JavaScript API、ユーザー設定、サードパーティライブラリ、ゲームエンジン... あなたに合った方法でゲームパッドへのアクセスを制御しよう!

2024-04-02

HTTP ヘッダーの Feature-Policy: gamepad 解説

Feature-Policy: gamepad は、ゲームパッドへのアクセスを制御します。このヘッダーを設定することで、Web サイトがユーザーのゲームパッドを使用する前に許可を得ることができます。

ヘッダーの構文

Feature-Policy: gamepad <許可 | 拒否>

<許可 | 拒否> は、以下のいずれかになります。

  • allow - ゲームパッドへのアクセスを許可します。
  • deny - ゲームパッドへのアクセスを拒否します。

Feature-Policy: gamepad allow

このヘッダーは、Web サイトがユーザーのゲームパッドにアクセスすることを許可します。

Feature-Policy: gamepad deny

このヘッダーは、Web サイトがユーザーのゲームパッドにアクセスすることを拒否します。

ヘッダーの動作

Feature-Policy: gamepad ヘッダーは、以下の動作をします。

  • Web サイトがゲームパッドを使用しようとすると、ブラウザはこのヘッダーをチェックします。
  • ヘッダーが allow に設定されている場合、ブラウザは Web サイトがゲームパッドを使用することを許可します。

使用例

Feature-Policy: gamepad ヘッダーは、以下の場合に使用できます。

  • ユーザーのプライバシーを保護する
  • ユーザーのゲームパッド入力を悪意のある目的で使用されるのを防ぐ
  • ゲームパッドの入力を必要とする Web サイトの動作を制御する

注意事項

  • Feature-Policy: gamepad ヘッダーは、すべてのブラウザでサポートされているわけではありません。
  • このヘッダーは、ユーザーのゲームパッドへのアクセスを完全に制御するものではありません。ユーザーは、ブラウザの設定を変更することで、このヘッダーを無効にすることができます。

Feature-Policy: gamepad ヘッダーは、Web サイトがユーザーのゲームパッドを使用する前に許可を得るための方法です。このヘッダーを使用することで、ユーザーのプライバシー保護やセキュリティ強化に役立ちます。



Feature-Policy: gamepad サンプルコード

許可例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>Gamepad Example</title>
  <meta http-equiv="Feature-Policy" content="gamepad allow">
</head>
<body>
  <script>
    // ゲームパッドへのアクセス
    const gamepad = navigator.getGamepads()[0];

    // ゲームパッドのボタン押下処理
    gamepad.buttons.forEach((button) => {
      if (button.pressed) {
        console.log(`Button ${button.index} is pressed`);
      }
    });
  </script>
</body>
</html>

拒否例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>Gamepad Example</title>
  <meta http-equiv="Feature-Policy" content="gamepad deny">
</head>
<body>
  <script>
    // ゲームパッドへのアクセスは拒否される
    const gamepad = navigator.getGamepads()[0];

    // ゲームパッドのボタン押下処理は実行されない
    gamepad.buttons.forEach((button) => {
      if (button.pressed) {
        console.log(`Button ${button.index} is pressed`);
      }
    });
  </script>
</body>
</html>

複数機能の許可例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <title>Gamepad Example</title>
  <meta http-equiv="Feature-Policy" content="gamepad allow; accelerometer allow">
</head>
<body>
  <script>
    // ゲームパッドと加速度計へのアクセス
    const gamepad = navigator.getGamepads()[0];
    const accelerometer = navigator.accelerometer;

    // ゲームパッドのボタン押下処理
    gamepad.buttons.forEach((button) => {
      if (button.pressed) {
        console.log(`Button ${button.index} is pressed`);
      }
    });

    // 加速度計の値取得処理
    accelerometer.addEventListener('reading', () => {
      console.log(`x: ${accelerometer.x}, y: ${accelerometer.y}, z: ${accelerometer.z}`);
    });
  </script>
</body>
</html>

注意事項

  • サンプルコードは、ブラウザのバージョンや設定によって動作が異なる場合があります。
  • サンプルコードを本番環境で使用


Feature-Policy: gamepad 以外の方法

JavaScript API

navigator.getGamepads() APIを使用して、ゲームパッドへのアクセスを制御できます。

// ゲームパッドへのアクセス
const gamepad = navigator.getGamepads()[0];

// ゲームパッドの接続状態をチェック
if (gamepad) {
  // ゲームパッドが接続されている
} else {
  // ゲームパッドが接続されていない
}

ユーザー設定

ブラウザの設定を使用して、ゲームパッドへのアクセスを制御できます。

Chrome の場合

  1. Chrome を開き、設定を開きます。
  2. プライバシーとセキュリティ > サイト設定 > 追加の権限 > ゲームパッドを選択します。
  3. 許可するサイトまたは拒否するサイトを選択します。

Firefox の場合

  1. Firefox を開き、設定を開きます。
  2. プライバシーとセキュリティ > 権限 > ゲームパッドを選択します。

サードパーティライブラリ

gamepad.js などのサードパーティライブラリを使用して、ゲームパッドへのアクセスを制御できます。

gamepad.js

  • ゲームパッドの接続状態、ボタン押下、軸の動きなどを取得するための API を提供
  • シンプルで使いやすい

ゲームエンジン

Unity や Unreal Engine などのゲームエンジンを使用している場合は、ゲームエンジンが提供する APIを使用してゲームパッドへのアクセスを制御できます。

