【完全ガイド】JavaScript Number.isInteger メソッドで整数判定をマスターし、開発効率をアップ!

2024-04-02

JavaScript Number.isInteger メソッドの詳細解説

概要

使い方

Number.isInteger(value);

引数

  • value: 判定対象となる数値

戻り値

  • 数値が整数であれば true、そうでなければ false

Number.isInteger(5); // true
Number.isInteger(3.14); // false
Number.isInteger('10'); // false

メリット

  • 整数判定を簡単に記述できる
  • 他の判定方法と比べて処理速度が速い

注意点

  • NaN や Infinity は常に false を返す
  • 浮動小数点数が整数に変換できる場合でも false を返す (例: 5.0000000000000001)
  • 厳密な整数判定には不向きな場合がある

代替手段

  • 整数判定には、Number.isInteger 以外にもいくつかの方法があります。
  • 厳密な整数判定が必要な場合は、剰余演算子 (%) を使用する方法がおすすめです。

function isInteger(value) {
  return value % 1 === 0;
}

console.log(isInteger(5)); // true
console.log(isInteger(3.14)); // false

Number.isInteger メソッドは、多くの場合において数値の整数判定を簡単に記述できる便利な関数です。 ただし、NaN や Infinity、浮動小数点数など、注意すべき点も存在します。 厳密な整数判定が必要な場合は、剰余演算子などを利用するなど、状況に応じて適切な方法を選択することが重要です。



Number.isInteger メソッドのサンプルコード

基本的な使い方

// 整数
console.log(Number.isInteger(5)); // true
console.log(Number.isInteger(100)); // true

// 小数
console.log(Number.isInteger(3.14)); // false
console.log(Number.isInteger(0.5)); // false

// 文字列
console.log(Number.isInteger('10')); // false
console.log(Number.isInteger('abc')); // false

// NaN
console.log(Number.isInteger(NaN)); // false

// Infinity
console.log(Number.isInteger(Infinity)); // false

判定結果を利用する

function isEven(number) {
  return Number.isInteger(number) && number % 2 === 0;
}

console.log(isEven(4)); // true
console.log(isEven(3.14)); // false

厳密な整数判定

function isIntegerStrict(value) {
  return Number.isFinite(value) && Math.floor(value) === value;
}

console.log(isIntegerStrict(5)); // true
console.log(isIntegerStrict(3.14)); // false
console.log(isIntegerStrict(5.0000000000000001)); // false
// 範囲チェック
const min = 10;
const max = 20;

function isInRange(number) {
  return Number.isInteger(number) && number >= min && number <= max;
}

console.log(isInRange(15)); // true
console.log(isInRange(9)); // false
console.log(isInRange(21)); // false

// 型変換
const value = '123';

if (Number.isInteger(value)) {
  const number = parseInt(value);
  // number を整数として処理
} else {
  // value は整数ではない
}

ご参考ください。



Number.isInteger メソッド以外の整数判定方法

剰余演算子 (%)

function isInteger(value) {
  return value % 1 === 0;
}

console.log(isInteger(5)); // true
console.log(isInteger(3.14)); // false

Number.isFinite と Math.floor

function isIntegerStrict(value) {
  return Number.isFinite(value) && Math.floor(value) === value;
}

console.log(isIntegerStrict(5)); // true
console.log(isIntegerStrict(3.14)); // false
console.log(isIntegerStrict(5.0000000000000001)); // false

正規表現

function isIntegerRegex(value) {
  return /^\d+$/.test(value);
}

console.log(isIntegerRegex('123')); // true
console.log(isIntegerRegex('123.45')); // false

isNaN と typeof

function isIntegerNaN(value) {
  return !isNaN(value) && typeof value === 'number';
}

console.log(isIntegerNaN(5)); // true
console.log(isIntegerNaN(3.14)); // false
console.log(isIntegerNaN('abc')); // false
  • 剰余演算子 (%) は最もシンプルですが、NaN や Infinity に対しては正しく動作しません。
  • Number.isFiniteMath.floor は厳密な整数判定に役立ちますが、処理速度が遅くなる可能性があります。
  • 正規表現は柔軟性がありますが、複雑な記述が必要になります。
  • isNaNtypeof は高速でシンプルですが、厳密な整数判定には不向きです。

状況に応じて適切な方法を選択することが重要です。

  • JavaScript には、Number.parseIntNumber.parseFloat などの数値変換関数も用意されています。
  • これらの関数は、数値の文字列表現を整数や浮動小数点数に変換する際に役立ちます。

