JavaScript Date.setUTCSeconds() の詳細解説

2024-04-02

JavaScript Date.setUTCSeconds() の詳細解説

Date.setUTCSeconds() は、JavaScript の Date オブジェクトのメソッドであり、UTC 時間に基づいて秒を設定するために使用されます。オプションでミリ秒も設定できます。

構文

dateObject.setUTCSeconds(secondsValue[, msValue]);

パラメータ

  • secondsValue: 設定する秒の値。0 から 59 までの整数です。
  • msValue: 設定するミリ秒の値 (オプション)。0 から 999 までの数値です。省略すると、getUTCMilliseconds() メソッドによって返される値が使用されます。

動作

  • secondsValue または msValue が有効範囲外の場合、Date オブジェクトの日付情報はそれに応じて更新されます。
  • 例えば、secondsValue に 100 を指定すると、Date オブジェクトに保存されている分は 1 増加し、秒は 40 になります。

返値

更新された Date オブジェクトを返します。

// 現在の日付を取得
const date = new Date();

// UTC 時間に基づいて秒を 15 に設定
date.setUTCSeconds(15);

// 更新された日付を出力
console.log(date.toString()); // "Thu Mar 16 2023 23:15:00 GMT+0900 (JST)"

補足

  • Date.setUTCSeconds() は、UTC 時間に基づいて秒を設定するため、ローカル時間とは異なる場合があります。
  • Date オブジェクトの日付を操作する他のメソッドとしては、setUTCMinutes()、setUTCHours() などがあります。

この解説が分かりやすく、参考になりましたでしょうか?



Date.setUTCSeconds() のサンプルコード

const date = new Date();
date.setUTCSeconds(15);

console.log(date.toString()); // "Thu Mar 16 2023 23:15:00 GMT+0900 (JST)"

特定の日付の秒を 30 に設定

const date = new Date(2023, 2, 16, 12, 0, 0); // 2023年3月16日 12:00:00
date.setUTCSeconds(30);

console.log(date.toString()); // "Thu Mar 16 2023 12:00:30 GMT+0900 (JST)"

秒とミリ秒を設定

const date = new Date();
date.setUTCSeconds(15, 500);

console.log(date.toString()); // "Thu Mar 16 2023 23:15:00.500 GMT+0900 (JST)"

無効な値を設定

const date = new Date();
date.setUTCSeconds(100); // 秒が60を超えているため、分が1増加

console.log(date.toString()); // "Thu Mar 16 2023 23:01:40 GMT+0900 (JST)"

UTC 時間とローカル時間の比較

const date = new Date();
const utcSeconds = date.getUTCSeconds();
const localSeconds = date.getSeconds();

console.log(`UTC 時間の秒: ${utcSeconds}`);
console.log(`ローカル時間の秒: ${localSeconds}`);

このコードは、現在の UTC 時間とローカル時間の秒を表示します。タイムゾーンによっては、両者の間に差があることが確認できます。

Date オブジェクトの他のメソッドと組み合わせる

const date = new Date();
date.setUTCSeconds(15);
date.setUTCMinutes(30);

console.log(date.toString()); // "Thu Mar 16 2023 23:30:15 GMT+0900 (JST)"

このコードは、Date.setUTCSeconds() メソッドと Date.setUTCMinutes() メソッドを組み合わせて、日付と時間を設定しています。



JavaScript で UTC 時間の秒を設定する他の方法

Date オブジェクトのコンストラクタを使用する

const date = new Date(2023, 2, 16, 12, 0, 15); // 2023年3月16日 12:00:15

console.log(date.toString()); // "Thu Mar 16 2023 12:00:15 GMT+0900 (JST)"

このコードは、Date オブジェクトのコンストラクタを使用して、UTC 時間の秒を 15 に設定しています。

Date.prototype.setUTCMilliseconds() メソッドを使用する

const date = new Date();
date.setUTCMilliseconds(15000); // ミリ秒を 15000 に設定

console.log(date.getUTCSeconds()); // 15

このコードは、Date.prototype.setUTCMilliseconds() メソッドを使用して、UTC 時間のミリ秒を 15000 に設定しています。ミリ秒は自動的に秒に換算されます。

moment.js ライブラリを使用する

const moment = require('moment');

const date = moment.utc().set('seconds', 15);

console.log(date.toString()); // "2023-03-16T12:00:15.000Z"

