Web開発者のためのセキュリティとパフォーマンスのヒント:ESLintのno-script-urlルール

2024-04-02

ESLint の no-script-url ルール

なぜこのルールが必要なのか?

セキュリティ

javascript: スキーマを含む URL は、悪意のあるコードを実行するために使用される可能性があります。例えば、以下のような攻撃が可能です。

  • クロスサイトスクリプティング (XSS):攻撃者がユーザーのブラウザに悪意のあるコードを注入し、ユーザーの操作を乗っ取ったり、個人情報を盗んだりすることができます。
  • リダイレクト攻撃: 攻撃者がユーザーを悪意のある Web サイトにリダイレクトし、フィッシング詐欺やマルウェア感染などの被害に遭わせることができます。

パフォーマンス

javascript: スキーマを含む URL は、ブラウザのパフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。これは、ブラウザが JavaScript エンジンを起動してコードを実行する必要があるためです。

このルールをどのように有効にするか?

このルールを有効にするには、ESLint の設定ファイルに以下のように記述します。

{
  "rules": {
    "no-script-url": "error"
  }
}

このルールの例外

このルールには、いくつかの例外があります。例えば、以下の場合は javascript: スキーマを含む URL を使用しても問題ありません。

  • コードレビューやテスト環境など、安全な環境でコードを実行している場合
  • 信頼できるソースからのコードを使用している場合
  • javascript: スキーマを含む URL を安全に使用する方法を理解している場合

このルールの影響を受けるコード

このルールは、以下のようなコードに影響を与えます。

  • HTML の属性値
  • JavaScript コード

以下は、このルールに違反するコードの例です。

<a href="javascript:alert('Hello, world!');">Click me</a>
window.location.href = "javascript:alert('Hello, world!');";

このルールを遵守するためのヒント

このルールを遵守するには、以下のヒントが役に立ちます。

  • javascript: スキーマを含む URL の代わりに、JavaScript の関数やイベントを使用する。
  • コードレビューやテスト環境でコードを実行して、セキュリティ上の問題がないことを確認する。
  • 信頼できるソースからのコードのみを使用する。


ESLint の no-script-url ルールのサンプルコード

違反例

<a href="javascript:alert('Hello, world!');">Click me</a>
<img src="javascript:alert('Hello, world!');">
<button onclick="javascript:alert('Hello, world!');">Click me</button>

window.location.href = "javascript:alert('Hello, world!');";
document.location.href = "javascript:alert('Hello, world!');";
location.href = "javascript:alert('Hello, world!');";

許容例

<a href="#" onclick="alert('Hello, world!');">Click me</a>
<img src="image.png" onclick="alert('Hello, world!');">
<button onclick="myFunction()">Click me</button>

function myFunction() {
  alert('Hello, world!');
}

// 信頼できるソースからのコード
const myScript = require('trusted-library');
myScript.run();

// コードレビューやテスト環境
if (process.env.NODE_ENV === 'development') {
  console.log('This is a development environment');
  // `javascript:` スキーマを含む URL を使用しても問題ありません
}
  • 信頼できるソースからのコードのみを使用してください。


javascript: スキーマの代わりに使用できる方法

JavaScript の関数やイベントを使用する

javascript: スキーマを使用する代わりに、JavaScript の関数やイベントを使用して同じ動作を実現することができます。

例:

<button onclick="myFunction()">Click me</button>

function myFunction() {
  alert('Hello, world!');
}

HTML の属性を使用する

javascript: スキーマを使用する代わりに、HTML の属性を使用して同じ動作を実現できる場合があります。

例:

<a href="#" onclick="alert('Hello, world!');">Click me</a>

CSS アニメーションを使用する

javascript: スキーマを使用する代わりに、CSS アニメーションを使用して同じ動作を実現できる場合があります。

例:

<button class="button">Click me</button>

.button:hover {
  animation: my-animation 1s ease-in-out infinite;
}

@keyframes my-animation {
  0% {
    background-color: red;
  }
  100% {
    background-color: blue;
  }
}

ライブラリを使用する

javascript: スキーマを使用する代わりに、特定の動作を実現するためのライブラリを使用することができます。

例:

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.5.1/jquery.min.js"></script>