Number.isInteger メソッドは、多くの場合において数値の整数判定を簡単に記述できる便利な関数です。 ただし、NaN や Infinity、浮動小数点数など、注意すべき点も存在します。 厳密な整数判定が必要な場合は、剰余演算子などを利用するなど、状況に応じて適切な方法を選択することが重要です。




Number.number プロパティを使いこなしてワンランク上の JavaScript 開発者へ

数値リテラルの型を確認するtypeof 演算子を使用して数値リテラルの型を確認すると、常に "number" と返されます。しかし、Number. number プロパティを使用すると、より詳細な型情報を得ることができます。上記のように、Number



JavaScript で NaN を安全に判定する方法:Number.isNaN を使うべき理由

NaN とはNaN は、「Not a Number」の略で、数値ではないことを表す特別な値です。例えば、以下の式はすべて NaN を返します。Number. isNaN は、引数として渡された値が NaN かどうかを判定します。Number


Number.MIN_SAFE_INTEGER を理解して JavaScript の精度制限を克服する

Number. MIN_SAFE_INTEGER を理解するには、以下の点を押さえることが重要です。安全な整数とは?JavaScript は、64ビット浮動小数点数形式で数値を表現します。しかし、この形式には整数表現の精度制限があり、52ビットしか使用できません。そのため、2^53 - 1 より大きい整数または -(2^53 - 1) より小さい整数は、正確に表現できない可能性があります。


JavaScriptのObject.sealメソッド:オブジェクトを封印する方法

概要Object. sealメソッドは、JavaScriptオブジェクトを封印するためのものです。封印されたオブジェクトは、以下の操作に対して変更を拒否します。新しいプロパティの追加既存のプロパティの削除プロパティの記述子の変更 (構成可能、書き込み可能、削除可能など)


JavaScriptのObject.getOwnPropertyDescriptorsメソッドのサンプルコード

このメソッドは、オブジェクトの独自プロパティのみを検査します。つまり、プロトタイプチェーンから継承されたプロパティは含まれません。メソッドの戻り値は、オブジェクトであり、各プロパティ名がキー、そのプロパティ記述子が値となります。プロパティ記述子は、以下のプロパティを持つオブジェクトです。



JavaScript で「Errors: in operator no object」エラーを回避するためのベストプラクティス

このエラーは、JavaScriptでオブジェクトに属していないプロパティにアクセスしようとすると発生します。オブジェクトのプロパティにアクセスするには、ドット(.`)演算子を使用します。しかし、オブジェクトが存在しない、またはアクセスしようとしているプロパティが存在しない場合、このエラーが発生します。


JavaScript初心者必見!Date.setUTCMillisecondsメソッドを徹底解説

メソッドの役割Date. setUTCMillisecondsメソッドは、以下の2つの役割を担います。既存の日付時刻のミリ秒部分を変更する: すでに作成済みのDateオブジェクトに対して、ミリ秒単位で時刻を調整できます。新しい日付時刻を作成する: 引数にミリ秒値のみを渡すことで、ミリ秒単位の精度で新しいDateオブジェクトを作成できます。


JavaScriptでサロゲートペアを含む文字列を扱う:String.isWellFormed()メソッドの活用法

整形式とは、Unicode における文字表現規則に則って表現されていることを指します。具体的には、以下の条件を満たす必要があります。サロゲートペアの適切な使用: Unicode では、BMP (Basic Multilingual Plane) に収容しきれない広範囲な文字を表現するために、サロゲートペアと呼ばれる 2 つの 16 ビット ユニットの組み合わせを用います。String


String.rawを使いこなして、テンプレートリテラルをマスターしよう!

テンプレートリテラルとは?従来の文字列リテラルとは異なり、複数行にわたって記述でき、変数や式を埋め込むことができる文字列です。String. rawの役割テンプレートリテラルでは、エスケープシーケンス(例:\n)は改行文字などに変換されます。しかし、String


EvalError.evalErrorの回避と安全なコード記述: JavaScriptエラー処理のベストプラクティス

EvalError. evalError が発生する主な理由は以下の通りです。eval() 関数が非推奨または無効化されている環境: 多くの現代的なブラウザでは、セキュリティ上の懸念から eval() 関数が無効化されています。このような環境で eval() 関数を実行しようとすると、EvalError