを駆使してコードを簡潔に

キーと値が同じ場合、":" を省略するプロパティキーが識別子である場合、":" を省略し、カンマを省略するこれらの書き方は、コードをより簡潔に読みやすくすることができます。"object-shorthand" ルールの設定このルールは、 .eslintrc


テンプレートリテラルを使いこなせ!ESLintのprefer-templateルールでコードの可読性を向上させる

prefer-templateは、ESLintのRulesの一つで、文字列の連結にテンプレートリテラルを使用することを推奨するルールです。テンプレートリテラルは、文字列の連結をより簡潔で分かりやすく記述できるため、コードの可読性向上に役立ちます。



ESLintのルール「no-async-promise-executor」徹底解説!コードの読みやすさと保守性を向上させる

ESLintのルール「no-async-promise-executor」は、async 関数を Promise コンストラクタのexecutor関数として使用することを禁止します。このルールは、コードの読みやすさと保守性を向上させるために役立ちます。


ESLint の「camelcase」ルールを使いこなして、プロフェッショナルなコードを目指す

ESLint の "camelcase" ルールは、変数名、関数名、プロパティ名などの識別子の命名規則を キャメルケース に準拠しているかどうかをチェックします。キャメルケースとは、最初の単語は小文字で始め、それ以降の単語は最初の文字を大文字にする命名規則です。例:


Morrow County でプログラミング:ESLint の object-shorthand ルールを駆使してコードを簡潔に

キーと値が同じ場合、":" を省略するプロパティキーが識別子である場合、":" を省略し、カンマを省略するこれらの書き方は、コードをより簡潔に読みやすくすることができます。"object-shorthand" ルールの設定このルールは、 .eslintrc


知らなかったでは済まされない!ESLintの「guard-for-in」でプロの技を身につける

ESLintのRules「guard-for-in」は、for-inループでオブジェクトのプロパティをループする際に、予期せぬ動作を防ぐためのルールです。問題点for-inループは、オブジェクト自身のプロパティだけでなく、原型チェーン上のプロパティもループします。これは、意図せずともループに予期せぬプロパティが含まれてしまう可能性があり、バグの原因となる可能性があります。


ESLint ルール "no-object-constructor" の徹底解説: オブジェクトリテラル記法でコードをスッキリさせよう

no-object-constructor は、new キーワードなしで Object コンストラクタを使用することを禁止する ESLint ルールです。これは、オブジェクトリテラル記法の方が簡潔で読みやすいコードになるためです。ルール設定