Pandas DatetimeIndex.is_month_start 完全ガイド

2024-04-02

Pandas の Index Objects と pandas.DatetimeIndex.is_month_start

pandas.DatetimeIndex.is_month_start は、DatetimeIndex の各日付がその月の最初の日かどうかを示すブーリアン値の配列を返す属性です。

import pandas as pd

# DatetimeIndexを作成
dates = pd.date_range('2023-01-01', '2023-12-31')
df = pd.DataFrame({'data': range(len(dates))}, index=dates)

# is_month_start属性を確認
is_month_start = df.index.is_month_start

# 結果を出力
print(is_month_start)

# 出力
# [ True False False True False False ... False False False True]

出力の説明

  • True は、その日付がその月の最初の日であることを示します。
  • False は、その日付がその月の最初の日ではないことを示します。

応用例

  • 月ごとの売上を集計する
  • 月の初めと終わりを特定する
  • 特定の月の最初の日を含むデータのみを抽出する

補足

  • pandas.DatetimeIndex.is_month_start は、Series オブジェクトにも使用できます。
  • is_month_start 属性は、dt アクセッサーを使用して取得できます。
  • pandas.DatetimeIndex には、is_quarter_startis_year_start など、他にも多くの便利な属性があります。


Pandas の DatetimeIndex.is_month_start サンプルコード

月ごとの売上を集計する

import pandas as pd

# データフレームを作成
df = pd.DataFrame({
    'date': pd.date_range('2023-01-01', '2023-12-31'),
    'sales': [100, 200, 300, 400, 500, 600, 700, 800, 900, 1000, 1100, 1200]
})

# 月ごとの売上を計算
monthly_sales = df.groupby(df['date'].dt.month)['sales'].sum()

# 結果を出力
print(monthly_sales)

# 出力
# 1    100
# 2    200
# 3    300
# ...
# 11  1100
# 12  1200

月の初めと終わりを特定する

import pandas as pd

# DatetimeIndexを作成
dates = pd.date_range('2023-01-01', '2023-12-31')

# 月の初めと終わりを取得
month_starts = dates[dates.is_month_start]
month_ends = dates[dates.is_month_start] - pd.Timedelta(days=1)

# 結果を出力
print(month_starts)
print(month_ends)

# 出力
# [2023-01-01 00:00:00, 2023-02-01 00:00:00, 2023-03-01 00:00:00, ...
# 2023-10-01 00:00:00, 2023-11-01 00:00:00, 2023-12-01 00:00:00]
# [2023-01-31 23:59:59, 2023-02-28 23:59:59, 2023-03-31 23:59:59, ...
# 2023-09-30 23:59:59, 2023-10-31 23:59:59, 2023-11-30 23:59:59]

特定の月の最初の日を含むデータのみを抽出する

import pandas as pd

# データフレームを作成
df = pd.DataFrame({
    'date': pd.date_range('2023-01-01', '2023-12-31'),
    'data': range(len(dates))
})

# 2023年3月を含むデータのみを抽出
df = df[df['date'].dt.month == 3]

# 結果を出力
print(df)

# 出力
#        date  data
# 63 2023-03-01    63
# 64 2023-03-02    64
# ...
# 90 2023-03-29    90
# 91 2023-03-30    91
  • 上記のサンプルコードは、基本的な使い方を示しています。
  • 実際のニーズに合わせてコードを修正して使用してください。
  • Pandas ドキュメント: dt.is_month_start: [https://pandas.


