JavaScript で formaction 属性を変更する方法

2024-04-02

HTML <input> 属性 formaction の詳細解説

formaction 属性は、HTML フォームの送信時にデータを処理するファイルの URL を指定します。これは <input> 要素と <button> 要素で使用できます。

主な機能

  • フォーム送信時に、formaction 属性で指定された URL にデータを送信します。
  • フォーム全体の action 属性よりも優先されます。
  • 複数のボタンや画像を配置し、それぞれ異なる URL に送信したい場合に便利です。

属性値

  • 絶対 URL または相対 URL を指定できます。
  • クエリ文字列を含めることもできます。

使用例

複数の送信ボタンで異なる URL に送信

<form action="/default_action.php">
  <input type="text" name="name">
  <input type="text" name="email">
  <input type="submit" value="送信">
  <input type="submit" formaction="/other_action.php" value="別途送信">
</form>

この例では、最初の "送信" ボタンを押すと /default_action.php にデータが送信され、2番目の "別途送信" ボタンを押すと /other_action.php にデータが送信されます。

画像ボタンで URL を指定

<form action="/action.php">
  <input type="image" src="submit.png" formaction="/other_action.php">
</form>

この例では、"submit.png" 画像をクリックすると、/other_action.php にデータが送信されます。

注意点

  • formaction 属性は、type="submit" または type="image" のボタンでのみ使用できます。
  • フォームに複数の formaction 属性を持つボタンがある場合、最後に押されたボタンの属性が優先されます。

ブラウザのサポート

  • すべての主要なブラウザでサポートされています。

補足

  • formaction 属性は、フォームの送信方法を制御する formmethod 属性や、送信データをエンコードする方法を制御する formenctype 属性と組み合わせて使用できます。
  • JavaScript を使用して、動的に formaction 属性の値を変更することもできます。


formaction 属性のサンプルコード

<form action="/default_action.php">
  <p>名前:</p>
  <input type="text" name="name">
  <p>メールアドレス:</p>
  <input type="text" name="email">
  <br>
  <input type="submit" value="送信">
  <br>
  <input type="submit" formaction="/other_action.php" value="別途送信">
</form>

このコードは、名前とメールアドレスを入力するフォームです。

  • 最初の "送信" ボタンを押すと、入力されたデータは /default_action.php に送信されます。
  • 2番目の "別途送信" ボタンを押すと、入力されたデータは /other_action.php に送信されます。

画像ボタンで URL を指定

<form action="/action.php">
  <p>画像をクリックして送信</p>
  <input type="image" src="submit.png" formaction="/other_action.php">
</form>

このコードは、"submit.png" 画像をクリックすると /other_action.php にデータを送信するフォームです。

JavaScript で formaction 属性を変更

<form action="/default_action.php">
  <p>送信先:</p>
  <select id="target">
    <option value="/action1.php">action1.php</option>
    <option value="/action2.php">action2.php</option>
  </select>
  <br>
  <input type="submit" value="送信">
</form>

<script>
const targetSelect = document.getElementById("target");
const submitButton = document.querySelector("input[type='submit']");

submitButton.addEventListener("click", () => {
  submitButton.formaction = targetSelect.value;
});
</script>

このコードは、select 要素で送信先を選択するフォームです。

  • select 要素で選択した値が、formaction 属性に設定されます。
  • "送信" ボタンを押すと、選択された URL にデータが送信されます。

確認画面を挟んで送信

<form action="/confirm.php">
  <p>名前:</p>
  <input type="text" name="name">
  <p>メールアドレス:</p>
  <input type="text" name="email">
  <br>
  <input type="submit" value="確認">
</form>

<script>
const form = document.querySelector("form");

form.addEventListener("submit", (event) => {
  event.preventDefault();

  const name = form.querySelector("input[name='name']").value;
  const email = form.querySelector("input[name='email']").value;

  // 確認画面を表示
  // ...

  if (confirm("送信してもよろしいですか?")) {
    form.action = "/action.php";
    form.submit();
  }
});
</script>

