初心者でも安心! MariaDB の SQL で括弧 () を使いこなすためのチュートリアル

2024-04-02

MariaDB の SQL ステートメントと構造における括弧 () のプログラミング

式の優先順位

括弧は、式を評価する際の優先順位を決定するために使用されます。括弧内の式は、括弧外の式よりも先に評価されます。

例:

SELECT 2 + 3 * 4;

この式では、+* 演算子の優先順位は同じです。そのため、式は左から右へ評価され、結果は 14 になります。

しかし、括弧を使用すると、評価順序を変更できます。

SELECT 2 + (3 * 4);

この式では、* 演算子は括弧内にあるため、先に評価されます。そのため、結果は 14 ではなく 10 になります。

関数呼び出し

括弧は、関数呼び出しに使用されます。関数の名前の後に括弧を記述し、引数をカンマで区切って記述します。

例:

SELECT CONCAT('Hello', ' ', 'World');

この式は、CONCAT() 関数を呼び出し、3つの文字列を連結します。結果は Hello World になります。

列名のエイリアス

括弧は、列名のエイリアスを指定するために使用されます。エイリアスは、列名をより分かりやすくするために使用されます。

例:

SELECT first_name, last_name FROM customers;

この式は、customers テーブルから first_namelast_name 列を取得します。

SELECT first_name AS fname, last_name AS lname FROM customers;

この式は、first_name 列を fname というエイリアスで、last_name 列を lname というエイリアスで取得します。

GROUP BY 句

括弧は、GROUP BY 句で使用されます。GROUP BY 句は、行をグループ化するのに使用されます。

例:

SELECT country, COUNT(*) AS total_customers
FROM customers
GROUP BY country;

この式は、customers テーブルを国ごとにグループ化し、各国の顧客数を表示します。

ORDER BY 句

括弧は、ORDER BY 句で使用されます。ORDER BY 句は、行を並べ替えるのに使用されます。

例:

SELECT first_name, last_name
FROM customers
ORDER BY last_name, first_name;

この式は、customers テーブルの顧客を姓と名の順に並べ替えます。

その他

括弧は、上記以外にもさまざまな用途で使用されます。詳細は、MariaDB の公式ドキュメントを参照してください。

補足

  • この解説は、MariaDB の SQL ステートメントと構造における括弧 () の基本的な使用方法を説明しています。
  • 詳細については、MariaDB の公式ドキュメントを参照してください。


MariaDB の SQL ステートメントと構造における括弧 () のサンプルコード

式の優先順位

-- 括弧なし
SELECT 2 + 3 * 4;
-- 結果: 14

-- 括弧あり
SELECT 2 + (3 * 4);
-- 結果: 10

関数呼び出し

-- 関数呼び出し
SELECT CONCAT('Hello', ' ', 'World');
-- 結果: Hello World

-- 引数を持つ関数
SELECT AVG(salary) FROM employees;
-- 結果: 平均給与

列名のエイリアス

-- 列名エイリアスなし
SELECT first_name, last_name FROM customers;

-- 列名エイリアスあり
SELECT first_name AS fname, last_name AS lname FROM customers;

GROUP BY 句

-- グループ化なし
SELECT country, COUNT(*) AS total_customers
FROM customers;

-- グループ化あり
SELECT country, COUNT(*) AS total_customers
FROM customers
GROUP BY country;

ORDER BY 句

-- 並べ替えなし
SELECT first_name, last_name FROM customers;

-- 並べ替えあり
SELECT first_name, last_name
FROM customers
ORDER BY last_name, first_name;

その他

-- IN 句
SELECT * FROM customers
WHERE country IN ('USA', 'Canada', 'Mexico');

-- BETWEEN 句
SELECT * FROM customers
WHERE age BETWEEN 18 AND 65;

-- CASE 式
SELECT CASE gender
    WHEN 'Male' THEN '男性'
    WHEN 'Female' THEN '女性'
    ELSE 'その他'
END AS gender_text
FROM customers;
  • 上記のサンプルコードは、MariaDB の SQL ステートメントと構造における括弧 () のさまざまな使用方法を示しています。


MariaDB の SQL ステートメントと構造における括弧 () の代替方法

以下では、括弧 () の代替方法をいくつか紹介します。

式の優先順位を変更するには、括弧 () の代わりに演算子の優先順位を利用できます。

例:

-- 括弧なし
SELECT 2 + 3 * 4;
-- 結果: 14

-- 演算子の優先順位を利用
SELECT 2 + 3 * (4);
-- 結果: 10

関数呼び出しでは、括弧 () の代わりにスペースを使用して引数を区切ることができます。

例:

-- 括弧あり
SELECT CONCAT('Hello', ' ', 'World');
-- 結果: Hello World

-- 括弧なし
SELECT CONCAT 'Hello' ' ' 'World';
-- 結果: Hello World

この方法は、すべての関数で使えるわけではありません。詳細は、MariaDB の公式ドキュメントを参照してください。

列名のエイリアスを指定するには、括弧 () の代わりに AS キーワードを使用できます。

例:

-- 括弧あり
SELECT first_name AS fname, last_name AS lname FROM customers;

-- AS キーワードを使用
SELECT first_name AS fname, last_name AS lname
FROM customers;

その他

括弧 () は、上記以外にもさまざまな用途で使用されます。代替方法があるかどうかは、具体的な状況によって異なります。

補足

  • 括弧 () は、可読性と理解性を向上させるために使用されます。
  • 必要に応じて、括弧 () を使用することをお勧めします。



MariaDB の Data Types における SET CHARACTER SET の徹底解説

文字コード: 文字をコンピュータ上で表現するための規則。UTF-8、latin1 など様々な種類が存在します。照合順序: 文字列の比較方法を定義。文字コード内でどの文字がどのように並ぶかを決定します。SET CHARACTER SET は、以下の役割を担います。



MariaDB の SET データ型:使いこなしてデータ管理を効率化

MariaDB の SET データ型は、複数の値をカンマ区切りで格納できる特殊なデータ型です。選択肢の集合を表す場合などに役立ちます。特徴最大64個の値を格納可能値は 文字列 または 数値格納順序は 保持されない重複した値は 許可されないNULL 値を格納可能


データベースで文字列を扱う!MariaDBの文字列データ型を徹底解説

MariaDB には、文字列データを格納するために使用できるいくつかのデータ型があります。それぞれのデータ型には、長所と短所があり、使用するデータ型は、格納するデータと、そのデータにどのようにアクセスするかによって異なります。MariaDB における主な文字列データ型は以下の通りです:


Performance Schemaでネットワーク接続をトラブルシューティング: socket_instances テーブルの活用

MariaDB の Performance Schema socket_instances テーブルは、ソケット接続に関する詳細な情報を提供します。このテーブルは、ネットワーク接続、クライアント接続、サーバー接続を監視する際に役立ちます。テーブル構成


MariaDBでデータベースを丸裸にする!?SHOW CREATE DATABASEコマンドの全貌

SHOW CREATE DATABASE コマンドは、指定されたデータベースの CREATE DATABASE ステートメントを表示します。これは、データベースの構造と設定を確認したり、データベースを別のサーバーに復元したりする際に役立ちます。



MariaDBでCRC32関数を使ってデータベース内の重複データを見つける方法

MariaDB は、CRC32 関数を提供しており、指定されたデータの CRC32 チェックサムを計算できます。これは、データの整合性検証や、データ転送時のエラー検出などに役立ちます。構文引数data: チェックサムを計算するデータ。文字列、バイナリ、または数値データ型である必要があります。


MariaDBでスマートなデータ操作を実現!「INSERT ON DUPLICATE KEY UPDATE」の使い方をマスターしよう

概要MariaDBのINSERT ON DUPLICATE KEY UPDATE句は、レコードを挿入しようとするときに、そのレコードがすでに存在する場合に自動的に更新を実行する機能を提供します。これは、重複レコードの挿入を防ぎ、既存のレコードを最新の情報で更新するのに役立ちます。


MariaDB 10.2 以前のバージョンで JSON 形式で文字列をエスケープする方法

MariaDB の JSON_QUOTE 関数は、文字列を JSON 形式で安全にエスケープするために使用されます。これは、特殊文字や制御文字を含む文字列を、JSON 文書の一部として安全に保存できるようにするためです。構文引数str: エスケープする文字列


情報世界の羅針盤:制約条件と知識で導くジェミニの回答

概要MariaDB の SHOW WSREP_STATUS ステートメントは、Galera Cluster と呼ばれる分散データベースシステムのステータス情報を表示します。Galera Cluster は、複数のノードで構成されるデータベースシステムであり、データの複製と同期を自動的に行います。


MariaDB の Information Schema SPIDER_ALLOC_MEM テーブル: 詳細解説

SPIDER_ALLOC_MEM テーブルには、以下の列があります。ALLOCATOR: メモリ割り当てアルゴリズムの名前SIZE: 割り当てられたメモリサイズ (バイト単位)COUNT: 割り当てられたメモリブロック数TOTAL_SIZE: 割り当てられたすべてのメモリブロックの合計サイズ (バイト単位)