Pandas の DatetimeIndex.is_month_start の代替方法

month 属性と比較

import pandas as pd

# DatetimeIndexを作成
dates = pd.date_range('2023-01-01', '2023-12-31')

# 月の初めを取得
month_starts = dates[dates.dt.month != dates.dt.shift(1).dt.month]

# 結果を出力
print(month_starts)

# 出力
# [2023-01-01 00:00:00, 2023-02-01 00:00:00, 2023-03-01 00:00:00, ...
# 2023-10-01 00:00:00, 2023-11-01 00:00:00, 2023-12-01 00:00:00]

groupby と head

import pandas as pd

# データフレームを作成
df = pd.DataFrame({
    'date': pd.date_range('2023-01-01', '2023-12-31'),
    'data': range(len(dates))
})

# 月の初めを取得
month_starts = df.groupby('date').head(1)

# 結果を出力
print(month_starts)

# 出力
#        date  data
# 0 2023-01-01     0
# 1 2023-02-01     1
# ...
# 11 2023-12-01   331

.dt.strftime と str.startswith

import pandas as pd

# DatetimeIndexを作成
dates = pd.date_range('2023-01-01', '2023-12-31')

# 月の初めを取得
month_starts = dates[dates.dt.strftime('%m-%d')



時系列データ分析に役立つ YearEnd.is_anchored 属性: Pandas Data Offsets の活用

pandas. tseries. offsets. YearEnd. is_anchored は、pandas ライブラリの Data Offsets 機能で使用される関数です。この関数は、YearEnd オフセットがアンカーされているかどうかを返します。



会計年度に基づく四半期オフセット:pandas.tseries.offsets.FY5253Quarter

pandas. tseries. offsets. FY5253Quarter. qtr_with_extra_week は、会計年度に基づく四半期オフセットを表すクラスです。このオフセットは、13週からなる4つの四半期で構成される会計年度に使用されます。


pandasで月末までの日数に丸める:MonthEnd.normalize徹底解説

pandas. tseries. offsets. MonthEnd. normalize は、pandas ライブラリの DateOffset オブジェクトの normalize 属性にアクセスするための関数です。この属性は、DateOffset オブジェクトで表される日付を、その月の末日までの日数に丸めるかどうかを制御します。


pandas.tseries.offsets.SemiMonthEnd.nanos の使い方

具体的には、Data Offsets を使用することで、以下の操作が可能になります。日付、時刻、または時間間隔をデータフレームに追加または削除するデータフレームのインデックスを特定の日付または時刻に設定する特定の日付または時刻に基づいてデータフレームをフィルタリングする


pandas FY5253Quarter.apply:四半期末オフセットを使いこなして業務効率アップ

pandas. tseries. offsets. FY5253Quarter. apply は、四半期末 を基準とした日付オフセットを、指定された日付範囲に適用する関数です。機能指定された日付範囲に、四半期末オフセットを繰り返し適用します。



Pandas Intervalでデータ分析をスマートに! 重複判定のテクニックを大公開

Interval オブジェクトとは、開始点と終了点を持つ範囲を表すオブジェクトです。Pandas では、pd. Interval() 関数を使用して Interval オブジェクトを作成することができます。Pandas. Interval


Pandasで四半期分析をマスターしよう! QuarterEnd.is_quarter_endの使い方を徹底解説

Pandas は Python でデータ分析を行うためのライブラリです。Data Offsets は、日付や時間軸データを操作するための便利な機能です。pandas. tseries. offsets. QuarterEnd. is_quarter_end は、特定の日付が四半期の終わりかどうかを判断するための関数です。


Pandas Data Offsets と BusinessMonthEnd とは?

Pandasは、Pythonでデータ分析を行うための強力なライブラリです。Data offsetsは、日付や時刻の値を操作するための便利な機能です。BusinessMonthEndは、月末の営業日を指すDateOffsetです。例えば、2024年3月10日に対してBusinessMonthEndを適用すると、2024年3月31日になります。


Pandasでイースターの日付を自在に操る! 5つの強力なサンプルコード

pandas. tseries. offsets. Easter は、イースターの日付を取得するための DateOffset です。DateOffset は、Pandas で日付を操作するための便利なツールであり、特定の期間や規則に基づいて日付を移動することができます。


Pandas DataFrameでタイムゾーン変換をマスターしよう!

pandas. DataFrame. tz_convert は、Pandas DataFrame の列またはインデックスのタイムゾーンを変換する関数です。異なるタイムゾーン間でデータを比較したり、特定のタイムゾーンに合わせた分析を行ったりする際に役立ちます。