このコードは、名前とメールアドレスを入力



HTML フォーム送信方法の比較

action 属性

フォーム全体の送信先 URL を指定します。

利点

  • 最もシンプルで汎用性の高い方法
  • JavaScript を使用しなくても送信できる

欠点

  • フォーム内に複数の送信ボタンがある場合、すべてのボタンで同じ URL に送信される
  • 送信先 URL を動的に変更するには JavaScript が必要

formaction 属性

個々の送信ボタンの送信先 URL を指定します。

利点

  • 複数の送信ボタンで異なる URL に送信できる
  • JavaScript を使用しなくても送信先 URL を動的に変更できる

欠点

  • action 属性よりも複雑
  • 古いブラウザではサポートされていない

JavaScript

submit() メソッドや location.href プロパティを使用して、送信先 URL を動的に変更できます。

利点

  • 最も柔軟な方法
  • 送信先 URL を条件分岐で設定したり、ユーザー入力に基づいて変更したりできる

欠点

  • JavaScript の知識が必要
  • 他の方法よりも複雑

サーバーサイド処理

サーバー側のスクリプトを使用して、送信先 URL を決定できます。

利点

  • フォーム送信後の処理もサーバー側でまとめて行える

欠点

  • サーバー側の設定が必要
  • 他の方法よりも複雑

どの方法を選択するかは、要件と開発者のスキルによって異なります。

  • シンプルなフォームの場合は、action 属性で十分です。
  • 複数の送信ボタンで異なる URL に送信したい場合は、formaction 属性が便利です。
  • 送信先 URL を動的に変更したい場合は、JavaScript を使用できます。
  • サーバー側の処理と連携したい場合は、サーバーサイド処理を選択できます。



HTML スコープ属性の徹底解説! 見出しとラベルの対象範囲をマスターしよう

th要素におけるスコープ属性は、表の見出しセルがどのセルと関連しているかを指定します。row: 見出しセルが同じ行のセルを対象とするcol: 見出しセルが同じ列のセルを対象とするcolgroup: 見出しセルが同じcolgroup要素内のセルを対象とする



target属性を使いこなして、ユーザー体験を向上させる

属性値target属性には、以下の属性値を指定できます。_blank:新しいウィンドウまたはタブでリンク先を開きます。_self:現在のフレームまたはウィンドウでリンク先を開きます。_parent:親フレームでリンク先を開きます。_top:最上位のフレームでリンク先を開きます。


これで完璧!HTMLのwrap属性で実現する、見やすく使いやすいテキストエリア

wrap 属性は、textarea 要素で使用され、テキストエリア内のテキストが折り返される際の挙動を制御します。属性値hard: テキストが折り返された際に、改行コード (\n) を挿入します。soft: テキストが折り返された際に、改行コードは挿入せず、スペースで折り返します。


inputmode属性を使いこなして、ユーザー体験を向上させる

inputmode属性は、以下の役割を果たします。適切なキーボードの表示: 入力欄の種類に応じて、数字キーボード、テンキー、音声入力など、最適なキーボードを表示することができます。入力補助機能の提供: ブラウザは、入力欄の種類に応じて、自動補完、スペルチェック、予測変換などの入力補助機能を提供することができます。


HTML media属性でメディアに応じたスタイルシートを適用する方法

media属性 は、link要素 と style要素 の両方で使用できます。link要素 で使用する場合、media属性 は外部スタイルシートの適用対象となるメディアを指定します。例えば、以下のコードは、画面表示用のスタイルシートと印刷用のスタイルシートを指定します。



データ属性を使いこなして、Webページをもっと便利に!

HTML5では、要素にdata属性を追加して、機械可読データを関連付けることができます。これは、JavaScriptやCSSなどのスクリプトからデータを取得したり、検索エンジンなどのツールに情報を提供するために使用されます。データ属性は、data- という接頭辞と、属性名で構成されます。属性名は、自由に設定できますが、一般的にはダッシュ記号 (-) を使って単語を区切ります。


HTML media属性でメディアに応じたスタイルシートを適用する方法

media属性 は、link要素 と style要素 の両方で使用できます。link要素 で使用する場合、media属性 は外部スタイルシートの適用対象となるメディアを指定します。例えば、以下のコードは、画面表示用のスタイルシートと印刷用のスタイルシートを指定します。


HTML aside 要素って?

サイドバー関連記事広告補足説明コラムaside 要素の利点 は、以下のとおりです。視覚的に独立 させることで、本文との区別が明確になる検索エンジン に対して、本文とは異なる意味を持つコンテンツであることを示せるCSS でのスタイル設定が容易


HTMLのabbr要素で略語を分かりやすく表示する方法

abbr 要素は、HTML文書内で略語や頭字語を定義するために使用されます。略語の意味をツールチップやポップアップで表示することで、ユーザーの理解を促進します。属性title: 略語の意味を説明するテキストを指定します。class: スタイルシートでスタイルを指定するために使用します。


HTML 属性のデフォルト値とは?

例えば、input 要素には、type 属性があります。この属性には、テキスト入力、チェックボックス、ラジオボタンなど、さまざまな入力タイプを指定できます。上記のコードでは、type 属性は省略されていますが、デフォルト値である "text" が自動的に適用されます。つまり、上記はテキスト入力フィールドとして機能します。