協定世界時 (UTC)

2024-04-18

JavaScriptの「Date」オブジェクトにおける「Date.getUTCMilliseconds」メソッドの詳細解説

Date.getUTCMilliseconds()メソッドは、JavaScriptの「Date」オブジェクトにおいて、**協定世界時 (UTC)**におけるミリ秒単位の時刻を取得するために使用されます。ミリ秒は、1秒の1000分の1を指します。

構文

Date.prototype.getUTCMilliseconds();

戻り値

  • 指定された日時におけるUTCミリ秒を整数値で返します。
  • 範囲は0から999までです。
  • Dateオブジェクトが無効な日時を表している場合は、NaNを返します。

// 現在の日付と時刻を取得
const now = new Date();

// UTCミリ秒を取得
const utcMilliseconds = now.getUTCMilliseconds();

// 結果を出力
console.log(utcMilliseconds); // 例: 789

補足

  • getUTCMilliseconds()メソッドは、UTC以外のタイムゾーンにおけるミリ秒を取得するためには使用できません。その場合は、getTimezoneOffset()メソッドと併用する必要があります。
  • ミリ秒は、時間経過を測定する際に高い精度が必要とされる場合によく使用されます。例えば、タイマーやアニメーションの制御などにおいて利用されます。
  • 上記以外にも、Dateオブジェクトには様々なメソッドが用意されています。詳細はMDN Web Docsなどを参照してください。
  • JavaScriptで時間や日付を扱うには、Dateオブジェクト以外にも様々な方法があります。用途に応じて適切な方法を選択してください。


JavaScriptにおける「Date.getUTCMilliseconds」のサンプルコード集

// 現在の日付と時刻を取得
const now = new Date();

// UTCミリ秒を取得
const utcMilliseconds = now.getUTCMilliseconds();

// 結果を出力
console.log(utcMilliseconds); // 例: 789

特定の日付と時刻のUTCミリ秒を取得

// 2023年12月31日 23時59分59秒のUTCミリ秒を取得
const specificDate = new Date(2023, 11, 31, 23, 59, 59);
const utcMilliseconds = specificDate.getUTCMilliseconds();

// 結果を出力
console.log(utcMilliseconds); // 例: 999

経過時間をUTCミリ秒に変換

// 1分経過した時間をUTCミリ秒に変換
const oneMinute = 1000 * 60; // 1分は60秒、1秒は1000ミリ秒なので、1分は1000 * 60ミリ秒
const oneMinuteMilliseconds = oneMinute.getUTCMilliseconds();

// 結果を出力
console.log(oneMinuteMilliseconds); // 例: 60000

特定の日付と時刻から現在時刻までの経過時間をUTCミリ秒に変換

// 2023年12月31日 23時59分59秒からの経過時間をUTCミリ秒に変換
const specificDate = new Date(2023, 11, 31, 23, 59, 59);
const now = new Date();
const elapsedTimeMilliseconds = now.getTime() - specificDate.getTime();

// 結果を出力
console.log(elapsedTimeMilliseconds); // 例: 1577836799999

日付と時刻の差をUTCミリ秒に変換

// 2024年1月1日 0時0分0秒と2024年1月2日 0時0分0秒の差をUTCミリ秒に変換
const date1 = new Date(2024, 0, 1, 0, 0, 0);
const date2 = new Date(2024, 0, 2, 0, 0, 0);
const timeDiffMilliseconds = date2.getTime() - date1.getTime();

// 結果を出力
console.log(timeDiffMilliseconds); // 例: 86400000

これらのサンプルコードはあくまでも一例であり、状況に応じて様々な応用が可能です。「Date.getUTCMilliseconds」メソッドを理解することで、JavaScriptにおける時間処理の幅が広がります。

ご参考になれば幸いです。



JavaScriptにおける「Date」オブジェクトを操作するその他の方法

「Date.getUTCMilliseconds」メソッド以外にも、JavaScriptの「Date」オブジェクトを操作するには様々な方法があります。ここでは、よく使用される代表的な方法をいくつかご紹介します。

new Date() コンストラクタ

新しい Date オブジェクトを作成するには、new Date() コンストラクタを使用します。引数として、日付と時刻を指定することもできます。

// 現在の日付と時刻を取得
const now = new Date();

// 特定の日付と時刻を取得
const specificDate = new Date(2024, 3, 18, 15, 23, 56);

Date.parse() メソッド

文字列形式の日付と時刻を Date オブジェクトに変換するには、Date.parse() メソッドを使用します。

// 文字列形式の日付と時刻をパース
const dateString = "2024-04-18T15:23:56Z";
const parsedDate = new Date(Date.parse(dateString));

// 結果を出力
console.log(parsedDate); // 2024-04-18T15:23:56Z

Date オブジェクトのプロパティ

Date オブジェクトには、年、月、日、時、分、秒などのプロパティが用意されています。これらのプロパティに直接アクセスすることで、値を取得したり設定したりすることができます。

