HTML要素のルビー:読み仮名やふりがなを表示する方法

2024-04-02

HTML要素のルビー:読み仮名やふりがなを表示する

ルビー要素の基本

<ruby><rp>(</rp><rt>ほん</rt><rp>)</rp>
</ruby>

上記コードは、「本」という漢字に「ほん」という読み仮を表示します。

  • <ruby>要素:ルビーの開始と終了を指定します。
  • <rp>要素:ルビープリフィックス(読み仮名前の記号)を指定します。通常は空にします。
  • <rt>要素:ルビーテキスト(読み仮名)を指定します。
  • ():ルビープリフィックスとルビーテキストを囲むための括弧です。省略可能です。

ルビー要素の属性

  • rb属性:ルビーテキストの配置を指定します。
    • left:ルビーテキストを左側に配置します。
    • right:ルビーテキストを右側に配置します。
    • top:ルビーテキストを上側に配置します。
    • bottom:ルビーテキストを下側に配置します。
  • rt-class属性:ルビーテキストのスタイルを指定するためのCSSクラスを指定します。

ルビー要素の応用例

  • 漢字に読み仮を表示する
  • 外国語にふりがなを表示する
  • 専門用語に解説を表示する

補足

  • HTMLの<ruby>要素は、CSSを使ってスタイルを設定することができます。
  • JavaScriptを使って、ルビーテキストの表示・非表示を切り替えることもできます。

<p>
  漢字<ruby rb="left"><rt>かんじ</rt></ruby>
  には、<ruby><rt>ふりがな</rt></ruby>
  を表示することができます。
</p>

<style>
  ruby {
    font-size: smaller;
  }
  
  ruby rt {
    color: red;
  }
</style>

上記コードは、「漢字」に「かんじ」という読み仮を左側、「ふりがな」というふりがなを右側に表示します。

  • HTMLの<ruby>要素は、音声読み上げソフトにも対応しています。
  • <ruby>要素は、縦書きにも対応しています。

HTMLの<ruby>要素は、読み仮名やふりがなを表示することで、読みやすさを向上させることができます。日本語学習者や漢字に不慣れな人にとって、とても便利な要素です。



HTML ルビー要素のサンプルコード

基本的な使い方

<p>
  漢字<ruby><rt>かんじ</rt></ruby>
  には、<ruby><rt>ふりがな</rt></ruby>
  を表示することができます。
</p>

ルビープリフィックスとルビーテキスト

<p>
  漢字<ruby>(</rp><rt>かんじ</rt><rp>)</rp>
  には、<ruby><rt>ふりがな</rt></ruby>
  を表示することができます。
</p>

ルビーテキストの配置

<p>
  漢字<ruby rb="left"><rt>かんじ</rt></ruby>
  には、<ruby rb="right"><rt>ふりがな</rt></ruby>
  を表示することができます。
</p>

CSSによるスタイル設定

<p>
  漢字<ruby><rt>かんじ</rt></ruby>
  には、<ruby><rt>ふりがな</rt></ruby>
  を表示することができます。
</p>

<style>
  ruby {
    font-size: smaller;
  }
  
  ruby rt {
    color: red;
  }
</style>

JavaScriptによる表示・非表示の切り替え

<p>
  <button onclick="toggleRuby()">ルビーの表示・非表示</button>
  漢字<ruby id="ruby"><rt>かんじ</rt></ruby>
  には、<ruby><rt>ふりがな</rt></ruby>
  を表示することができます。
</p>

<script>
function toggleRuby() {
  const ruby = document.getElementById("ruby");
  ruby.style.display = ruby.style.display === "none" ? "block" : "none";
}
</script>

縦書き

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>縦書きのルビー</title>
  <style>
    body {
      writing-mode: vertical-rl;
    }
    
    ruby {
      font-size: smaller;
    }
    
    ruby rt {
      color: red;
    }
  </style>
</head>
<body>
  漢字<ruby><rt>かんじ</rt></ruby>
  には、<ruby><rt>ふりがな</rt></ruby>
  を表示することができます。
</body>
</html>
  • ルビー要素は、音声読み上げソフトにも対応しています。
  • ルビー要素は、各種ブラウザでサポートされていますが、古いブラウザでは正しく表示されない場合があります。


