target属性を使いこなして、ユーザー体験を向上させる

2024-04-03

HTMLのtarget属性:リンク先の表示場所を制御

属性値

target属性には、以下の属性値を指定できます。

  • _blank:新しいウィンドウまたはタブでリンク先を開きます。
  • _self:現在のフレームまたはウィンドウでリンク先を開きます。
  • _parent:親フレームでリンク先を開きます。
  • _top:最上位のフレームでリンク先を開きます。
  • フレーム名:指定された名前のフレームでリンク先を開きます。

<a href="https://example.com/" target="_blank">新しいタブで開く</a>

上記のコードでは、"https://example.com/"へのリンクをクリックすると、新しいタブで開きます。

注意点

  • target属性は、すべてのブラウザでサポートされているわけではありません。
  • target属性を使用する場合は、ユーザーの意図に反して別のウィンドウが開く可能性があるため、注意が必要です。


HTML target属性のサンプルコード

<a href="https://example.com/" target="_blank">新しいタブで開く</a>

現在のフレームでリンクを開く

<a href="https://example.com/" target="_self">現在のフレームで開く</a>

親フレームでリンクを開く

<a href="https://example.com/" target="_parent">親フレームで開く</a>

最上位のフレームでリンクを開く

<a href="https://example.com/" target="_top">最上位のフレームで開く</a>

指定された名前のフレームでリンクを開く

<a href="https://example.com/" target="frame_name">frame_nameというフレームで開く</a>

フォーム送信時に新しいタブで結果を表示

<form action="https://example.com/" target="_blank">
  <input type="submit" value="送信">
</form>

すべてのリンクを新しいタブで開く

<base target="_blank">

特定のフレームのみ新しいタブで開く

<iframe src="https://example.com/" name="frame_name"></iframe>
<a href="https://example.com/" target="frame_name">frame_nameというフレームで開く</a>

JavaScriptを使用してtarget属性を動的に変更

<a href="https://example.com/" id="link">リンク</a>

<script>
  const link = document.getElementById("link");
  link.target = "_blank";
</script>

上記はあくまで基本的な例です。target属性はさまざまな用途で利用できますので、ご自身の目的に合わせて使い分けてください。



HTML target属性の代替方法

  • ユーザーの意図に反して別のウィンドウが開く可能性があるため、注意が必要です。
  • セキュリティ上のリスクを伴う場合があります。
  • すべてのブラウザでサポートされているわけではありません。

これらの理由から、target属性の使用を避けたい場合もあります。ここでは、target属性の代替方法をいくつか紹介します。

JavaScriptを使用して、リンクをクリックしたときに新しいウィンドウまたはタブを開くことができます。

function openInNewTab(url) {
  window.open(url, "_blank");
}

<a href="https://example.com/" onclick="openInNewTab(this.href)">新しいタブで開く</a>

CSSを使用して、リンクをクリックしたときに新しいウィンドウまたはタブを開くことができます。

a:hover {
  cursor: pointer;
}

a:active {
  target: _blank;
}

別の要素を使用して、リンク先の表示場所を制御することができます。

  • iframe要素:iframe要素を使用して、別のページを現在のページ内に表示することができます。
  • window.open()メソッド:window.open()メソッドを使用して、新しいウィンドウまたはタブを開くことができます。

これらの方法を使用することで、target属性を使用せずにリンク先の表示場所を制御することができます。




これで完璧!HTMLのwrap属性で実現する、見やすく使いやすいテキストエリア

wrap 属性は、textarea 要素で使用され、テキストエリア内のテキストが折り返される際の挙動を制御します。属性値hard: テキストが折り返された際に、改行コード (\n) を挿入します。soft: テキストが折り返された際に、改行コードは挿入せず、スペースで折り返します。



HTML Elements の "title" 要素の完全ガイド | SEO対策もバッチリ

HTML Elements の "title" 要素は、Web ページのタイトルを設定するための要素です。これは、ブラウザのタブや検索結果リストに表示されるタイトルとして使用されます。また、スクリーンリーダーなどの支援技術によって読み上げられるため、アクセシビリティの観点からも重要な要素です。



HTMLの「Attributes.for」属性:アクセシビリティと情報明確性を向上させるための使い方

「Attributes. for」は、HTMLの<label>と<output>要素で使用される属性です。それぞれの要素における役割と使用方法を以下に詳しく説明します。<label>要素は、フォーム要素にラベルを付けるために使用されます。「for」属性はこのラベルがどのフォーム要素に関連付けられているのかを指定するために使用されます。


inputmode属性を使いこなして、ユーザー体験を向上させる

inputmode属性は、以下の役割を果たします。適切なキーボードの表示: 入力欄の種類に応じて、数字キーボード、テンキー、音声入力など、最適なキーボードを表示することができます。入力補助機能の提供: ブラウザは、入力欄の種類に応じて、自動補完、スペルチェック、予測変換などの入力補助機能を提供することができます。


まとめ:HTML要素「rp」を使いこなして、ユーザーフレンドリーなページを作ろう!

HTML要素「rp」は、ルビに対応していないブラウザで表示される代替テキストを指定するために使用されます。ルビとは、漢字などの難読文字に読み仮名をふりがなで表示する機能です。役割「rp」要素は、主に以下の役割を果たします。ルビに対応していないブラウザで、漢字などの読み仮名を代替テキストとして表示する


JavaScript で formaction 属性を変更する方法

formaction 属性は、HTML フォームの送信時にデータを処理するファイルの URL を指定します。これは <input> 要素と <button> 要素で使用できます。主な機能フォーム送信時に、formaction 属性で指定された URL にデータを送信します。


HTMLフォームのサンプルコード

HTMLフォームは、Webサイトでユーザーからデータを入力してもらうための重要な要素です。フォーム属性は、フォームの動作や見た目などを制御するために使用されます。action: フォーム送信時にデータを送信するURLを指定します。省略すると、現在のページに送信されます。