// 現在の日付と時刻を取得
const now = new Date();

// 年を取得
const year = now.getFullYear();

// 月を取得 (0始まり)
const month = now.getMonth();

// 日を取得
const day = now.getDate();

// 時を取得
const hour = now.getHours();

// 分を取得
const minute = now.getMinutes();

// 秒を取得
const second = now.getSeconds();

// 結果を出力
console.log(`${year}/${month + 1}/${day} ${hour}:${minute}:${second}`); // 例: 2024/4/18 15:23:56

Date オブジェクトのメソッド

Date オブジェクトには、getTime(), setTime(), setFullYear(), setMonth(), setDate(), setHours(), setMinutes(), setSeconds() などのメソッドが用意されています。これらのメソッドを使用して、値を設定したり、オブジェクトを操作したりすることができます。

// 現在の日付と時刻を取得
const now = new Date();

// 1時間後を取得
const oneHourLater = new Date(now.getTime() + 1000 * 60 * 60);

// 結果を出力
console.log(oneHourLater); // 2024-04-18 16:23:56

ライブラリ

Moment.jsなどのライブラリを使用すると、より直感的で扱いやすい方法で「Date」オブジェクトを操作することができます。

上記以外にも、様々な方法があります。用途に応じて適切な方法を選択してください。




JavaScript初心者必見!Date.setUTCMillisecondsメソッドを徹底解説

メソッドの役割Date. setUTCMillisecondsメソッドは、以下の2つの役割を担います。既存の日付時刻のミリ秒部分を変更する: すでに作成済みのDateオブジェクトに対して、ミリ秒単位で時刻を調整できます。新しい日付時刻を作成する: 引数にミリ秒値のみを渡すことで、ミリ秒単位の精度で新しいDateオブジェクトを作成できます。



JavaScript DateオブジェクトのsetHoursメソッドで時間を自在に操ろう!

DateオブジェクトのsetHoursメソッドは、日付オブジェクトの時刻をローカル時間に基づいて設定するために使用されます。メソッドの構成引数hoursValue: 設定する時(0~23の範囲)minutesValue: 設定する分(省略可、0~59の範囲)


JavaScript で国際的な日付と時刻表示を実現: Date.toLocaleString() と Intl.DateTimeFormat の連携

このメソッドは、単に日付と時刻を文字列に変換するだけでなく、ロケールに特有な書式設定も適用します。例えば、日本では「2024年5月20日」のように表示されますが、アメリカでは「May 20, 2024」のように表示されます。使い方オプション


【完全ガイド】JavaScript Date.setFullYear:日付操作をマスターするための詳細解説

使い方パラメータyear: 設定したい年month (オプション): 設定したい月 (0から11までの数値)date (オプション): 設定したい日 (1から31までの数値)注意点month と date を省略した場合、デフォルトで1月1日になります。


JavaScriptでその他の便利なメソッドを活用する

時間: 24時間表記で、先頭にゼロパディングされた 2 桁の数字で表現されます。分: 先頭にゼロパディングされた 2 桁の数字で表現されます。時間帯: GMT (グリニッジ標準時) とのオフセットを、符号 (+/-)と 4 桁の数字で表現されます。



String.fromCodePoint 以外にも知っておきたい、Unicodeコードポイントから文字列を作成する方法

例:使い方:String. fromCodePoint() を呼び出します。引数として、1つ以上のUnicodeコードポイントを渡します。コードポイントは10進数、16進数、または文字列リテラルで指定できます。詳細:Unicodeコードポイントは、0から1114111までの整数です。


EvalError.evalErrorの回避と安全なコード記述: JavaScriptエラー処理のベストプラクティス

EvalError. evalError が発生する主な理由は以下の通りです。eval() 関数が非推奨または無効化されている環境: 多くの現代的なブラウザでは、セキュリティ上の懸念から eval() 関数が無効化されています。このような環境で eval() 関数を実行しようとすると、EvalError


JavaScript DateオブジェクトのsetHoursメソッドで時間を自在に操ろう!

DateオブジェクトのsetHoursメソッドは、日付オブジェクトの時刻をローカル時間に基づいて設定するために使用されます。メソッドの構成引数hoursValue: 設定する時(0~23の範囲)minutesValue: 設定する分(省略可、0~59の範囲)


JavaScript Array の fill メソッド: ループはもう古い!fill メソッドでスマートに書き換えよう

構文引数value: 配列の要素を書き換える値start: 書き換えを開始するインデックス (省略可能、デフォルトは 0)end: 書き換えを終了するインデックス (省略可能、デフォルトは array. length)戻り値書き換えられた配列


【JavaScript】文字列に中線を引く3つの方法:strike()メソッドから最新の方法まで徹底解説

使用方法:注意点:strike() メソッドは 非推奨 です。将来的に動作しなくなる可能性があるため、代わりに HTML タグを使用することをお勧めします。このメソッドは、文字列を <strike> タグで囲むだけです。ブラウザによっては、中線の代わりに取り消し線が表示される場合があります。