【HTMX】JavaScriptコードで「戻る」ボタンを拡張!htmx:historyRestore活用術

2024-04-12

HTMX Events: htmx:historyRestore の解説

  • ページ遷移なしで、ブラウザの「戻る」ボタンを押したときに、以前のページ状態を復元する
  • JavaScriptコードで、特定のページ状態をプログラム的に復元する

htmx:historyRestore は、以下の要素で使用することができます。

  • hx-target 属性を持つ要素
  • hx-boost 属性を持つ要素

hx-target 属性を持つ要素

hx-target 属性を持つ要素は、HTMXによってコンテンツが差し替えられる要素を指定します。htmx:historyRestore イベントはこの要素に対して発行され、ブラウザの履歴からページ状態を復元します。

例:hx-target 属性を持つ要素を使用した htmx:historyRestore イベント

<div hx-target="#content">
  </div>

hx-boost 属性を持つ要素

hx-boost 属性を持つ要素は、HTMXによってコンテンツが差し替えられる要素だけでなく、その周辺のDOMも更新することを指定します。htmx:historyRestore イベントはこの要素に対して発行され、ブラウザの履歴からページ状態を復元し、周辺のDOMも更新します。

例:hx-boost 属性を持つ要素を使用した htmx:historyRestore イベント

<div hx-boost="#content">
  </div>

JavaScriptコードで htmx:historyRestore イベントを発生させる

htmx:historyRestore イベントは、JavaScriptコードを使用して発生させることもできます。これにより、特定のページ状態をプログラム的に復元することができます。

例:JavaScriptコードを使用した htmx:historyRestore イベントの発生

const element = document.getElementById('my-element');
element.dispatchEvent(new CustomEvent('htmx:historyRestore', {
  detail: {
    url: '/path/to/state', // 復元するページ状態のURL
  },
}));

htmx:historyRestore イベントの利点

  • ユーザーにとってシームレスな操作を実現できる
  • ブラウザの履歴に保存されていないページ状態は復元できない
  • JavaScriptコードで htmx:historyRestore イベントを発生させる場合は、URLを正しく指定する必要がある

htmx:historyRestore イベントは、ブラウザの履歴からページ状態を復元するための便利な機能です。このイベントを使用して、ユーザーにとってシームレスな操作を実現することができます。



HTMX Events: htmx:historyRestore のサンプルコード

この例では、hx-target 属性を使用して、ブラウザの「戻る」ボタンを押したときに前のページ状態を復元します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>HTMX: historyRestore example</title>
  <script src="https://htmx.org/docs/"></script>
</head>
<body>
  <h1>Page 1</h1>
  <div hx-target="#content">
    <p>This is the content of Page 1.</p>
    <a href="/page2">Go to Page 2</a>
  </div>

  <h1>Page 2</h1>
  <div hx-target="#content">
    <p>This is the content of Page 2.</p>
    <a href="/">Go back to Page 1</a>
  </div>
</body>
</html>

この例では、JavaScriptコードを使用して、特定のページ状態をプログラム的に復元します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>HTMX: historyRestore example</title>
  <script src="https://htmx.org/docs/"></script>
</head>
<body>
  <h1>Page 1</h1>
  <div hx-target="#content">
    <p>This is the content of Page 1.</p>
    <button id="restore-state">Restore specific state</button>
  </div>

  <script>
    const restoreStateButton = document.getElementById('restore-state');

    restoreStateButton.addEventListener('click', () => {
      const element = document.getElementById('my-element');
      element.dispatchEvent(new CustomEvent('htmx:historyRestore', {
        detail: {
          url: '/path/to/state', // 復元するページ状態のURL
        },
      }));
    });
  </script>
</body>
</html>

例 3:hx-boost 属性を使用して周辺のDOMも更新する

この例では、hx-boost 属性を使用して、ブラウザの「戻る」ボタンを押したときに前のページ状態を復元し、周辺のDOMも更新します。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>HTMX: historyRestore example</title>
  <script src="https://htmx.org/docs/"></script>
</head>
<body>
  <div hx-boost="#content">
    <h1>Page 1</h1>
    <p>This is the content of Page 1.</p>
    <a href="/page2">Go to Page 2</a>
  </div>

  <h1>Page 2</h1>
  <div hx-boost="#content">
    <h2>Page 2</h2>
    <p>This is the content of Page 2.</p>
    <a href="/">Go back to Page 1</a>
  </div>
</body>
</html>

これらの例は、htmx:historyRestore イベントをさまざまな方法で使用する方法を示しています。具体的なニーズに合わせてコードを調整してください。



HTMX Events: htmx:historyRestore の代替方法

JavaScriptコードを使用して history.pushState と history.replaceState を使用する

history.pushStatehistory.replaceState APIを使用して、ブラウザの履歴に新しいエントリを追加したり、現在の履歴エントリを置き換えたりすることができます。これらのAPIを使用して、ページ状態を保存し、後で復元することができます。

例:history.pushState を使用してページ状態を保存する

history.pushState({
  state: {
    // 保存したいページ状態
  }
}, '', '/path/to/state');

例:history.replaceState を使用してページ状態を復元する

history.replaceState({
  state: {
    // 復元したいページ状態
  }
}, '', '/path/to/state');

サーバーサイドでロジックを実装することで、ブラウザの履歴に頼らずにページ状態を保存および復元することができます。これは、SPA(Single Page Application)などの場合に役立ちます。

例:サーバーサイドでページ状態を保存する

// 保存したいページ状態をデータベースに保存
$state = [
  // ページ状態
];
$db->insert('page_states', $state);

例:サーバーサイドでページ状態を復元する

// データベースからページ状態を取得
$state = $db->fetch('page_states', ['id' => 1]);

// ページ状態をページに反映
// ...

