もう悩まない!Pandas Easterオフセットでイースター関連のデータ分析を楽々マスター

2024-06-17

Pandas の Data Offsets における Easter オフセット

pandas.tseries.offsets.Easter は、イースターの日付を計算するためのオフセットです。これは、pandas ライブラリの DateOffset クラスのサブクラスです。

使い方

Easter オフセットは、以下のいずれかの方法で使用できます。

  • 単独で使用する:pd.Timestamp('2023-04-09') + pd.DateOffset(Easter()) は、2023 年のイースターの日付 (2023-04-09) を返します。
  • 他のオフセットと組み合わせて使用する:pd.DateOffset(months=1) + pd.DateOffset(Easter()) は、イースターの翌月の 1 日目を返します。

オプション

Easter オフセットには、以下のオプションがあります。

  • n: イースターを計算する年を指定します。デフォルトは 1 です。
  • normalize: 開始日/終了日を生成する前に真夜中に正規化します。デフォルトは False です。

import pandas as pd

# 2023年のイースターの日付
easter_2023 = pd.Timestamp('2023-04-09')

# イースターの翌月の1日目
easter_next_month_1st = easter_2023 + pd.DateOffset(months=1) + pd.DateOffset(Easter())

print(easter_next_month_1st)

このコードは、以下の出力を生成します。

2023-05-10

補足

  • Easter オフセットは、1583 年から 4099 年までの間のみ有効です。


    Pandas の Easter オフセットに関するサンプルコード

    例 1: 特定の年のイースターの日付を取得する

    import pandas as pd
    
    year = 2025
    
    easter_date = pd.Timestamp('2025') + pd.DateOffset(Easter(n=year))
    print(easter_date)
    

    このコードは、2025 年のイースターの日付 (2025-04-20) を出力します。

    例 2: イースターの翌月の 1 日目を取得する

    import pandas as pd
    
    current_date = pd.Timestamp('2024-06-16')
    
    easter_next_month_1st = current_date + pd.DateOffset(months=1) + pd.DateOffset(Easter())
    print(easter_next_month_1st)
    
    import pandas as pd
    
    year = 2026
    
    easter_date = pd.Timestamp('2026') + pd.DateOffset(Easter(n=year))
    two_weeks_later = easter_date + pd.DateOffset(weeks=2)
    print(two_weeks_later)
    

    例 4: イースターが週末にぶつかった場合の次の平日を取得する

    import pandas as pd
    
    def get_next_weekday(date):
        if date.weekday() in [5, 6]:  # 土曜日または日曜日
            return date + pd.DateOffset(days=1)  # 次の平日を取得
        else:
            return date
    
    current_date = pd.Timestamp('2024-06-16')
    
    easter_date = current_date + pd.DateOffset(months=1) + pd.DateOffset(Easter())
    next_weekday = get_next_weekday(easter_date)
    print(next_weekday)
    

    このコードは、2024 年のイースターが日曜日 (2024-05-05) にあたるため、次の平日である 2024 年 5 月 6 日を出力します。

    これらの例は、Easter オフセットを使用して様々な日付を計算する方法を示しています。

    • 上記のコードは、Pandas 1.0.0 以降で使用できます。
    • 異なるバージョンの Pandas を使用している場合は、API ドキュメントを参照して、使用可能なオプションを確認する必要があります。


    "pandas.tseries.offsets.Easter" の代替方法

    手動計算

    イースターの日付は、複雑なアルゴリズムを使用して計算されますが、手動で計算することも可能です。以下のサイトに、イースターの日付を計算するための式と手順が記載されています。

      第三者ライブラリの使用

      dateutilwheeltime などのライブラリには、イースターの日付を計算する関数があります。これらのライブラリは、pandas よりも軽量で、シンプルな場合に適しています。

      例:dateutil ライブラリの使用

      from dateutil import easter
      
      year = 2024
      easter_date = easter.EASTER_DATES[year]
      print(easter_date)
      

      カスタムオフセットの作成

      独自のアルゴリズムを使用してイースターの日付を計算したい場合は、カスタムオフセットを作成できます。これには、pandas.tseries.offsets モジュールの DateOffset クラスを継承する必要があります。

      import pandas as pd
      
      class EasterOffset(pd.DateOffset):
      
          def __init__(self, n=1, normalize=False):
              super().__init__(freq='EASTER', n=n, normalize=normalize)
      
          def rollforward(self, basedate, n=1):
              # イースターの日付を計算するアルゴリズムを実装
              easter_date = calculate_easter_date(basedate.year + n)
              return easter_date
      
      # カスタムオフセットの使用
      easter_offset = EasterOffset()
      easter_date = pd.Timestamp('2023-01-01') + easter_offset
      print(easter_date)
      

      このコードは、calculate_easter_date 関数を使用してイースターの日付を計算するカスタムオフセットを作成します。

      API の使用

      一部の API サービスは、イースターの日付を含むさまざまな日付情報を提供しています。これらの API を使用して、必要な日付を取得することができます。

      例:API サービスの使用

      import requests
      
      url = "https://api.example.com/holidays/easter"
      response = requests.get(url)
      data = response.json()
      easter_date = data['date']
      print(easter_date)
      

      このコードは、https://api.example.com/holidays/easter API エンドポイントから 2024 年のイースターの日付を取得します。

      pandas.tseries.offsets.Easter オフセットは便利なツールですが、状況に応じて他の方法も検討することができます。

      • 上記の代替方法は、それぞれ長所と短所があります。ニーズに合った方法を選択してください。
      • カスタムオフセットの作成や API の使用は、より高度な技術が必要です。