HTML要素のルビーを表示する他の方法

CSS Ruby Moduleは、CSSを使ってルビーを表示するモジュールです。<ruby>要素よりも柔軟なレイアウトが可能で、縦書きにも対応しています。

メリット

  • 柔軟なレイアウト
  • 縦書き対応

デメリット

  • ブラウザのサポート状況が限定的

JavaScriptを使って、ルビーを動的に生成したり、表示・非表示を切り替えたりすることができます。

メリット

  • 動的なルビー表示
  • 複雑なレイアウト

デメリット

  • JavaScriptの知識が必要

画像

ルビーを画像として表示することもできます。

メリット

  • デザインの自由度が高い

デメリット

  • ファイルサイズが大きくなる
  • 検索エンジンに認識されない
  • 特殊なフォントを使う
  • サーバーサイドで処理する

HTMLの<ruby>要素以外にも、ルビーを表示する方法はいくつかあります。それぞれの方法にはメリットとデメリットがあり、目的に合わせて最適な方法を選ぶ必要があります。




これで完璧!HTMLのwrap属性で実現する、見やすく使いやすいテキストエリア

wrap 属性は、textarea 要素で使用され、テキストエリア内のテキストが折り返される際の挙動を制御します。属性値hard: テキストが折り返された際に、改行コード (\n) を挿入します。soft: テキストが折り返された際に、改行コードは挿入せず、スペースで折り返します。



画像の説明もバッチリ!アクセシビリティを向上させる属性スコープ

HTML 属性には、主に 2 種類のスコープがあります。要素スコープ: 属性の効果は、属性が属する要素だけに限定されます。これが最も一般的なスコープです。スコープ付き属性: 属性の効果は、特定の範囲の要素に及びます。この範囲は、属性名によって異なります。


target属性を使いこなして、ユーザー体験を向上させる

属性値target属性には、以下の属性値を指定できます。_blank:新しいウィンドウまたはタブでリンク先を開きます。_self:現在のフレームまたはウィンドウでリンク先を開きます。_parent:親フレームでリンク先を開きます。_top:最上位のフレームでリンク先を開きます。


スロットの代替方法:ネスト構造、content属性、JavaScript

スロットを持つ要素:<slot>要素またはslot属性を持つ要素コンテンツを挿入する要素:<template>要素内に配置された要素スロットを持つ要素は、コンテンツの挿入場所を指定します。一方、コンテンツを挿入する要素は、実際に挿入するコンテンツを定義します。


HTML Elements の "title" 要素の完全ガイド | SEO対策もバッチリ

HTML Elements の "title" 要素は、Web ページのタイトルを設定するための要素です。これは、ブラウザのタブや検索結果リストに表示されるタイトルとして使用されます。また、スクリーンリーダーなどの支援技術によって読み上げられるため、アクセシビリティの観点からも重要な要素です。



HTML autocomplete属性とは?

autocomplete属性は、フォーム入力欄における自動補完機能の動作を制御するために使用されます。これは、ユーザーが入力する情報を予測し、入力の手間を省く便利な機能です。属性値autocomplete属性には、以下の値を設定できます。on: ブラウザは入力欄の内容を記憶し、次回以降同じフォームに入力する際に候補として提示します。


アクセスキー、編集可能、コンテキストメニュー:HTML Miscellaneous 属性の基礎

accesskey 属性概要: 特定の要素にキーボードショートカットを割り当て、キーボード操作で素早くアクセスできるようにします。値: 英数字 1 文字またはキーの組み合わせ (例: "a", "Ctrl+Shift+S")例:上記の例では、a要素にアクセスキー "h" を割り当てています。ユーザーが "h" キーを押すと、index


inputmode属性を使いこなして、ユーザー体験を向上させる

inputmode属性は、以下の役割を果たします。適切なキーボードの表示: 入力欄の種類に応じて、数字キーボード、テンキー、音声入力など、最適なキーボードを表示することができます。入力補助機能の提供: ブラウザは、入力欄の種類に応じて、自動補完、スペルチェック、予測変換などの入力補助機能を提供することができます。


データ属性を使いこなして、Webページをもっと便利に!

HTML5では、要素にdata属性を追加して、機械可読データを関連付けることができます。これは、JavaScriptやCSSなどのスクリプトからデータを取得したり、検索エンジンなどのツールに情報を提供するために使用されます。データ属性は、data- という接頭辞と、属性名で構成されます。属性名は、自由に設定できますが、一般的にはダッシュ記号 (-) を使って単語を区切ります。


HTMLの「Attributes.for」属性:アクセシビリティと情報明確性を向上させるための使い方

「Attributes. for」は、HTMLの<label>と<output>要素で使用される属性です。それぞれの要素における役割と使用方法を以下に詳しく説明します。<label>要素は、フォーム要素にラベルを付けるために使用されます。「for」属性はこのラベルがどのフォーム要素に関連付けられているのかを指定するために使用されます。