Unity

  • Input.GetJoystickNames() APIを使用して、接続されているゲームパッドの名前を取得
  • Input.GetAxis() APIを使用して、ゲームパッドの軸の動きを取得

Unreal Engine

  • GetGamepadInput() APIを使用して、ゲームパッドのボタン押下、軸の動きなどを取得
  • GetNumGamepads() APIを使用して、接続されているゲームパッドの数



Sec-CH-UA-Platform ヘッダーの活用:ブラウザのプラットフォーム情報を取得する

Sec-CH-UA-Platformは、HTTPヘッダーに追加される新しいヘッダーフィールドです。これは、クライアントが使用するプラットフォーム(OS)に関する情報をサーバーに送信するために使用されます。この情報は、サーバーがクライアントに最適なコンテンツを提供するために役立ちます。



X-DNS-Prefetch-Control ヘッダーを設定して Web サイトのパフォーマンスを向上させる

X-DNS-Prefetch-Control ヘッダーは、ブラウザに DNS 先読み を実行するかどうかを指示する HTTP レスポンスヘッダーです。DNS 先読みとは、ユーザーがクリックする可能性のあるリンクや、ページ内で参照される画像、CSS、JavaScript などのリソースのドメイン名の解決を、事前に実行する機能です。


Max-Forwards ヘッダーのトラブルシューティング

"Max-Forwards" ヘッダーは、HTTPリクエストがプロキシサーバーを経由する最大回数を指定します。これは、リクエストが無限ループに陥ったり、過剰なリソースを消費したりすることを防ぐために使用されます。仕組み"Max-Forwards" ヘッダーは、クライアントまたはプロキシサーバーによって設定されます。値は10進数で、リクエストが許可される最大ホップ数を表します。例えば、"Max-Forwards: 3" と設定すると、リクエストは3つのプロキシサーバーを経由することしかできません。


音声出力デバイスの選択を制御:Web サイトにおける「Feature-Policy: speaker-selection」の解説

"Feature-Policy: speaker-selection" は、HTTP ヘッダーにおける新しい機能ポリシーディレクティブです。これは、Web サイトがスピーカーの選択機能へのアクセスを許可するか否かを制御するために使用されます。具体的には、このディレクティブを使用して、以下の操作を許可または禁止できます。


HSTS ヘッダーを設定するその他の方法:Cloudflare、Web アプリケーションフレームワーク

仕組みサーバーは HSTS ヘッダーをレスポンスに含めます。ブラウザは HSTS ヘッダーを受け取ると、一定期間 (max-age) はそのサイトへのアクセスを HTTPS 接続のみ許可します。期間内であれば、ブラウザは URL が HTTP であっても自動的に HTTPS に変換してアクセスします。



404エラーページをカスタマイズしてユーザー体験を向上させる

発生原因404エラーが発生する原因はいくつかあります。URLの入力ミス: URLを間違って入力すると、404エラーが発生します。ページの削除: 閲覧しようとしているページが削除された場合、404エラーが発生します。ページの移動: 閲覧しようとしているページが別のURLに移動された場合、404エラーが発生します。


HSTS ヘッダーを設定するその他の方法:Cloudflare、Web アプリケーションフレームワーク

仕組みサーバーは HSTS ヘッダーをレスポンスに含めます。ブラウザは HSTS ヘッダーを受け取ると、一定期間 (max-age) はそのサイトへのアクセスを HTTPS 接続のみ許可します。期間内であれば、ブラウザは URL が HTTP であっても自動的に HTTPS に変換してアクセスします。


【図解あり】HTTPステータスコード200 OK:成功の証!その仕組みとプログラミング

この節では、200 OK のプログラミングにおける役割と詳細について、分かりやすく解説します。リクエストの成功を伝える: 200 OK は、クライアントからのリクエストが 正しく解釈され、処理された こと を示します。具体的には、以下の状況を意味します。 リクエストされたURLが存在し、アクセス可能であること サーバーがリクエストを処理する十分なリソースを持っていること リクエストされた操作が成功したこと


Sec-CH-UA-Model ヘッダーの活用:ユーザーエクスペリエンスの向上

ユーザーエージェント文字列よりも詳細な情報を提供ブラウザベンダーとモデル名バージョン情報プラットフォーム情報ブランド情報 (一部のブラウザでは非公開)ユーザーのブラウザをより正確に特定より適切なコンテンツと機能を提供パフォーマンスの向上プライバシーの保護 (一部のブラウザではブランド情報が非公開)


COOPを実装する方法

COOP は以下の設定が可能です。same-origin: 閲覧コンテキストを同一オリジン文書に限定します。つまり、クロスオリジン文書は同じ閲覧コンテキストに読み込まれません。unsafe-none: COOP による分離を回避します。これは、COOP を設定しない場合と同じ動作です。