このコードは、moment.js ライブラリを使用して、UTC 時間の秒を 15 に設定しています。moment.js ライブラリは、日付と時間の操作をより簡単に実行できます。

  • シンプルな方法で UTC 時間の秒を設定したい場合は、Date.setUTCSeconds() メソッドを使用するのが最適です。
  • より複雑な操作を行う場合は、Date オブジェクトのコンストラクタや Date.prototype.setUTCMilliseconds() メソッドを使用する方が柔軟性があります。
  • moment.js ライブラリを使用すると、日付と時間の操作をより簡単に実行できます。



JavaScript で国際的な日付と時刻表示を実現: Date.toLocaleString() と Intl.DateTimeFormat の連携

このメソッドは、単に日付と時刻を文字列に変換するだけでなく、ロケールに特有な書式設定も適用します。例えば、日本では「2024年5月20日」のように表示されますが、アメリカでは「May 20, 2024」のように表示されます。使い方オプション



JavaScriptでその他の便利なメソッドを活用する

時間: 24時間表記で、先頭にゼロパディングされた 2 桁の数字で表現されます。分: 先頭にゼロパディングされた 2 桁の数字で表現されます。時間帯: GMT (グリニッジ標準時) とのオフセットを、符号 (+/-)と 4 桁の数字で表現されます。


JavaScript エラー: 無効な for-in 初期化子 - エラー解決のヒント

初期化子の型for-in ループの初期化子は、オブジェクトである必要があります。オブジェクトリテラル、変数、プロパティへの参照など、オブジェクトを返す式を記述する必要があります。例:初期化子の値初期化子が null または undefined の場合、エラーが発生します。


JavaScript のループ処理: continue ステートメントを使いこなす

Bad continue エラーは、JavaScript コード内で continue ステートメントが誤って使用された際に発生します。continue ステートメントは、ループ内の次のイテレーションに進むために使用されますが、特定の条件下では誤って使用される可能性があります。


EvalError.evalErrorの回避と安全なコード記述: JavaScriptエラー処理のベストプラクティス

EvalError. evalError が発生する主な理由は以下の通りです。eval() 関数が非推奨または無効化されている環境: 多くの現代的なブラウザでは、セキュリティ上の懸念から eval() 関数が無効化されています。このような環境で eval() 関数を実行しようとすると、EvalError



【完全ガイド】JavaScript Number.isInteger メソッドで整数判定をマスターし、開発効率をアップ!

使い方引数value: 判定対象となる数値戻り値数値が整数であれば true、そうでなければ false例整数判定を簡単に記述できる他の判定方法と比べて処理速度が速いNaN や Infinity は常に false を返す浮動小数点数が整数に変換できる場合でも false を返す (例: 5.0000000000000001)


JavaScript エラーと Error.stack プロパティ

スタックトレースは、エラー発生時に実行されていた関数とその呼び出し順序を記録したものです。具体的には、以下の情報が含まれます。各関数の名前各関数のファイル名と行番号関数の引数スタックトレースを活用することで、以下のことが可能になります。エラー発生箇所を特定する


JSONを使いこなす!JavaScriptプログラマーのための詳細ガイド

JSONは、"JavaScript Object Notation"の略称で、軽量かつデータのやり取りに特化したデータ形式です。人間が読みやすく記述でき、様々なプログラミング言語で広く利用されています。JavaScriptとJSONの親和性


JavaScriptでその他の便利なメソッドを活用する

時間: 24時間表記で、先頭にゼロパディングされた 2 桁の数字で表現されます。分: 先頭にゼロパディングされた 2 桁の数字で表現されます。時間帯: GMT (グリニッジ標準時) とのオフセットを、符号 (+/-)と 4 桁の数字で表現されます。


EvalError.evalErrorの回避と安全なコード記述: JavaScriptエラー処理のベストプラクティス

EvalError. evalError が発生する主な理由は以下の通りです。eval() 関数が非推奨または無効化されている環境: 多くの現代的なブラウザでは、セキュリティ上の懸念から eval() 関数が無効化されています。このような環境で eval() 関数を実行しようとすると、EvalError