Pandas Data Offsetsで日付を前の営業日に戻す:pandas.tseries.offsets.Day.rollback の詳細解説とサンプルコード

2024-05-27

Pandas Data Offsetsにおける pandas.tseries.offsets.Day.rollback のプログラミング解説

Pandasライブラリは、データ分析や可視化に役立つ様々な機能を提供します。Data Offsetsはその中でも、時間軸に沿ったデータ操作を可能にする重要な機能です。pandas.tseries.offsets.Day.rollback は、Data Offsetsの中でも特に便利な機能の一つで、日付を前の営業日に戻す操作を実行します。

pandas.tseries.offsets.Day.rollback は、以下の2つの役割を果たします。

  1. 日付が営業日かどうか確認: 指定された日付が営業日かどうかを確認します。
  2. 非営業日を前の営業日に変更: 指定された日付が営業日ではない場合、前の営業日に変更します。

具体的な使い方

pandas.tseries.offsets.Day.rollback(date)

ここで、date は変更対象の日付を表すオブジェクトです。

以下の例は、pandas.tseries.offsets.Day.rollback を使用して、2024年5月27日(月)を前の営業日に変更する方法を示します。

import pandas as pd

# 2024年5月27日(月)を日付オブジェクトに変換
date = pd.to_datetime('2024-05-27')

# 前の営業日を取得
previous_business_day = pandas.tseries.offsets.Day().rollback(date)

# 結果を表示
print(previous_business_day)

このコードを実行すると、以下の出力が得られます。

2024-05-24

これは、2024年5月27日(月)が休日であるため、前の営業日である2024年5月24日(金)が返されることを意味します。

  • 簡潔なコード: 複雑な条件分岐なしで、簡単に日付を前の営業日に変更できます。
  • 読みやすいコード: コードの意味が分かりやすく、メンテナンス性が高まります。
  • 汎用性: さまざまな状況で利用できます。

pandas.tseries.offsets.Day.rollback は、Pandas Data Offsetsにおける便利な機能の一つです。日付を前の営業日に戻す操作を簡潔かつ読みやすく実行できるため、データ分析や可視化において幅広く活用できます。

補足

  • pandas.tseries.offsets.Day.rollback は、デフォルトで土日祝日を非営業日として扱います。
  • 非営業日の定義は、weekmask オプションを使用してカスタマイズできます。
  • pandas.tseries.offsets.Day.rollback は、単独で使用することも、他の Data Offsets と組み合わせて使用することもできます。


    以下のコードは、2024年11月28日(木)が祝日である場合、前の営業日である2024年11月26日(火)に日付を変更します。

    import pandas as pd
    
    # 2024年11月28日(木)を日付オブジェクトに変換
    date = pd.to_datetime('2024-11-28')
    
    # 前の営業日を取得
    previous_business_day = pandas.tseries.offsets.Day().rollback(date)
    
    # 結果を表示
    print(previous_business_day)
    

    例2:週末を前の営業日に変更

    import pandas as pd
    
    # 2024年12月29日(日)を日付オブジェクトに変換
    date = pd.to_datetime('2024-12-29')
    
    # 前の営業日を取得
    previous_business_day = pandas.tseries.offsets.Day().rollback(date)
    
    # 結果を表示
    print(previous_business_day)
    

    例3:カスタムの非営業日を設定

    以下のコードは、月曜日を非営業日と定義し、2024年6月3日(月)を前の営業日である2024年5月31日(金)に変更します。

    import pandas as pd
    
    # 月曜日を非営業日として定義
    weekmask = 'Mon-Sun'
    
    # 2024年6月3日(月)を日付オブジェクトに変換
    date = pd.to_datetime('2024-06-03')
    
    # カスタムの非営業日を使用し、前の営業日を取得
    previous_business_day = pandas.tseries.offsets.Day(weekmask=weekmask).rollback(date)
    
    # 結果を表示
    print(previous_business_day)
    

    例4:Data Offsetsと組み合わせて使用

    以下のコードは、2024年7月1日(月)から10日後の日付を、前の営業日に変更します。

    import pandas as pd
    
    # 2024年7月1日(月)を日付オブジェクトに変換
    base_date = pd.to_datetime('2024-07-01')
    
    # 10日後の日付を取得
    offset = pandas.DateOffset(days=10)
    future_date = base_date + offset
    
    # 前の営業日を取得
    previous_business_day = pandas.tseries.offsets.Day().rollback(future_date)
    
    # 結果を表示
    print(previous_business_day)
    

    これらの例は、pandas.tseries.offsets.Day.rollback の基本的な使い方を示しています。状況に合わせて、様々なバリエーションで利用できます。

    補足

    • 実際のコードでは、必要に応じてインポートや変数宣言を適切に追加してください。


      Pandas Data Offsetsにおける pandas.tseries.offsets.Day.rollback の代替方法

      pandas.tseries.offsets.Day.rollback は、日付を前の営業日に戻す便利な関数ですが、状況によっては他の方法の方が適切な場合もあります。ここでは、pandas.tseries.offsets.Day.rollback の代替方法として、以下の2つの方法を紹介します。

      方法1:is_business_day と floor を使用する

      以下のコードは、pandas.tseries.offsets.Day.rollback と同じ機能を、is_business_dayfloor を組み合わせて実現しています。

      import pandas as pd
      
      def get_previous_business_day(date):
          """
          指定された日付を前の営業日に変更する関数
      
          Args:
              date (pd.Timestamp): 変更対象の日付
      
          Returns:
              pd.Timestamp: 前の営業日
          """
          while not pd.tseries.is_business_day(date):
              date = date - pd.DateOffset(days=1)
          return date
      
      # 2024年5月27日(月)を日付オブジェクトに変換
      date = pd.to_datetime('2024-05-27')
      
      # 前の営業日を取得
      previous_business_day = get_previous_business_day(date)
      
      # 結果を表示
      print(previous_business_day)
      

      方法2:BDay を使用する

      以下のコードは、BDay というオフセットを使用して、前の営業日を直接取得する方法を示します。

      import pandas as pd
      
      # 2024年5月27日(月)を日付オブジェクトに変換
      date = pd.to_datetime('2024-05-27')
      
      # 前の営業日を取得
      previous_business_day = date - pd.DateOffset(BDay=1)
      
      # 結果を表示
      print(previous_business_day)
      

      それぞれの方法の比較

      方法メリットデメリット
      pandas.tseries.offsets.Day.rollbackシンプルでわかりやすい非営業日の定義を変更できない
      is_business_dayfloor を使用する非営業日の定義を変更できる少し複雑なコードになる
      BDay を使用するシンプルでわかりやすい非営業日の定義を変更できない

      どの方法を使用するかは、状況やニーズによって異なります。

      • シンプルでわかりやすいコードを求める場合は、pandas.tseries.offsets.Day.rollback または BDay を使用するのがおすすめです。
      • 非営業日の定義を変更する必要がある場合は、is_business_dayfloor を使用する必要があります。