MySQL Workbench と Performance Schema で KEY_CACHES テーブルを分析する

2024-04-02

MariaDB の Information Schema KEY_CACHES テーブルと SQL ステートメントと構造の関係

キーキャッシュ は、InnoDB がテーブルのインデックスからデータを読み出す際に使用するキャッシュです。クエリのパフォーマンスを向上させるために、頻繁にアクセスされるインデックスページをメモリに保持します。

KEY_CACHES テーブル には、以下の情報が含まれます。

  • CACHE_NAME: キャッシュの名前
  • KEY_LENGTH: キャッシュされたキーの長さ
  • KEY_TYPE: キャッシュされたキーの種類 (PRIMARY、UNIQUE、SECONDARY など)
  • TABLE_NAME: キャッシュされたキーが属するテーブルの名前
  • TABLE_SCHEMA: キャッシュされたキーが属するスキーマの名前
  • RECORDS: キャッシュされたレコード数
  • SIZE: キャッシュサイズ (バイト単位)
  • ACCESS_COUNT: キャッシュされたキーへのアクセス回数
  • HIT_COUNT: キャッシュヒット数

SQL ステートメントと構造

KEY_CACHES テーブル は、以下の SQL ステートメントを使用してクエリできます。

  • SELECT: テーブル内のすべての情報または特定の情報を選択
  • WHERE: 特定の条件に基づいて行をフィルタリング
  • ORDER BY: 結果を特定の列に基づいてソート
  • GROUP BY: 結果を特定の列に基づいてグループ化

以下の例は、KEY_CACHES テーブル からすべての情報を選択する方法を示します。

SELECT *
FROM INFORMATION_SCHEMA.KEY_CACHES;

以下の例は、KEY_LENGTH が 100 バイトを超えるキャッシュエントリを選択する方法を示します。

SELECT *
FROM INFORMATION_SCHEMA.KEY_CACHES
WHERE KEY_LENGTH > 100;

以下の例は、TABLE_NAME 列に基づいて結果をソートする方法を示します。

SELECT *
FROM INFORMATION_SCHEMA.KEY_CACHES
ORDER BY TABLE_NAME;

プログラミング

KEY_CACHES テーブル の情報は、MariaDB のパフォーマンスを監視および分析するために使用できます。たとえば、以下の情報を取得するために使用できます。

  • どのテーブルが最も頻繁にアクセスされているか
  • どのインデックスが最も頻繁に使用されているか
  • キャッシュヒット率

この情報は、インデックス構成のチューニングや、パフォーマンスの問題のトラブルシューティングに役立ちます。



MariaDB の Information Schema KEY_CACHES テーブルに関するサンプルコード

すべてのキャッシュエントリを表示

SELECT *
FROM INFORMATION_SCHEMA.KEY_CACHES;

特定の条件に基づいてキャッシュエントリを表示

SELECT *
FROM INFORMATION_SCHEMA.KEY_CACHES
WHERE TABLE_SCHEMA = 'my_database';

例 2:

SELECT *
FROM INFORMATION_SCHEMA.KEY_CACHES
WHERE KEY_LENGTH > 100
ORDER BY ACCESS_COUNT DESC;

集計関数を使用してキャッシュ情報を分析

例 1:

SELECT COUNT(*) AS total_entries,
       SUM(SIZE) AS total_size
FROM INFORMATION_SCHEMA.KEY_CACHES;

例 2:

SELECT TABLE_SCHEMA,
       SUM(SIZE) AS total_size
FROM INFORMATION_SCHEMA.KEY_CACHES
GROUP BY TABLE_SCHEMA;

プログラミング言語から KEY_CACHES テーブルにアクセス

例: Python

import mysql.connector

connection = mysql.connector.connect(
    host="localhost",
    user="root",
    password="password",
    database="my_database",
)

cursor = connection.cursor()

cursor.execute("SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.KEY_CACHES")

for row in cursor:
    print(row)

cursor.close()
connection.close()

例: PHP

<?php

$host = "localhost";
$user = "root";
$password = "password";
$database = "my_database";

$connection = mysqli_connect($host, $user, $password, $database);

if (!$connection) {
    die("Could not connect to the database: " . mysqli_connect_error());
}

$query = "SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.KEY_CACHES";
$result = mysqli_query($connection, $query);

if (!$result) {
    die("Could not execute query: " . mysqli_error($connection));
}

while ($row = mysqli_fetch_assoc($result)) {
    print_r($row);
}

mysqli_free_result($result);
mysqli_close($connection);

?>


MariaDB の Information Schema KEY_CACHES テーブルを分析する他の方法

MySQL Workbench を使用する

MySQL Workbench は、MariaDB を管理するためのグラフィカルツールです。KEY_CACHES テーブル を含む、Information Schema のすべてのテーブルを閲覧できます。

手順:

  1. MySQL Workbench を起動します。
  2. データベース接続を作成します。
  3. Information Schema スキーマを開きます。
  4. KEY_CACHES テーブルを選択します。
  5. データを閲覧したり、クエリを実行したりできます。

MariaDB Performance Schema を使用する

MariaDB Performance Schema は、MariaDB のパフォーマンスに関する情報を収集するためのフレームワークです。KEY_CACHES テーブル に関する情報を含む、多くのパフォーマンス指標にアクセスできます。

手順:

  1. Performance Schema を有効にします。
  2. 以下のクエリを実行して、KEY_CACHES テーブル に関する情報を取得します。
SELECT * FROM performance_schema.key_cache;

その他のツールを使用する

KEY_CACHES テーブル を分析するために使用できる、サードパーティ製のツールもいくつかあります。

例:

  • pt-query-digest: クエリのパフォーマンスを分析するツール
  • mytop: MariaDB のパフォーマンスを監視するツール

スクリプトを作成する

上記のサンプルコードを参考に、特定のニーズに合わせてスクリプトを作成できます。

例:

  • 特定の条件に基づいてキャッシュエントリを監視するスクリプト
  • キャッシュ情報を分析してレポートを生成するスクリプト