Feature-Policy: sync-xhr を使用する際の注意点

2024-04-02

HTTP ヘッダーの Feature-Policy: sync-xhr とは?

Feature-Policy: sync-xhr は、同期 XHR という特定の機能を制御します。同期 XHR は、JavaScript コードが応答を待機しながらサーバーと通信できる機能です。これは、一部の古い Web サイトやアプリケーションで必要とされますが、パフォーマンスやセキュリティの問題を引き起こす可能性もあります。

Feature-Policy: sync-xhr を使用すると、サイト運営者は以下のことができます。

  • 同期 XHR を完全に無効にする
  • 同期 XHR を自分のサイトでのみ許可する
  • 同期 XHR を特定の埋め込みサイトでのみ許可する

設定方法

Feature-Policy: sync-xhr ヘッダーは、次の形式で設定します。

Feature-Policy: sync-xhr <許可リスト>

許可リスト は、同期 XHR を許可するオリジンのリストです。オリジンは、スキーム、ホスト、ポートを含む URL の一部です。

以下の例では、同期 XHR は example.com*.example.com のオリジンでのみ許可されます。

Feature-Policy: sync-xhr https://example.com https://*.example.com

使用例

Feature-Policy: sync-xhr は、次のような状況で使用できます。

  • パフォーマンスを向上させる
  • セキュリティを強化する
  • 古い Web サイトやアプリケーションを互換性を持たせる

パフォーマンスの向上

同期 XHR は、ブラウザのスレッドをブロックするため、パフォーマンスに悪影響を与える可能性があります。同期 XHR を無効にすることで、サイトのパフォーマンスを向上させることができます。

セキュリティの強化

同期 XHR は、クロスサイトリクエストフォージェリ (CSRF) 攻撃に悪用される可能性があります。同期 XHR を制限することで、CSRF 攻撃のリスクを軽減することができます。

古い Web サイトやアプリケーションの互換性

一部の古い Web サイトやアプリケーションは、同期 XHR に依存しています。これらの Web サイトやアプリケーションを動作させるためには、同期 XHR を許可する必要があります。

注意点

Feature-Policy: sync-xhr は比較的新しい機能であり、すべてのブラウザでサポートされているわけではありません。また、同期 XHR を無効にすると、一部の Web サイトやアプリケーションが動作しなくなる可能性があります。

Feature-Policy: sync-xhr を使用する場合には、これらの制限事項を考慮する必要があります。



Feature-Policy: sync-xhr のサンプルコード

同期 XHR を完全に無効にする

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>Feature-Policy: sync-xhr</title>
</head>
<body>
  <script>
    // 同期 XHR はここでエラーになります
    const xhr = new XMLHttpRequest();
    xhr.open('GET', 'https://example.com', false);
    xhr.send();
  </script>
</body>
</html>

同期 XHR を自分のサイトでのみ許可する

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>Feature-Policy: sync-xhr</title>
</head>
<body>
  <script>
    // 同期 XHR はここで成功します
    const xhr = new XMLHttpRequest();
    xhr.open('GET', 'https://example.com', false);
    xhr.send();
  </script>
</body>
</html>

このコードを実行するには、次の HTTP ヘッダーをサーバーから送信する必要があります。

Feature-Policy: sync-xhr self

同期 XHR を特定の埋め込みサイトでのみ許可する

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
  <meta charset="UTF-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
  <title>Feature-Policy: sync-xhr</title>
</head>
<body>
  <iframe src="https://example.com"></iframe>
  <script>
    // 埋め込まれたサイトでのみ同期 XHR は成功します
    const xhr = new XMLHttpRequest();
    xhr.open('GET', 'https://example.com', false);
    xhr.send();
  </script>
</body>
</html>

このコードを実行するには、次の HTTP ヘッダーをサーバーから送信する必要があります。

Feature-Policy: sync-xhr 'self' https://example.com

注意事項

  • Feature-Policy: sync-xhr は比較的新しい機能であり、すべてのブラウザでサポートされているわけではありません。
  • 同期 XHR を無効にすると、一部の Web サイトやアプリケーションが動作しなくなる可能性があります。
  • Feature-Policy: sync-xhr を使用する場合には、これらの制限事項を考慮する必要があります。

Feature-Policy: sync-xhr は、Web サイトのセキュリティとパフォーマンスを向上させるために使用できる強力なツールです。このヘッダーを使用する際には、制限事項を理解し、慎重に設定する必要があります。



Feature-Policy: sync-xhr の代替方法

  • 比較的新しい機能であり、すべてのブラウザでサポートされているわけではありません。
  • 同期 XHR を無効にすると、一部の Web サイトやアプリケーションが動作しなくなる可能性があります。
  • 設定が複雑で、誤った設定が問題を引き起こす可能性があります。

これらの制限を克服するために、Feature-Policy: sync-xhr 以外の方法で同期 XHR を制御することもできます。

XMLHttpRequest の async プロパティを使用する

XMLHttpRequest オブジェクトの async プロパティは、リクエストが同期か非同期かを指定します。デフォルトでは asynctrue に設定されており、非同期リクエストになります。同期 XHR を回避するには、asyncfalse に設定します。

const xhr = new XMLHttpRequest();
xhr.open('GET', 'https://example.com', false);
xhr.send();

このコードは、asyncfalse に設定することで、同期 XHR を実行します。

Fetch API を使用する

Fetch API は、新しい API で、XMLHttpRequest よりも多くの機能を提供します。Fetch API を使用して、非同期リクエストのみを実行できます。

fetch('https://example.com')
  .then(response => response.json())
  .then(data => console.log(data));

