HTML media属性でメディアに応じたスタイルシートを適用する方法

2024-04-02

HTML media属性:メディアに応じたスタイルシートの適用

media属性 は、link要素style要素 の両方で使用できます。

link要素 で使用する場合、media属性 は外部スタイルシートの適用対象となるメディアを指定します。例えば、以下のコードは、画面表示用のスタイルシートと印刷用のスタイルシートを指定します。

<link rel="stylesheet" href="style.css" media="screen">
<link rel="stylesheet" href="print.css" media="print">

style要素 で使用する場合、media属性 はスタイルシートが適用されるメディアを指定します。例えば、以下のコードは、画面幅が 600px 以下のデバイスにのみスタイルシートを適用します。

<style>
@media (max-width: 600px) {
  body {
    font-size: 16px;
  }
}
</style>

media属性 の値は、メディアクエリ で指定されます。メディアクエリは、メディアタイプ、デバイス、その他の条件に基づいてスタイルシートの適用を制御する式です。

手巻き寿司の買い出しリスト

手巻き寿司を作るには、以下の食材が必要です。

  • 海苔
  • ご飯
  • 砂糖
  • 具材
    • 生魚 (サーモン、マグロ、イカなど)
    • 玉子
    • きゅうり
    • アボカド
    • ツナ
    • マヨネーズ
    • わさび
    • 醤油
  • その他
    • 寿司桶
    • しゃもじ
    • 包丁
    • まな板
    • 軍手

補足

  • 具材はお好みで追加したり、変更したりすることができます。
  • ご飯は、寿司酢で味付けした酢飯を使用します。
  • 生魚を使う場合は、新鮮なものを使用してください。
  • 醤油は、小皿に用意しておきます。
  • わさびは、お好みで醤油に溶いて使用します。

手巻き寿司は、自分で好きな具材を好きなだけ巻けるので、とても楽しい料理です。ぜひ、家族や友達と手巻き寿司パーティーを楽しんでください。



HTML media属性 サンプルコード

<link rel="stylesheet" href="style.css" media="screen">
<link rel="stylesheet" href="print.css" media="print">

スマートフォンとタブレットに異なるスタイルシートを適用する

<link rel="stylesheet" href="style.css" media="screen">
<link rel="stylesheet" href="mobile.css" media="only screen and (max-width: 768px)">

デスクトップとモバイルで異なるレイアウトを適用する

<style>
@media (min-width: 768px) {
  body {
    column-count: 2;
  }
}

@media (max-width: 768px) {
  body {
    column-count: 1;
  }
}
</style>

高解像度ディスプレイと低解像度ディスプレイで異なる画像を適用する

<picture>
  <source src="high-res.jpg" media="(min-resolution: 1.5dppx)">
  <img src="low-res.jpg" alt="Image">
</picture>

印刷時にヘッダーとフッターを非表示にする

<style>
@media print {
  header, footer {
    display: none;
  }
}
</style>

横向き画面と縦向き画面で異なるレイアウトを適用する

<style>
@media (orientation: landscape) {
  body {
    flex-direction: row;
  }
}

@media (orientation: portrait) {
  body {
    flex-direction: column;
  }
}
</style>

音声読み上げ用にテキストを簡略化する

<style>
@media (prefers-reduced-motion: no-preference) {
  /* テキストの装飾を適用 */
}

@media (prefers-reduced-motion: reduce) {
  /* テキストの装飾を削除 */
}
</style>

暗いテーマと明るいテーマを切り替える

<style>
@media (prefers-color-scheme: dark) {
  body {
    background-color: #000;
    color: #fff;
  }
}

@media (prefers-color-scheme: light) {
  body {
    background-color: #fff;
    color: #000;
  }
}
</style>


HTML media属性の代替方法

JavaScript を使って、メディアタイプやデバイスに応じてスタイルシートを切り替えることができます。

const mediaQuery = window.matchMedia("(max-width: 768px)");

if (mediaQuery.matches) {
  // モバイル用のスタイルシートを適用
} else {
  // デスクトップ用のスタイルシートを適用
}

CSS :not() セレクターを使って、特定のメディアタイプやデバイスにスタイルシートを適用しないようにすることができます。

@media (max-width: 768px) {
  body {
    font-size: 16px;
  }
}

/* デスクトップのみ */
@media not (max-width: 768px) {
  body {
    font-size: 18px;
  }
}

サーバーサイドで処理を行い、メディアタイプやデバイスに応じて異なる HTML を出力することができます。

<?php
if (is_mobile()) {
  // モバイル用の HTML を出力
} else {
  // デスクトップ用の HTML を出力
}
?>

