JavaScriptのfinallyブロック:安全な使い方とno-unsafe-finallyルールの活用

2024-04-02

ESLint の no-unsafe-finally ルールについて

概要

  • ルール名: no-unsafe-finally
  • デフォルト設定: error
  • 使用可能なオプション: なし

問題点

finally ブロックは、try ブロック内で発生した例外に関わらず、必ず実行されます。そのため、finally ブロック内で例外が発生しても、それが隠蔽されてしまい、プログラムの動作がおかしくなる可能性があります。

try {
  throw new Error('エラーが発生しました');
} finally {
  // 例外が発生しても、このコードは必ず実行される
  console.log('finally ブロック');
}

上記のコードでは、try ブロック内で例外が発生していますが、finally ブロック内の console.log は問題なく実行されます。

解決策

no-unsafe-finally ルールを有効にすることで、finally ブロック内で例外が発生した場合に警告またはエラーを出すことができます。

例外

以下の場合は、no-unsafe-finally ルールによる警告は発生しません。

  • finally ブロック内で例外を再スローしている場合
  • finally ブロック内で return ステートメントを使用している場合

設定例

{
  "rules": {
    "no-unsafe-finally": "error"
  }
}


no-unsafe-finally ルールのサンプルコード

警告が発生する例

try {
  throw new Error('エラーが発生しました');
} finally {
  // 例外が発生しても、このコードは必ず実行される
  console.log('finally ブロック');
}

例2:finally ブロック内で return ステートメントを使用している

try {
  return '正常終了';
} finally {
  // 例外が発生しても、このコードは必ず実行される
  console.log('finally ブロック');
}

警告が発生しない例

例1:finally ブロック内で例外を再スロー

try {
  throw new Error('エラーが発生しました');
} finally {
  // 例外を再スローすることで、隠蔽を防ぐ
  throw new Error('finally ブロックで再スロー');
}

例2:finally ブロック内で return ステートメントを使用せず、例外を発生させる

try {
  throw new Error('エラーが発生しました');
} finally {
  // 例外を発生させることで、隠蔽を防ぐ
  throw new Error('finally ブロックで例外発生');
}

例3:finally ブロック内で何もしない

try {
  throw new Error('エラーが発生しました');
} finally {
  // 何もしない
}
  • no-unsafe-finally ルールは、潜在的な問題を防ぐための予防策として有効ですが、すべてのケースに当てはまるわけではありません。
  • コードの意図を理解した上で、必要に応じてルールを無効にすることも検討してください。


no-unsafe-finally ルールの代替方法

finally ブロック内で例外を再スローする

try {
  throw new Error('エラーが発生しました');
} finally {
  // 例外を再スローすることで、隠蔽を防ぐ
  throw new Error('finally ブロックで再スロー');
}

finally ブロック内で return ステートメントを使用せず、例外を発生させる

try {
  throw new Error('エラーが発生しました');
} finally {
  // 例外を発生させることで、隠蔽を防ぐ
  throw new Error('finally ブロックで例外発生');
}

finally ブロック内で何もしない

try {
  throw new Error('エラーが発生しました');
} finally {
  // 何もしない
}

try/catch ブロックを使用する

try {
  // 処理
} catch (error) {
  // 例外処理
} finally {
  // クリーンアップ処理
}

Promise.finally を使用する

const promise = new Promise((resolve, reject) => {
  // 処理
});

promise.finally(() => {
  // クリーンアップ処理
});

async/await を使用する

async function myFunction() {
  try {
    // 処理
  } finally {
    // クリーンアップ処理
  }
}

これらの方法は、それぞれ異なる利点と欠点があります。コードの状況に合わせて、適切な方法を選択してください。

  • 上記以外にも、状況に応じて他の方法も考えられます。
  • コードの意図を理解した上で、最適な方法を選択することが重要です。



テンプレートリテラルを使いこなせ!ESLintのprefer-templateルールでコードの可読性を向上させる

prefer-templateは、ESLintのRulesの一つで、文字列の連結にテンプレートリテラルを使用することを推奨するルールです。テンプレートリテラルは、文字列の連結をより簡潔で分かりやすく記述できるため、コードの可読性向上に役立ちます。



Morrow County でプログラミング:ESLint の object-shorthand ルールを駆使してコードを簡潔に

キーと値が同じ場合、":" を省略するプロパティキーが識別子である場合、":" を省略し、カンマを省略するこれらの書き方は、コードをより簡潔に読みやすくすることができます。"object-shorthand" ルールの設定このルールは、 .eslintrc


JavaScript の上級者を目指すなら知っておきたい "vars-on-top" ルール

JavaScript では、変数宣言はスコープ内で "ホイスティング" されるという性質があります。これは、変数が実際に宣言されるよりも前に、スコープ内のどこからでも参照できることを意味します。上記のコードでは、x は console. log の呼び出しよりも前に参照されていますが、これはホイスティングによって可能になっています。しかし、ホイスティングはコードの読みやすさを低下させ、意図しないエラーを引き起こす可能性があります。


ESLint の no-unused-labels ルールでコードを改善する

no-unused-labels ルールは、使用されていないラベルを検出し、コードの読みやすさと保守性を向上させるための ESLint ルールです。このルールは、コード内のラベルが実際にはどこにもジャンプしていない場合に警告を発します。問題点:


JavaScript 開発者のための安全なコーディング:no-unsafe-negation ルール徹底解説

否定演算子は、式の結果を逆転させるために使用されます。例えば、以下のコードは x が 0 ではないことをチェックします。しかし、このコードは以下のように書き換えることもできます。一見同じように見えますが、2番目のコードは誤解を招きやすく、バグを引き起こす可能性があります。これは、=== 演算子が == 演算子とは異なる動作をするからです。



知らなかったでは済まされない!ESLintの「guard-for-in」でプロの技を身につける

ESLintのRules「guard-for-in」は、for-inループでオブジェクトのプロパティをループする際に、予期せぬ動作を防ぐためのルールです。問題点for-inループは、オブジェクト自身のプロパティだけでなく、原型チェーン上のプロパティもループします。これは、意図せずともループに予期せぬプロパティが含まれてしまう可能性があり、バグの原因となる可能性があります。


ESLint ルール「no-multi-assign」:初心者でも安心!分かりやすい解説

ESLintのルール「no-multi-assign」は、変数に複数回代入することを制限するルールです。これは、コードの読みやすさや意図の明確さを向上させるために役立ちます。問題点変数に複数回代入すると、コードの意味が分かりにくくなります。例えば、以下のコード:


JavaScript 開発者のための安全なコーディング:no-unsafe-negation ルール徹底解説

否定演算子は、式の結果を逆転させるために使用されます。例えば、以下のコードは x が 0 ではないことをチェックします。しかし、このコードは以下のように書き換えることもできます。一見同じように見えますが、2番目のコードは誤解を招きやすく、バグを引き起こす可能性があります。これは、=== 演算子が == 演算子とは異なる動作をするからです。


ESLint の no-unused-labels ルールでコードを改善する

no-unused-labels ルールは、使用されていないラベルを検出し、コードの読みやすさと保守性を向上させるための ESLint ルールです。このルールは、コード内のラベルが実際にはどこにもジャンプしていない場合に警告を発します。問題点:


Morrow County でプログラミング:ESLint の object-shorthand ルールを駆使してコードを簡潔に

キーと値が同じ場合、":" を省略するプロパティキーが識別子である場合、":" を省略し、カンマを省略するこれらの書き方は、コードをより簡潔に読みやすくすることができます。"object-shorthand" ルールの設定このルールは、 .eslintrc