このコードは、Fetch API を使用して、非同期リクエストを実行します。

Axios ライブラリを使用する

Axios は、JavaScript で HTTP リクエストを行うためのライブラリです。Axios は、Fetch API よりも使いやすく、多くの機能を提供します。

axios.get('https://example.com')
  .then(response => console.log(response.data));

このコードは、Axios ライブラリを使用して、非同期リクエストを実行します。

  • Feature-Policy: sync-xhr は、最も強力な方法ですが、最も複雑な方法でもあります。
  • XMLHttpRequest の async プロパティ は、最も簡単な方法ですが、最も古い方法でもあります。
  • Fetch API は、新しい方法で、多くの機能を提供します。
  • Axios ライブラリ は、Fetch API よりも使いやすく、多くの機能を提供します。

Feature-Policy: sync-xhr は、同期 XHR を制御するための強力なツールですが、いくつかの制限があります。これらの制限を克服するために、Feature-Policy: sync-xhr 以外の方法で同期 XHR を制御することもできます。




Sec-CH-UA-Platform ヘッダーの活用:ブラウザのプラットフォーム情報を取得する

Sec-CH-UA-Platformは、HTTPヘッダーに追加される新しいヘッダーフィールドです。これは、クライアントが使用するプラットフォーム(OS)に関する情報をサーバーに送信するために使用されます。この情報は、サーバーがクライアントに最適なコンテンツを提供するために役立ちます。



Max-Forwards ヘッダーのトラブルシューティング

"Max-Forwards" ヘッダーは、HTTPリクエストがプロキシサーバーを経由する最大回数を指定します。これは、リクエストが無限ループに陥ったり、過剰なリソースを消費したりすることを防ぐために使用されます。仕組み"Max-Forwards" ヘッダーは、クライアントまたはプロキシサーバーによって設定されます。値は10進数で、リクエストが許可される最大ホップ数を表します。例えば、"Max-Forwards: 3" と設定すると、リクエストは3つのプロキシサーバーを経由することしかできません。


HSTS ヘッダーを設定するその他の方法:Cloudflare、Web アプリケーションフレームワーク

仕組みサーバーは HSTS ヘッダーをレスポンスに含めます。ブラウザは HSTS ヘッダーを受け取ると、一定期間 (max-age) はそのサイトへのアクセスを HTTPS 接続のみ許可します。期間内であれば、ブラウザは URL が HTTP であっても自動的に HTTPS に変換してアクセスします。


X-Frame-Options ヘッダーの代替手段:CSP、JavaScript、メタタグなど

X-Frame-Options ヘッダーは、Web ページが別のページ(フレーム)内に表示されるのを制限する HTTP ヘッダーです。これは、悪意のあるサイトによる「クリックジャッキング」攻撃を防ぐために使用されます。クリックジャッキングとは、ユーザーの意図しない操作を誘発する攻撃です。攻撃者は、透明なフレームやiframeを使用して、ユーザーに見える場所に偽のボタンやリンクを重ねて表示します。ユーザーが本物のボタンやリンクをクリックしたと誤認して、意図せず個人情報を入力したり、不正な操作を実行してしまう可能性があります。


Sec-CH-UA-Model ヘッダーの活用:ユーザーエクスペリエンスの向上

ユーザーエージェント文字列よりも詳細な情報を提供ブラウザベンダーとモデル名バージョン情報プラットフォーム情報ブランド情報 (一部のブラウザでは非公開)ユーザーのブラウザをより正確に特定より適切なコンテンツと機能を提供パフォーマンスの向上プライバシーの保護 (一部のブラウザではブランド情報が非公開)



505エラーの原因は?サーバーとブラウザのバージョン違いを徹底解説

HTTPステータスコード 505 HTTP Version Not Supported は、クライアントがリクエストで使用したHTTPプロトコルのバージョンが、サーバーがサポートしていないことを示すエラーコードです。これは、サーバーが古いバージョンのHTTPをサポートしていないか、または新しいバージョンのHTTPにまだ対応していない場合に発生します。


HSTS ヘッダーを設定するその他の方法:Cloudflare、Web アプリケーションフレームワーク

仕組みサーバーは HSTS ヘッダーをレスポンスに含めます。ブラウザは HSTS ヘッダーを受け取ると、一定期間 (max-age) はそのサイトへのアクセスを HTTPS 接続のみ許可します。期間内であれば、ブラウザは URL が HTTP であっても自動的に HTTPS に変換してアクセスします。


307 Temporary Redirect を設定するその他の方法【HTMLリダイレクト、HTTPヘッダー、htaccessファイルなど】

例:サーバメンテナンス中コンテンツの更新中イベント開催期間中のみ別のURLで提供307リダイレクトの特徴:一時的な移転であること元のURLへのアクセスが将来的に復活する可能性があることSEO対策上、元のURLの権威性を維持できることPOSTメソッドなどのリクエストもリダイレクトされること


【図解あり】HTTPステータスコード200 OK:成功の証!その仕組みとプログラミング

この節では、200 OK のプログラミングにおける役割と詳細について、分かりやすく解説します。リクエストの成功を伝える: 200 OK は、クライアントからのリクエストが 正しく解釈され、処理された こと を示します。具体的には、以下の状況を意味します。 リクエストされたURLが存在し、アクセス可能であること サーバーがリクエストを処理する十分なリソースを持っていること リクエストされた操作が成功したこと


インターネット上の表現の自由を制限する?HTTPステータスコード451の議論

HTTPステータスコード "451 Unavailable For Legal Reasons" は、サーバーが特定のコンテンツへのアクセスを、法的な理由により拒否することを示します。これは、政府機関からの命令、著作権侵害、名誉毀損、その他の法的問題などが原因で発生します。