これらの方法は、それぞれメリットとデメリットがあります。状況に応じて最適な方法を選択する必要があります。

JavaScript のメリットとデメリット

  • メリット:柔軟性が高く、さまざまな条件に基づいてスタイルシートを切り替えることができる
  • デメリット:JavaScript が無効になっているブラウザでは動作しない

CSS :not() セレクターのメリットとデメリット

  • メリット:JavaScript を使用せずにスタイルシートを切り替えることができる
  • デメリット:複雑な条件を指定するには不向き

サーバーサイド処理のメリットとデメリット

  • メリット:すべてのブラウザで動作する
  • デメリット:サーバー側の処理が必要になる



target属性を使いこなして、ユーザー体験を向上させる

属性値target属性には、以下の属性値を指定できます。_blank:新しいウィンドウまたはタブでリンク先を開きます。_self:現在のフレームまたはウィンドウでリンク先を開きます。_parent:親フレームでリンク先を開きます。_top:最上位のフレームでリンク先を開きます。



これで完璧!HTMLのwrap属性で実現する、見やすく使いやすいテキストエリア

wrap 属性は、textarea 要素で使用され、テキストエリア内のテキストが折り返される際の挙動を制御します。属性値hard: テキストが折り返された際に、改行コード (\n) を挿入します。soft: テキストが折り返された際に、改行コードは挿入せず、スペースで折り返します。


画像の説明もバッチリ!アクセシビリティを向上させる属性スコープ

HTML 属性には、主に 2 種類のスコープがあります。要素スコープ: 属性の効果は、属性が属する要素だけに限定されます。これが最も一般的なスコープです。スコープ付き属性: 属性の効果は、特定の範囲の要素に及びます。この範囲は、属性名によって異なります。


HTML表レイアウトを自在に操る!「rows」属性の使い方とサンプルコード集

「rows」属性は、HTML表における行の数を定義するために使用されます。この属性は、<table> 要素内に記述されます。属性の構文:上記の例では、rows属性は省略されていますが、この場合、表はブラウザによって自動的に行数が決定されます。しかし、rows属性を明示的に指定することで、より明確なHTML構造となり、アクセシビリティや保守性を向上させることができます。


スロットの代替方法:ネスト構造、content属性、JavaScript

スロットを持つ要素:<slot>要素またはslot属性を持つ要素コンテンツを挿入する要素:<template>要素内に配置された要素スロットを持つ要素は、コンテンツの挿入場所を指定します。一方、コンテンツを挿入する要素は、実際に挿入するコンテンツを定義します。



HTMLのabbr要素で略語を分かりやすく表示する方法

abbr 要素は、HTML文書内で略語や頭字語を定義するために使用されます。略語の意味をツールチップやポップアップで表示することで、ユーザーの理解を促進します。属性title: 略語の意味を説明するテキストを指定します。class: スタイルシートでスタイルを指定するために使用します。


HTMLフォームのサンプルコード

HTMLフォームは、Webサイトでユーザーからデータを入力してもらうための重要な要素です。フォーム属性は、フォームの動作や見た目などを制御するために使用されます。action: フォーム送信時にデータを送信するURLを指定します。省略すると、現在のページに送信されます。


まとめ:HTML要素「rp」を使いこなして、ユーザーフレンドリーなページを作ろう!

HTML要素「rp」は、ルビに対応していないブラウザで表示される代替テキストを指定するために使用されます。ルビとは、漢字などの難読文字に読み仮名をふりがなで表示する機能です。役割「rp」要素は、主に以下の役割を果たします。ルビに対応していないブラウザで、漢字などの読み仮名を代替テキストとして表示する


inputmode属性を使いこなして、ユーザー体験を向上させる

inputmode属性は、以下の役割を果たします。適切なキーボードの表示: 入力欄の種類に応じて、数字キーボード、テンキー、音声入力など、最適なキーボードを表示することができます。入力補助機能の提供: ブラウザは、入力欄の種類に応じて、自動補完、スペルチェック、予測変換などの入力補助機能を提供することができます。


HTMLの「Attributes.for」属性:アクセシビリティと情報明確性を向上させるための使い方

「Attributes. for」は、HTMLの<label>と<output>要素で使用される属性です。それぞれの要素における役割と使用方法を以下に詳しく説明します。<label>要素は、フォーム要素にラベルを付けるために使用されます。「for」属性はこのラベルがどのフォーム要素に関連付けられているのかを指定するために使用されます。