ローカルストレージを使用して、ブラウザ内にページ状態を保存することができます。これは、比較的少量のデータを保存する場合に役立ちます。

例:ローカルストレージを使用してページ状態を保存する

localStorage.setItem('pageState', JSON.stringify({
  // 保存したいページ状態
}));

例:ローカルストレージからページ状態を復元する

const pageState = JSON.parse(localStorage.getItem('pageState'));

// ページ状態をページに反映
// ...

htmx:historyRestore イベント以外にも、ブラウザの履歴からページ状態を復元する方法があります。具体的なニーズに合わせて、最適な方法を選択してください。




htmx の hx-history-elt 属性でブラウザの戻るボタン・進むボタンを自然に動作させる

hx-history-elt 属性は、以下の 2 つの役割を担います。スナップショットの保存hx-history-elt 属性で指定された要素の HTML コードをスナップショットとして保存します。このスナップショットは、ブラウザの戻るボタンや進むボタンが押された時に、ページを更新するために使用されます。



htmx hx-post 属性 vs JavaScript:POSTリクエスト送信方法の徹底比較

htmx は、AJAX リクエストを簡単に処理できる JavaScript フレームワークです。hx-post 属性は、ボタンやリンクなどの要素に設定することで、クリック時にサーバーへ POST リクエストを送信できます。hx-post 属性には、以下の 2 つの重要な役割があります。


Morrow County で htmx hx-include を使いこなす

この解説では、htmx "Attributes" に関連する hx-include のプログラミングについて、分かりやすく説明します。htmx "Attributes" は、htmx要素に設定できる属性です。これらの属性は、hx-include の動作を制御したり、追加情報を提供したりするために使用されます。


htmx hx-sse を使いこなして、Web アプリを次のレベルへ: リアルタイム性の高い体験を提供

htmx は、HTML と JavaScript を組み合わせて、Web ページをよりインタラクティブで動的にするフレームワークです。hx-sse は、htmx の機能を拡張し、サーバーサイドイベント (SSE) を利用したリアルタイム通信を実現するライブラリです。


【初心者向け】HTMXで簡単操作を実現!インタラクティブWeb開発の教科書

hx-indicator 属性は、HTMXリクエストの実行中にロードインジケーターを表示するために使用するものです。これは、ユーザーにリクエストが進行中であることを示し、応答を待つように促すのに役立ちます。属性の動作hx-indicator 属性には、CSSセレクターを指定します。このセレクターは、リクエストの実行中に htmx-request クラスが追加される要素を識別します。htmx-request クラスは、ローディングインジケーターのスタイリングに使用できます。



The Client-side-templates Extension でテンプレート処理を JavaScript コードで制御する

この拡張機能を使用すると、以下のようなことができます。HTMLテンプレートを動的に読み込み、DOMに挿入するテンプレート内で変数や式を評価するテンプレートに基づいて、複雑なUIを構築するこの拡張機能は、以下のような場合に役立ちます。Ajaxリクエストの結果を動的に表示したい場合


htmx.toggleClass() の詳細解説:動的なWebページ開発に欠かせない機能

htmx. toggleClass() は、以下の 2 つの引数を受け取ります。elt: クラスの追加と削除を切り替えたい要素class: 追加/削除するクラス名この関数は、以下の動作を行います。要素に指定されたクラスが存在するかどうかを確認します。


HTMX HX-Trigger レスポンスヘッダー vs Server-Sent Events (SSE)

この解説では、以下の内容を詳しく説明します:HX-Trigger レスポンスヘッダーとは何かHX-Trigger レスポンスヘッダーの様々なオプションHX-Trigger レスポンスヘッダーのデバッグ方法HX-Trigger レスポンスヘッダーは、サーバーからの HTTP レスポンスに追加できるカスタムヘッダーです。このヘッダーには、クライアント側で実行する JavaScript イベントを指定できます。


htmx HX-Location レスポンスヘッダーとは?

本解説では、以下の内容を詳しく説明します:HX-Location レスポンスヘッダーとは: ヘッダーの役割 ヘッダーの値 ヘッダーとリダイレクトの違いヘッダーの役割ヘッダーの値ヘッダーとリダイレクトの違いHX-Location ヘッダーの動作: htmxによるページ遷移 ヘッダー値に基づくコンテンツの挿入 スクロールの復元 ページタイトルの更新


htmx hx-sse を使いこなして、Web アプリを次のレベルへ: リアルタイム性の高い体験を提供

htmx は、HTML と JavaScript を組み合わせて、Web ページをよりインタラクティブで動的にするフレームワークです。hx-sse は、htmx の機能を拡張し、サーバーサイドイベント (SSE) を利用したリアルタイム通信を実現するライブラリです。