型ガードや型変換でエラーを防ぐ!JavaScript エラー「予期しない型」の解決方法

2024-04-02

JavaScript エラー: 予期しない型

変数や関数の引数に、期待と異なる型の値が渡された場合

例:

function add(a, b) {
  return a + b;
}

// 数値同士の加算
console.log(add(1, 2)); // 3

// 文字列同士の連結
console.log(add("1", "2")); // "12"

// 数値と文字列の加算
console.log(add(1, "2")); // エラー: 予期しない型

この例では、add 関数は数値を受け取って加算する関数です。しかし、最後の呼び出しでは、1つ目の引数は数値ですが、2つ目の引数は文字列です。そのため、JavaScript は "予期しない型" エラーを発生させます。

型変換がうまくいかなかった場合

例:

// 文字列を数値に変換
const number = parseInt("123"); // 123

// 文字列を数値に変換 (失敗)
const number = parseInt("abc"); // NaN

// NaN は数値ではない
console.log(typeof NaN); // "number"

// NaN を数値として扱うとエラーが発生
console.log(1 + NaN); // エラー: 予期しない型

この例では、parseInt 関数を使って文字列を数値に変換しています。1つ目の呼び出しでは、文字列 "123" は数値に変換できます。しかし、2つ目の呼び出しでは、文字列 "abc" は数値に変換できないため、NaN という特殊な値になります。NaN は数値ではないため、数値として扱おうとすると "予期しない型" エラーが発生します。

エラーの解決方法

"Unexpected type" エラーを解決するには、以下の方法を試してみてください。

変数や関数の引数の型を確認する

エラーメッセージに、どの変数や関数の引数でエラーが発生しているかが表示されています。その変数や関数の型定義を確認し、期待と異なる型の値が渡されていないかを確認しましょう。

型変換を行う

必要に応じて、型変換関数を使って値の型を変換しましょう。

コードを見直す

上記の方法で解決できない場合は、コード全体を見直して、エラーの原因となる箇所を見つけましょう。

"Unexpected type" エラーは、JavaScript でよく発生するエラーの一つです。エラーメッセージの内容をよく理解し、上記の解決方法を参考に問題を解決しましょう。



JavaScript エラー: 予期しない型 サンプルコード

変数や関数の引数に、期待と異なる型の値が渡された場合

function add(a, b) {
  return a + b;
}

// 数値同士の加算
console.log(add(1, 2)); // 3

// 文字列同士の連結
console.log(add("1", "2")); // "12"

// 数値と文字列の加算
console.log(add(1, "2")); // エラー: 予期しない型

解決方法:

  • add 関数の引数の型を明示的に指定する
  • 値を渡す前に、型変換を行う

例2:オブジェクトのプロパティへのアクセス

const obj = {
  name: "John Doe",
  age: 30,
};

// 正常なアクセス
console.log(obj.name); // "John Doe"

// エラー: 予期しない型
console.log(obj.age.toUpperCase()); // エラー: 予期しない型

解決方法:

  • プロパティが存在することを確認してからアクセスする
  • オプション型を使用する

例3:配列の要素へのアクセス

const arr = [1, 2, 3];

// 正常なアクセス
console.log(arr[0]); // 1

// エラー: 予期しない型
console.log(arr[1].toUpperCase()); // エラー: 予期しない型

解決方法:

  • 要素が存在することを確認してからアクセスする
  • typeof 演算子を使って要素の型を確認する

型変換がうまくいかなかった場合

例1:文字列を数値に変換

// 文字列を数値に変換
const number = parseInt("123"); // 123

// 文字列を数値に変換 (失敗)
const number = parseInt("abc"); // NaN

// NaN は数値ではない
console.log(typeof NaN); // "number"

// NaN を数値として扱うとエラーが発生
console.log(1 + NaN); // エラー: 予期しない型

解決方法:

  • parseInt 関数の第2引数に、変換する基数を指定する
  • Number 関数を使って文字列を数値に変換する

例2:数値を文字列に変換

// 数値を文字列に変換
const str = String(123); // "123"

// 数値を文字列に変換 (失敗)
const str = 123.toUpperCase(); // エラー: 予期しない型

解決方法:

  • String 関数を使って数値を文字列に変換する
  • toString メソッドを使って数値を文字列に変換する

その他のサンプルコード

  • オブジェクトの型チェック:
const obj = {
  name: "John Doe",
  age: 30,
};

// オブジェクトが `Person` 型かどうかをチェック
if (obj instanceof Person) {
  // オブジェクトを `Person` 型として扱う
} else {
  // エラー: 予期しない型
}
  • 関数の戻り値の型チェック:
function getPerson() {
  return {
    name: "John Doe",
    age: 30,
  };
}

// 関数の戻り値が `Person` 型かどうかをチェック
const person = getPerson();
if (person instanceof Person) {
  // 戻り値を `Person` 型として扱う
} else {
  // エラー: 予期しない型
}