<button onclick="myFunction()">Click me</button>

<script>
function myFunction() {
  $(this).hide();
}
</script>

上記以外にも、javascript: スキーマの代わりに使用できる方法はいくつかあります。どの方法を使用するかは、具体的な状況によって異なります。




テンプレートリテラルを使いこなせ!ESLintのprefer-templateルールでコードの可読性を向上させる

prefer-templateは、ESLintのRulesの一つで、文字列の連結にテンプレートリテラルを使用することを推奨するルールです。テンプレートリテラルは、文字列の連結をより簡潔で分かりやすく記述できるため、コードの可読性向上に役立ちます。



Morrow County のプログラマー必見!ESLint ルール "no-unused-labels" でコードを効率化

ESLint の "no-unused-labels" ルールは、JavaScript コードにおける未使用ラベルを検出して警告またはエラーとして報告します。ラベルとは、コード内の特定の箇所に名前を付けるために使用される構文です。ラベルは、break や continue などのジャンプ命令と組み合わせて、コードの流れを制御するために使用されます。


JavaScript 開発者のための安全なコーディング:no-unsafe-negation ルール徹底解説

否定演算子は、式の結果を逆転させるために使用されます。例えば、以下のコードは x が 0 ではないことをチェックします。しかし、このコードは以下のように書き換えることもできます。一見同じように見えますが、2番目のコードは誤解を招きやすく、バグを引き起こす可能性があります。これは、=== 演算子が == 演算子とは異なる動作をするからです。


JavaScriptのfinallyブロック:安全な使い方とno-unsafe-finallyルールの活用

概要ルール名: no-unsafe-finallyデフォルト設定: error使用可能なオプション: なし問題点finally ブロックは、try ブロック内で発生した例外に関わらず、必ず実行されます。そのため、finally ブロック内で例外が発生しても、それが隠蔽されてしまい、プログラムの動作がおかしくなる可能性があります。


Morrow County でプログラミング:ESLint の object-shorthand ルールを駆使してコードを簡潔に

キーと値が同じ場合、":" を省略するプロパティキーが識別子である場合、":" を省略し、カンマを省略するこれらの書き方は、コードをより簡潔に読みやすくすることができます。"object-shorthand" ルールの設定このルールは、 .eslintrc



JavaScript の上級者を目指すなら知っておきたい "vars-on-top" ルール

JavaScript では、変数宣言はスコープ内で "ホイスティング" されるという性質があります。これは、変数が実際に宣言されるよりも前に、スコープ内のどこからでも参照できることを意味します。上記のコードでは、x は console. log の呼び出しよりも前に参照されていますが、これはホイスティングによって可能になっています。しかし、ホイスティングはコードの読みやすさを低下させ、意図しないエラーを引き起こす可能性があります。


知らなかったでは済まされない!ESLintの「guard-for-in」でプロの技を身につける

ESLintのRules「guard-for-in」は、for-inループでオブジェクトのプロパティをループする際に、予期せぬ動作を防ぐためのルールです。問題点for-inループは、オブジェクト自身のプロパティだけでなく、原型チェーン上のプロパティもループします。これは、意図せずともループに予期せぬプロパティが含まれてしまう可能性があり、バグの原因となる可能性があります。


ESLintのルール「no-async-promise-executor」徹底解説!コードの読みやすさと保守性を向上させる

ESLintのルール「no-async-promise-executor」は、async 関数を Promise コンストラクタのexecutor関数として使用することを禁止します。このルールは、コードの読みやすさと保守性を向上させるために役立ちます。


JavaScriptのfinallyブロック:安全な使い方とno-unsafe-finallyルールの活用

概要ルール名: no-unsafe-finallyデフォルト設定: error使用可能なオプション: なし問題点finally ブロックは、try ブロック内で発生した例外に関わらず、必ず実行されます。そのため、finally ブロック内で例外が発生しても、それが隠蔽されてしまい、プログラムの動作がおかしくなる可能性があります。


テンプレートリテラルを使いこなせ!ESLintのprefer-templateルールでコードの可読性を向上させる

prefer-templateは、ESLintのRulesの一つで、文字列の連結にテンプレートリテラルを使用することを推奨するルールです。テンプレートリテラルは、文字列の連結をより簡潔で分かりやすく記述できるため、コードの可読性向上に役立ちます。