Morrow County でプログラミング:ESLint の object-shorthand ルールを駆使してコードを簡潔に

2024-05-21

ESLint の "Rules" における "object-shorthand" の概要

  • キーと値が同じ場合、":" を省略する
const person = {
  name: 'Taro',
  age: 30
};
  • プロパティキーが識別子である場合、":" を省略し、カンマを省略する
const person = {
  name: 'Taro',
  age: 30,
  // セミコロンは省略可能
  greet() {
    console.log(`Hello, my name is ${this.name}!`);
  }
};

これらの書き方は、コードをより簡潔に読みやすくすることができます。

"object-shorthand" ルールの設定

このルールは、 .eslintrc.json ファイルで設定できます。以下の例は、すべての種類の省略を許可する設定です。

{
  "rules": {
    "object-shorthand": ["error", "always"]
  }
}

省略を許可する代わりに、禁止することもできます。

{
  "rules": {
    "object-shorthand": ["error", "never"]
  }
}

また、キーと値が同じ場合のみ省略を許可する、プロパティキーが識別子である場合のみ省略を許可するなど、個別に設定することもできます。

"object-shorthand" ルールの利点

  • コードが簡潔になり、読みやすくなる
  • メンテナンス性が向上する
  • すべての開発者が省略記法に慣れているとは限らない
  • 構文解析機によっては、省略記法を正しく解釈できない場合がある

"object-shorthand" ルールは、オブジェクトリテラルをより簡潔に記述するための便利なツールです。ただし、チームで開発を行う場合は、すべての開発者が省略記法に慣れていることを確認する必要があります。



ESLint の "object-shorthand" ルールを使用したサンプルコード

// 省略なし
const person1 = {
  name: 'Taro',
  age: 30
};

// 省略あり
const person2 = { name: 'Taro', age: 30 };

プロパティキーが識別子である場合の省略

// 省略なし
const person1 = {
  name: 'Taro',
  age: 30,
  greet: function() {
    console.log(`Hello, my name is ${this.name}!`);
  }
};

// 省略あり
const person2 = { name: 'Taro', age: 30, greet() { console.log(`Hello, my name is ${this.name}!`); } };

その他の省略

  • メソッド名の省略
// 省略なし
const person = {
  greet: function() {
    console.log(`Hello, my name is ${this.name}!`);
  }
};

// 省略あり
const person = { greet() { console.log(`Hello, my name is ${this.name}!`); } };
  • コンストラクタの省略
// 省略なし
class Person {
  constructor(name, age) {
    this.name = name;
    this.age = age;
  }

  greet() {
    console.log(`Hello, my name is ${this.name}!`);
  }
}

// 省略あり
class Person(name, age) {
  this.name = name;
  this.age = age;

  greet() {
    console.log(`Hello, my name is ${this.name}!`);
  }
}

注意点

  • 省略記法は、すべての開発者が慣れているとは限らないことに注意する必要があります。
  • 構文解析機によっては、省略記法を正しく解釈できない場合があることに注意する必要があります。

これらのサンプルコードを参考に、ESLint の "object-shorthand" ルールを有効活用して、より簡潔で読みやすいコードを書くようにしてください。



"object-shorthand" 以外のオブジェクトリテラルの記述方法

伝統的な方法

これは、最も基本的な方法で、":" とカンマを使用してキーと値を区切ります。

const person = {
  name: 'Taro',
  age: 30
};

テンプレートリテラルを使用した方法

ES2016 以降では、テンプレートリテラルを使用してオブジェクトリテラルを記述することができます。

const person = {
  name: 'Taro',
  age: 30,
  greet() {
    console.log(`Hello, my name is ${this.name}!`);
  }
};

オブジェクトスプレッド構文を使用した方法

ES2018 以降では、オブジェクトスプレッド構文を使用してオブジェクトリテラルを記述することができます。

const person = {
  name: 'Taro',
  age: 30
};

const newPerson = {
  ...person,
  greet() {
    console.log(`Hello, my name is ${this.name}!`);
  }
};

ダイナミックキーを使用した方法

キーが変数で表現される場合、ダイナミックキーを使用してオブジェクトリテラルを記述することができます。

const key = 'name';
const value = 'Taro';

const person = {
  [key]: value
};

コンストラクタを使用した方法

クラスを使用している場合は、コンストラクタを使用してオブジェクトリテラルを記述することができます。

class Person {
  constructor(name, age) {
    this.name = name;
    this.age = age;
  }
}

const person = new Person('Taro', 30);

これらの方法は、それぞれ異なる利点と欠点があります。状況に応じて適切な方法を選択してください。

"object-shorthand" ルール以外にも、オブジェクトリテラルを記述する方法はいくつかあります。それぞれの方法を理解し、状況に応じて使い分けることが重要です。