"Unexpected type" エラーは、さまざまな原因で発生します。エラーメッセージの内容をよく理解し、上記のサンプルコードを参考に問題を解決しましょう。



JavaScript エラー: 予期しない型 を解決するその他の方法

型ガードを使用することで、変数の型を安全にチェックすることができます。

例:

function add(a: number, b: number): number {
  return a + b;
}

// 型ガードを使用して、引数の型をチェック
function addSafe(a: any, b: any): number | undefined {
  if (typeof a === "number" && typeof b === "number") {
    return add(a, b);
  } else {
    return undefined;
  }
}

// 正常な呼び出し
console.log(addSafe(1, 2)); // 3

// エラーが発生しない
console.log(addSafe("1", "2")); // undefined

エラーハンドリングを使用する

try-catch ブロックを使用することで、エラーが発生しても処理を続行することができます。

例:

function add(a: number, b: number): number {
  return a + b;
}

// エラーハンドリングを使用して、エラーを処理
try {
  add(1, 2); // 3
  add("1", "2"); // エラー: 予期しない型
} catch (error) {
  console.log(error.message); // "予期しない型"
}

デバッガーを使用することで、コードの実行をステップ実行して、エラーの原因を特定することができます。

ライブラリを使用する

型チェックや型変換を行うライブラリを使用することで、コードをより安全に書くことができます。

例:

// 型チェックライブラリを使用
const isNumber = require("is-number");

console.log(isNumber(123)); // true
console.log(isNumber("abc")); // false

// 型変換ライブラリを使用
const toNumber = require("to-number");

console.log(toNumber("123")); // 123
console.log(toNumber("abc")); // NaN

"Unexpected type" エラーを解決する方法はいくつかあります。状況に応じて、適切な方法を選択しましょう。




EvalError.evalErrorの回避と安全なコード記述: JavaScriptエラー処理のベストプラクティス

EvalError. evalError が発生する主な理由は以下の通りです。eval() 関数が非推奨または無効化されている環境: 多くの現代的なブラウザでは、セキュリティ上の懸念から eval() 関数が無効化されています。このような環境で eval() 関数を実行しようとすると、EvalError



JSONを使いこなす!JavaScriptプログラマーのための詳細ガイド

JSONは、"JavaScript Object Notation"の略称で、軽量かつデータのやり取りに特化したデータ形式です。人間が読みやすく記述でき、様々なプログラミング言語で広く利用されています。JavaScriptとJSONの親和性


JavaScript Map オブジェクトを徹底解説:Map.forEach の使い方とサンプルコード

Map. forEachは以下の形式で呼び出します。引数には、以下の3つの要素が渡されます。value: 現在の要素の値key: 現在の要素のキーmap: 処理対象のMapオブジェクトこれらの要素を使って、Map内の各要素を処理することができます。


JavaScript Map オブジェクトとは?

keys() メソッドは、Map オブジェクトのすべてのキーをイテレータとして返します。イテレータは、for. ..of ループを使って要素を順番に取り出すことができます。オブジェクトのキーをループ処理する際に、Object. keys() メソッドよりも効率的です。


JavaScriptにおけるMapオブジェクト:その他のサンプルコード

JavaScript の Map オブジェクトは、キーと値のペアを格納する強力なデータ構造です。map. size プロパティは、Map オブジェクト内の要素数を取得するために使用されます。このチュートリアルでは、map. size の使用方法、動作、および実用的な例について詳しく説明します。



JavaScriptのObject.getOwnPropertyDescriptorsメソッドのサンプルコード

このメソッドは、オブジェクトの独自プロパティのみを検査します。つまり、プロトタイプチェーンから継承されたプロパティは含まれません。メソッドの戻り値は、オブジェクトであり、各プロパティ名がキー、そのプロパティ記述子が値となります。プロパティ記述子は、以下のプロパティを持つオブジェクトです。


JavaScriptのObject.sealメソッド:オブジェクトを封印する方法

概要Object. sealメソッドは、JavaScriptオブジェクトを封印するためのものです。封印されたオブジェクトは、以下の操作に対して変更を拒否します。新しいプロパティの追加既存のプロパティの削除プロパティの記述子の変更 (構成可能、書き込み可能、削除可能など)


JavaScript DateオブジェクトのsetHoursメソッドで時間を自在に操ろう!

DateオブジェクトのsetHoursメソッドは、日付オブジェクトの時刻をローカル時間に基づいて設定するために使用されます。メソッドの構成引数hoursValue: 設定する時(0~23の範囲)minutesValue: 設定する分(省略可、0~59の範囲)


JavaScriptのDateオブジェクトを使いこなす!月の日にちを取得する7つの方法

Date. getDate() メソッドは、JavaScript の Date オブジェクトから 月の日にち を取得するために使用されます。戻り値は 1 から 31 の整数で、その日付が属する月の 1 日目から何日目 かを表します。構文パラメータ


オブジェクトリテラルとコンストラクター関数:オブジェクト作成の2つの方法

オブジェクトは、プロパティ と メソッド の集まりです。プロパティ は、名前と値のペアで構成されます。名前は文字列で、値は数値、文字列、配列、関数など、さまざまなデータ型を持つことができます。メソッド は、オブジェクトが実行できるアクションです。関数のように動作し、引数を受け取り、値を返すことができます。